輸血による感染症
鹿児島大学輸血部
古川良尚
病原体検査
• 日赤血(献血)について行われている病原体検査
梅毒血清反応
B型肝炎ウイルス; HBs抗原・HBc抗体
C型肝炎ウイルス; HCV抗体
NAT検査
HIV;
HIV-1, 2抗体
HTLV-I 抗体検査
ヒトパルボウイルスB19抗原
輸血後感染症
• 輸血後肝炎:輸血後肝炎の診断基準
1.輸血後、2週間以降6ケ月の間に、S-ALT(S-GPT)が100 IU/L
以上の肝機能異常が初発し、継続的に2週以上に及んだ場合。
2.上記1.の症例の中で、輸血後に、HBs抗原が陽転するかHBVDNAが陽性化したものを輸血後B型肝炎と診断し、HCV抗体
が持続陽転するかHCV-RNAが陽性化したものを輸血後C型
肝炎と診断する。その他は非B非C型肝炎として扱う。
3.ただし、原疾患・術後肝障害、薬剤性・脂肪肝・肝機能障害を呈
する事が知られている肝炎ウイルス以外の既知のウイルス性
疾患等は除外する。
輸血後肝炎発症率の変化
売血のみ(1963-1964)
献血制度への切り替え(1965-1967)
献血制度に一本化(1968-1972)
HBs抗原検査開始後(1973-1989)
HBc抗体検査・HCV抗体第一世代
(1990-1991)
HCV抗体検査第二世代(1992-1995)
0
10
20
30
40
50
60
発症率(%)
片山 透 資料
Window期とは
(検査の感度にのるまでの時期に献血された血液は
感染症陰性として出庫されるが、感染性がある)
ウイルス
RNA増殖
HIV感染 NATの感度にのる
時期 (平均11日)
免疫反応による
HIV抗体産生
抗体検査の感度にのる
時期(平均22日)
NAT (Nucleic acid amplification test):
核酸増幅検査
• 平成11年(1999年) 10月10日より実施
• 感染してから検査陽性となるまでの期間(ウイン
ドウ期)を短縮する
• HBV、HCV、HIVを対象
• ウインドウ期の比較
NAT
HBV
HCV
HIV
梅毒
約34日
約23日
約11日
抗原・抗体検査
平均59日
平均82日
平均22日
4~6週間
その他の輸血による感染症(1)
• HTLV-I
成人T細胞白血病(ATL)とHTLV-I関連脊髄症(HAM)の病原ウイルス。
リンパ球内にプロウイルスとして存在し、血清中には存在しない。
輸血感染ではATLは発症せず、HAMが発症しうる。
1999年度から献血者のうち希望者に感染を通知している。
• サイトメガロウイルス
リンパ球・顆粒球・単球・マクロファージの細胞内に潜伏感染し、通常血清中
には存在しないので、HTLV-Iと同様、新鮮凍結血漿(FFP)では感染しない。
免疫抑制状態の場合に抗CMV抗体陽性血液製剤が投与されると潜伏して
いたCMVが受血者体内で活性化され間質性肺炎・肝炎・胃腸炎・溶血性貧
血・血小板減少を来すことがある。
成人のCMV抗体陽性率は80~90%と高いが、臓器移植後の易感染性宿主
や、未感染妊婦、未感染妊婦からの低体重出生時への輸血は、抗CMV抗
体陰性血または白血球フィルター処理の血液製剤を用いるべきである。
その他の輸血による感染症(2)
• 梅毒
梅毒の抗体検査によるWindow期は4~6週間であるので、抗体検査では
阻止できない。
しかし4~6℃保存で通常72時間で感染性が消失する。
• マラリア
血液製剤中のマラリア原虫は4 ℃で少なくとも1週間生存する。
流行地帯からの旅行者は入国後一定期間は献血を受け付けない。
• ウエストナイルウイルス
1999年にアメルカで流行し、2003年には米国内で感染の拡大がある。
節足動物(蚊)を介して人に伝搬し、発熱、場合によっては脳炎を惹起する。
輸血による感染が確認されている。
• ヒトパルボウイルスB19
小児で伝染性紅班、成人では溶血性貧血の患者では重症の貧血を来す。
SD処理ではウイルスが不活化できないのでγグロブリン製剤では感染の
可能性がある。
輸血による感染が危惧されている感染症
プリオン病
• 孤発性のCreutzfeldt-Jakob病(CJD)
輸血による感染は疫学的に結果より起こらないと考えられている。
• 変異型CJD (vCJD)
狂牛病の牛肉摂取と関連するCJD。
輸血による感染の可能性が以下の理由で危惧されている。
1. 羊での動物実験では輸血で発病。
2. リンパ節に異常プリオンを認める。
3. vCJDを発症する3.5年前に献血された血液を輸血された 受血者
が輸血の6.5年後にvCJDを発症(Lancet 2004 Vol363, p417)
輸血によるE型肝炎ウイルス(HEV)
• 輸血による感染症例: 3例
• 不顕性感染が多いが急性肝炎・激症肝炎となり死亡するこ
とあり。 慢性肝炎には移行しない。
• 通常は経口感染。(豚由来の食品や野生動物の食肉)
潜伏期間は2~9週間(平均6週間)。
感染初期のウイルス血症で輸血でも感染。
• ALT200以上のHEV-NAT陽性者: 15例
ALT>200 全国 15/1389(1.1%) 北海道 4.6%
• 医用ミニブタ(クラウン系ミニブタ)ではHEV-RNAおよび抗
HEV抗体ともに検出されていないが、医学実験でよく用いら
れるベビー豚とよばれる産業用ブタの6ケ月未満の子豚は
HEVウイルス保有の危険性が高い。
輸血感染症安全対策
•
•
•
•
問診の強化、献血者の意識の向上
NAT(核酸増幅検査)の精度向上。
FFP(新鮮凍結血漿)の貯留保管。
製剤のウイルス(感染性因子の)不活化。
献血受付時の本人確認
• 検査目的での献血防止対策の一環
「安全で責任ある献血」
• 平成16年10月1日から全国的に開始
• 身分証明書等の提示。
運転免許証、パスポート、健康保険証等。
NATの精度向上
• 検体プール数の減少(50本→20本プール)
当面の間の向上策として実施
平成16年8月28日検査分より実施
• 50本NAT, 20本NAT, 個別NATのウィンドウ期間
HBV
HCV
HIV
50本NAT
46日
24.8日
14日
20本NAT
44日
24.5日
13.5日
個別NAT
34日
23日
11日
FFP(新鮮凍結血漿)の貯留保管
目的:
• 遡及調査の結果及び輸血後情報等に基づき、
貯留保管中の該当FFPを確保(拭き取り)する。
• より安全性が確認されたFFPを医療期間に供給
する。
実施時期:
• 平成17年7月末に貯留期間を180日(6ケ月間)に
する。
• 180日の貯留期間でNAT(+)のFFPの40%を排
除。
ダウンロード

輸血の歴史