学習者の自尊感情を重視した
Humanistic Approachによる
コミュニケーション活動
全国英語教育学会第35回山形研究大会
2011年8月20、21日(山形大学)
飛田ルミ(足利工業大学)
阿久津仁史(文京区立茗台中学)
鈴木政浩(西武文理大学)
本日用意した資料
1.パワーポイント配布資料(本資料)
2.活動に使用したプリントと授業の省
察・感想等
3.英語授業における「楽しさ」に関する
質問紙
4.学習者の知能特性を測定する質問紙(MI
Inventory)
はじめに
Humanistic Approachとは
Moskowitz(1978):自尊感情を高める学国語学習
Communicative Approachとの接点(長澤,1988)
縫部(1986):構成的グループエンカウンター
授業内コミュニケーション(米山, 2003)、における内省
的コミュニケーション(鈴木, 2011a)
企業研修等での活用
鈴木(2011)より
授業内コミュニケーション
授業者
T-Sコミュニケーション
T-Sコミュニケーション
学習者
S-Sコミュニケーション
学習者
内省的コミュニケーション(自己との対話)
鈴木(2011a)より
HA授業の実施と
成果検証
英語授業に対する印象に肯定的な変
化をもたらすかどうかを検証するこ
と。
学習者の内省的コミュニケーション
に対する意識を高めるかどうかを検
証すること。
活動のねらい
時期区分
活動
前期 出会いの時期
互いのよい点を知り合う活動
中期
仲良くなり始めた時期
共通点や相違点を知り、認め合う活動
後期
振り返りの時期
互いの価値観の交流、仲間への感謝の
持ちを伝える活動
対象者:西武文理大学(サービス経営学部・看護学部)の1年生
授業:英語Ⅰのうち30分程度を利用(その他60分をテキストに充当)
評価:HAの授業については、仮想会話文作成を試験に追加
活動に使用したプリントと授業の省察・感想等は資料2参照
活動事例
(前期:出会いの時期)
活動
内容
特徴的感想
活動1
ペアとなった相手に対
肯定的な形容詞のリス
から相手の印象を選び
話を完成させペアワー
に取り組む。
嬉しかった
楽しく取り組め、仲良くなれ
自分の思う印象と異なる
相手の選んだ色から連
する相手の印象を言い
う。
相反する感想
たくさん色があった方がよい
迷う
意外だが嬉しい←→自分に合っ
ているとは思えない
肯定的な形容詞を使った
自己紹介
活動2
色のイメージと相手の印
を結びつけた会話練習
活動3
相手の外見(服装)をほ
る活動
活動1、2より取り組みやすい
相手の着ている服に対
る印象を肯定的な形容
友だちの輪が広がった
から選びほめてあげる。
もっといい服を着てくればよ
た
導入順序:活動3 → 活動1 → 活動2 (活動2はもう少し仲良くなってから)
活動事例(中期:仲良くなり始めた時期)
活動
内容
特徴的感想
活動4
好きな番組・映画
好きなテレビ番組や映
が何かを相手に聞く。
かれた相手は、どのよ
に面白いかを相手に伝
る。
下宿のためテレビがない、学
アルバイトで忙しいためテレ
あまり見ないなどの理由から
筆する感想なし。
→好きな歌手、歌、CDをテー
し、それにまつわる思い出や
を伝える。
活動5
自分の尊敬する人やあ
がれの人から思い浮か
べる形容詞を書き出し、
自分との共通点を指摘
てもらう。
あこがれの人は自分の目標で
る場合があり、「嬉しい」と
感想があった反面、現実の自
との違いを強く意識した学生
た。
家族・友だち・大切な
思い浮かべ、今プレゼ
トしたいものを考えて
手に伝える。
会話そのもの以上に、プレゼ
したい理由で盛り上がった。
が思いやりの気持ちをもって
ゼントを考えていることを共
合った。
尊敬するひと・あこがれ
人
活動6
大切な人へのプレゼント
中期の活動には「そう思った根拠」を付け加えさせる。
活動事例
(後期:振り返りの時期)
活動
内容
特徴的感想
活動7
究極の選択
(価値のランキング)
リストにある語句を、
な順番に並べて相手に
える。その理由を交流
合う。
共通点と価値観の相違が際立
お互いの考えた理由について
く考える感想が多い。
活動8
仲間の印象
半期を振り返り、周り
仲間に相手に対する印
象を伝える。
活動1や活動2に取り組んだ時
とは比較にならないほど仲間
メントを肯定的に受け入れて
活動9
Thank you letters
半期を振り返り、周り
仲間に感謝のことばと
の理由を述べる。
嬉しい、英語だと気持ちを伝
すい、良いところを認め合う
素晴らしい、友だちの大切さ、
だちが増えた、感謝の気持ち、
語のコミュニケーションに積
になれた、自信がついた、英
がついた、等々
半期の取組により、HAのねらいがほぼ達成された(資料2, p.6)。
検証方法
事前調査(アンケート)4月
授業実施
通常クラス:HA活動3回
HAクラス:HA活動6回
恒安・阿久津・鈴木(2010)における学
習者の知能特性を測定する質問紙(MI
inventory)
鈴木(2011)における「英語授業におけ
る『楽しさ』」に関する質問紙(事前
調査)
事後調査(5月末)
(アンケート:事前調査と同一)
質問紙は、資料3,4参照
事前・事後調査の比較
通常クラスにもHA授業を継続実施
し、7月末に「楽しさ」最終アンケート
実施
2要因2水準分散分析・混合計画
実施期間および対象者
2011年4月から5月
埼玉県内の私立大学1年生74名
(HA授業のクラス32名、通常クラ
ス38名)
結果1
一般クラス
HAクラス
6.00
5.50
5.13
5.00
4.50
4.00
4.37
4.02
4.10
3.50
3.00
2.50
2.00
交互作用が有意(F (1,68) = 5.94 p < .05)
Pre
図1.
4月はじめ
Post
5月おわり
「考える活動とグループ活動の両方がある英語の授業」を楽しいとす
値の推移(一般クラスとHAクラスの比較、6件法平均値の比較)
結果2
HAクラス
通常クラス
6.00
5.50
5.00
4.50
4.29
4.00
4.32
4.23
3.84
3.50
3.00
2.50
交互作用が有意傾向(F (1,77) = 2.96 p < .1)
2.00
Pre 4月はじめ
Post 5月おわり
図2. 「自分のことはよくわかっている方だ」(MI inventory)平均値の
般クラスとHAクラスの比較、6件法の平均値比較)
結果2
4月と7月末の比較
HAクラス
通常クラス
5.20
5.05
5.00
4.80
4.65
4.60
4.40
4.38
4.29
HA授業の主効果が有意
F (1,72) = 7.11 p < .01
4.20
4.00
3.80
4月
7月
図3 「考える活動とグループ活動の両方がある英語の授業」を楽しいとする平均値の推
移(一般クラスとHAクラスの比較、6件法平均値の比較)
考
察
日本の学習者は自尊感情が低く、自
分についての意識を高めたり知った
りする機会が少ないが、HAの活動
は自己認識を高める可能性がある。
内省的コミュニケーションは、じっ
くり考える機会を増やし、思考能力
を高めることにつながる。
ホームページ情報等
鈴木政浩のホームページ
<Humanistic Approach関連の実践研究>
http://msuzuki.sakura.ne.jp/
国際教育研究所ホームページ
<よりよい英語授業研究の情報>
http://www.geocities.jp/international_education_i
nst/index.html
鈴木政浩 メールアドレス:
[email protected]
プレゼン資料等のダウンロードが可能です。
参考文献
Moskowitz, G. (1978) Caring and Sharing in the Foreign Language Class.
Rowley, MA: Newbury House.
縫部義憲(1986)『教師と生徒の人間づくり-グループ・エンカウンターを中心
に』 瀝々社
鈴木政浩(2010)「コミュニカティブ・アプローチの今後の課題」山岸信義他編
(2010)『英語授業デザイン 学習空間づくりの教授法と実践』pp.33-43 大
修館書店
鈴木政浩(2011a) 「『外国語(英語)』の特性と青少年の実状からみた人間的
アプローチの必然性」 『紀要』 第17号, 40-60 国際教育研究所
鈴木政浩(2011b) 「英語授業の『楽しさ』を構成する要因に関する研究 英語
授業学からのアプローチ」第35回関東甲信越英語教育学会神奈川研究
大会(口頭発表)
恒安眞佐・阿久津仁史・鈴木政浩(2010)「多重知能理論に基づく授業実践
事例」山岸他編『英語授業デザイン 学習空間づくりの教授法と実践』
180-196 大修館書店
米山朝二(2003) 『英語教育指導法事典』 研究社
ダウンロード

パワーポイント - 鈴木政浩(西武文理大学)