第4章
何のための評価?
道案内
♢なぜ教育心理学を勉強するか?
(0) イントロダクション
♢効果的な授業をするために (1) 記憶のしくみを知る
(2) 学習のしくみを知る
(3) 「やる気」の心理学
♢生徒を正しく評価するために
(4) 何のための評価?
♢生徒の心を理解するために (5) 性格とは何か?
(6) 性格の測定
♢生徒の心の問題に対処する
(7) 心の病気とは何か?
(8) 心の病気を治療する
(9) 行動マネジメント
♢教育問題に対処する
(10) 教育問題
メインメッセージ4
何のために評価するのかをよ
く考えよう
1 評価の目的
何のために評価するのか?
教師の指導のため
児童の学習のため
選抜、振り分けのため
サブメッセージ4.1
自分の行なう評価は何の
ためなのかよく考えよう
3 評価の基準
絶対評価
評価者が設定した基準との比較
絶対評価
認定評価
評価者が個人的に設定した基準との比較
(例)大学の定期試験
到達度評価
外的・客観的に設定された達成目標との比較
(例)学習指導要領
3 評価の基準
絶対評価
評価者が設定した基準との比較
相対評価
他者との相対的な比較
絶対評価と相対評価
偏差値
集団内の相対的な位置を示す
[実習4.1]
偏差値の求め方
全体のバラツキを求める
標準偏差
偏差値の求め方
A子
A組 { 80,70,90,65,70,60,60,75,60,70}
平均値 70
B組 {100,20,40,90,50,90,85,85,60,80}
平均値 70
B子
偏差 =個人の値−平均値 (70)
A組 { 80,70,90,65,70,60,60,75,60,70}
偏差 { 10, 0, 20, -5, 0, -10, -10, 5, -10, 0}
B組 {100,20,40,90,50,90,85,85,60,80}
偏差 { 30, -50, -30,20,-20, 20,15, 15, -10,10}
偏差 =個人の値−平均値
100
70
0
偏差 =個人の値−平均値 (70)
A組 { 80,70,90,65,70,60,60,75,60,70}
偏差 { 10, 0, 20, -5, 0, -10, -10, 5, -10, 0}
偏差の2乗の合計 850
B組 {100,20,40,90,50,90,85,85,60,80}
偏差 { 30, -50, -30,20,-20, 20,15, 15, -10,10}
偏差の2乗の合計 6150
全体のバラツキの指標
Σ(XiーM)2
N
A組の分散 85
B組の分散 615
(分散)
全体のバラツキの指標
標準偏差=
Σ(XiーM)2
N
A組の標準偏差 9.1
B組の標準偏差 24.9
個人の相対的位置の指標
偏差
z得点=
A子のz得点
標準偏差
20/9.1=2.2
B子のz得点 20/24.9=0.8
個人の相対的位置の指標
偏差値= z得点×10+50
A子の偏差値 72
B子の偏差値 58
3 評価の基準
絶対評価
評価者が設定した基準との比較
相対評価
他者との相対的な比較
個人内評価
個人の過去の成績や他領域の成績
との比較
評価基準と学習目標・動機づけとの関係
基準
絶対評価
相対評価
個人内評価
目標
動機づけ
習熟目標 新し いこ と を 身に つけ る 喜
び
承認目標 人よ り 優れて い る と い う 喜
び
遂行目標 目標と な る 値を 達成する 喜
び
問題点
教師と の関係し だい
努力が報われない可能性
年齢相応に達し ない可能性
サブメッセージ4.3
内発的動機づけを高めるには
絶対評価、個人内評価が
適している
2 評価の時期
いつ評価するのか?
診断的評価:学習活動の前に行なう
形成的評価:学習活動の途中に行なう
総括的評価:学習活動の後に行なう
2 評価の時期
診断的評価
教師:指導法の考案
新しい知識導入の前提の確認
児童:目標の明確化
2 評価の時期
形成的評価
教師:指導法の途中確認
児童:スモールステップの原理による強化
2 評価の時期
総括的評価
教師:指導法の改善、成績の確認
児童:到達度の確認、強化
サブメッセージ4.2
「結果」としての評価より「手段
」としての評価に注目
4 評価に影響する要因
ハロー効果
光背(halo)
特定の性質において良い(悪
い)部分があると、
他の性質においても良い(悪
い)と評価される傾向
QuickTimeý Dz
ÉtÉHÉg - JPEG êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇ…ÇÕïKóvÇ­Ç•
ÅB
4 評価に影響する要因
20
美人
不美人
男
子 15
学
生 10
の
評 5
価
0
できのよい論文
できの悪い論文
[データ4.1] 小論文評価に及ぼす顔の影響
4 評価に影響する要因
5
教
師
4
に
よ
る
3
期
待
きれいな生徒
きたない生徒
2
知能指数
友達との関係
親の姿勢
教育達成度
[データ4.2] 児童の外見と教師の期待
5 評価の持つ力
30
知
能
指
数
の
増
加
対照群
25
実験群
20
15
10
5
0
1年生
2年生
3年生
4年生
5年生
6年生
[データ4.3] 教師期待効果
5 評価の持つ力
ピグマリオン効果
(教師期待効果)
[ビデオ4.1] マイフェアレディ
教師の期待が無意識に行
動に表れ、子どもの態度、
行動や成績に影響する
QuickTimeý Dz
GIF êLí£Év ÉçÉOÉâÉÄ
ǙDZÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈÇ…ÇÕ ïKóv Ç­Ç•
ÅB
サブメッセージ4.4
教師の思いは良くも悪くも
子どもに影響を与えることを
自覚しよう
メインメッセージ4
何のために評価するのかをよ
く考えよう
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション