今、地球に何が起こっているか
世界と私たちの暮らし
消費者環境教育指導者研修
2008年8月22日
未踏科学技術協会
水野建樹
とうもろこし
登録車数
鉄鋼生産量
発電容量
1950年の人に比べて何倍使っているか?
1.5
3.0
8.8
1.8
4.3 1.9
木材パルプ生産量
1
石油消費量
1950年に比べて2000年には何倍になったか?
(2.4) (3.6) (7.3) (21) (4.3) (10.3) (4.5)(14.3)
石炭消費量
22
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
世界人口
倍率(2000年/1950年)
私たちの生活は 大変豊かになった!
6.0
サステナビリティの科学的基礎に関する調査2006 (http://www.sos2006.jp/)より
南 北
格 差
ハンガーマップ・ナビ (WFP 国連世界食糧計画 2002)
栄養不足人口の割合
人口の35%以上が栄養不足
の国は25カ国。
飢餓に面している人8億人
(世界人口の8人に1人)
2.5%以下
2.5~5%
5~20%
20~35%
35%以上
データなし
http://www.wfp.or.jp/activities/country.php ←アクセスすると国ごとの詳細データがわかる
直面しているグローバルな問題
温暖化
(気候変動)
世界人口問題
+貧困問題
エネルギー・資源供給
食糧供給
+水資源
持続可能な発展のために今何をしたらよいか、何ができるか
地球温暖化は起こっているか?
気候変動に関する IPCC(第1次~第4次) 報告
・第1次報告 1990年 ⇒ 「温暖化が起こる」 と 警告
・第2次報告 1995年 ⇒ 「温暖化が起こり始めている」
人為的影響が地球全体の気候に
現れていることが示唆される。
・第3次報告 2001年 ⇒ 新しい事実に照らすと,残された不確実性を考慮
しても,過去50年間に観測された温暖化の大部
分は,温室効果ガス濃度の増加によるもので
あった可能性が高い。
・第4次報告 2007年 ⇒ 「気候システムの温暖化には疑う余地はない」
これは、各種の観測から今や明白である。その
原因は90%以上の確率で人間活動による温室
効果ガスの増加によるものである。
温暖化のメカニズム
(km)
地
表
か
ら
の
高
さ
実際の温度鉛直
布と、温室効果
ガスの影響を考慮
したモデル計算に
よる気温分布
モデル計算
による気温分
布
気温分
布(観測
値)
成層圏
(オゾン層)
二酸化炭素濃
度を増加
させたとき
対流圏
気 温
1964年
Manabe &
Stricker より
放射強制力(放射エネルギーバランスへの影響力)をもたらす要素
冷却効果
温室効果
IPCC 第4 次評価報告書第1 作業部会報告書
co2
(152億トン-CO2/年)残留
排出量の約58%
(264億トン-CO2/年)
出典:
(112億トン-CO2/年) 排出量の約42%
◎ 温室効果ガス濃度の変化
過去1万年の
二酸化炭素(CO2)
メタン(CH4)
亜酸化窒素(N2O)
(小さな図は 1750 年以降の変化)
原文はIPCC ホームページに掲載
SPM http://www.ipcc.ch/SPM2feb07.pdf
◎ 気候変化に関する
直接的な観測結果
気候システムの温暖化に
は疑う余地がない。
大気や海洋の世界平均温
度の上昇、雪氷の広範囲
にわたる融解、世界平均
海面水位の上昇が観測さ
れていることから今や明白
である。
IPCC 第4 次評価報告書
第1 作業部会報告書
地上気温の予測 (IPCC第4次報告より)
北極付近温度
が最も上昇する
1980~1999 年を基準とした、21 世紀初頭及び21 世紀末の世界平均気温の変化の予測。
気候変動将来予測
(IPCC第4次報告抜粋)
このまま温暖化がすすむと
◎ 北極域及び南極域の海氷 ⇒ 縮小
(北極海の晩夏における海氷は、21 世紀後半までに
ほぼ完全に消滅するとの予測もある)
◎ 極端な高温や熱波、大雨の頻度 ⇒ 引き続き増加する可能
性がかなり高い。
◎ 熱帯域の海面水温上昇に伴って、将来の熱帯低気圧の強度は
増大し、最大風速や降水強度は増加する可能性が高い。
気候変動による影響
・ タイプ1の閾値
ある点を超えると政策決定者が許容できないと考える
被害をもたらす値。
⇒ 生態系、食糧生産、水資源、沿岸域、気象災害、
人の健康、経済開発などへの影響
・ タイプ2の閾値
気候システム自身の主要なプロセスを安定なものとして
維持するために超えてはならない値。
破局的かつ不可逆な現象の発生に関する閾値。
⇒ 海洋深層循環の停止、西南極氷床の崩壊など)
中央環境審議会地球環境部会(第30回)
資料2気候変動問題に関する今後の国際的な対応より
北極の海氷は最近、10年につき9%の割合で減少している。
1979年夏
⇒24年後
北極の海氷域(夏)
2003年夏
1979年と2003年の比較
Defense Meteorological Satellite Program (DMSP)
Special Sensor Microwave Imager (SSMI). Credit: NASA
http://www.nasa.gov/centers/goddard/news/topstory/2003/1023esuice.html#a
ddlinfo
地球温暖化の影響で絶滅も懸念されているホッキョクグマ
(米海洋大気局提供)
どこまでの気温上昇なら影響は
比較的小さくてすむか?
• 目安となる気温
⇒ 現在よりも プラス2℃程度以下
• 目安となる温室効果ガス濃度
⇒ 490~535ppm
( CO2,CH4,N2Oなど全て含めて温室効果をCO2換算すると
現時点でおよそ430ppm)
気候安定化のために必要な
CO2排出削減の考え方
60% ↓
吸収されないで大気中に残る率。
全ての国(人)はこれだけ排出量を削減する。
10%(?)↓ 先進国は途上国よりも多く削減すべき。
10%(?)↓ 温暖化で海や陸での吸収量が落ちるかも。
⇒ 先進国は 60~80% 削減することを目標とすべき
しかも、できるだけ早く (~2050年まで)
例えば 2005年の排出量約270億トン
目標 ⇒ 2050年に少なくとも半減させる!
でも、世界経済が順調に成長を続けるとすれば、
2050年には約535億トンまで増える
⇒ 結果的に400億トンも減らす!
600
(億トン-CO2)
500
何もしなければ
大幅に増える
目標
2005年の
半分
400
400億トン
300
200
100
0
2005年
2050年
2050年
(IEA “Energy Technology Perspective” 等)
京都議定書の6%削減
は
そのほんの序章に過ぎない
これから60~80%減らす!
方法はあるのか?
(注) -6%は1990年レベルに対する2008~2012年の日本の削減量
議定書による先進国の削減率は全体で5%程度。
そのため、達成されたとしても恐らく2012年に世界の
温室効果ガス排出量は1990年比で-2%程度に留まる。
決して簡単ではないが、
温暖化を抑制するための
三つの鍵がある
新たな枠組み・制度(ルール)を作る
革新的な技術を開発する
個人の価値観を変える
新たな枠組み・制度(ルール)を作る
☆ 条約 (気候変動枠組条約 )
⇒ 京都議定書
クリーン開発メカニズム (CDM)、排出量取引、共同実施
⇒ ポスト京都議定書
☆ 環境税(炭素税)
☆ カーボン・オフセット(相殺)
☆ EMS(環境マネージングシステム)など
革新的な技術を開発する
http://www.enecho.meti.go.jp/policy/coolearth_energy/coolearth-hontai.pdf'
個人の価値観を変える
環境教育の必要性
⇒ 価値観が変わるとライフスタイルが変わる
でも、ライフスタイルを変えるのは大変難しい
2011年の地上デジタル放送へ完全移行を前に、
テレビの買い替えが急ピッチ!
地上デジタル対応テレビ出荷数
テレビの買い替え
29型テレビ(ブラウン管)
•消費電力
130~140W
増やさない方法を考える。
増えたら どこかで減らす。
プラズマテレビ
液晶テレビ
☆32型 消費電力
150~180W
☆42型 消費電力
330~430W
大事なのは温暖化の抑制だけではない
• 持続可能な社会へ
⇒ 限られた資源の下で
より公平に(今の世代でも、次の世代とも・・)
将来 食糧は確保できるのか?
日本の面積 3779万ha
耕地面積 470万ha (2000年)
(九州+四国)の半分強
1992年から2002年の10年で
40.3万haの耕地面積減少
食料輸入
60%
食料自給率
40%
(カロリーベース)
1,200万haが必要
資料:農林水産省「食料需給表」、「耕地及び作付面積統計」、「畜産物生産費統計」、財務省「貿易統計」、
FAO「FAOSTAT」、USDA「Agricultural Statistics」
てんぷらそばの材料はどこからきたの?
http://www.agriworld.or.jp/agrin/agrin1/set_product.html
食料輸送が環境に与える負荷として、輸送に伴うエネルギー消費量(CO2排出量)を指標とする。
フードマイレージ = 輸入相手国別輸入量 × 輸入相手国から日本までの輸送距離
http://www.kanbou.maff.go.jp/www/jikyu/report15/h15text4_2.pdf
持続可能な社会に向けて
わかりやすく、参考となる本
1秒の世界
責任編集 山本良一 Think the Earth Project 編
ダイヤモンド社 952円
世界を変えるお金の使い方
あなたがお金を使う瞬間、
それはあなたが世界を動かしている瞬間でもあります。
ダイヤモンド社
編集 Think the Earth Project
責任編集 山本良一 1200円
消費者や投資家は社会や環境にやさしい企業の商品、サービス、
株などを購入することで、世界を良くしていことができます。 それは、
自分のお財布を使って良い企業に投票するのと同じことです。
=お財布からの投票=
世界がもし100人の村だったら
池田香代子再話 C.ダグラス・ラミス対訳
マガジンハウス 838円
フードマイレージについて
コンビニ弁当
=食べものが世界を変えている=
16万kmの旅
太郎次郎社エディタス 千葉 保監修 2000円
専門的ですが
サステナビリティの科学的基礎に関する調査
http://www.sos2006.jp/houkoku/index.html
指導者に必要な「背景となる知識」の習得方法
•
•
•
•
•
•
•
•
できる限り第一次資料にあたって調べる
資料作成者を確認する ⇒ 信頼できるか
疑問が生じたら(納得するまで)追求する
対立する見解があっても、無視しない
「思いこみ」や「先入観」を排除する
メディアの情報を鵜呑みにしない
(⇒ある一面だけを強調している場合がある)
受講者と一緒に調べるという余裕も必要
ダウンロード

PPT - 未踏科学技術協会