第8回細胞治療セミナ-
移植患者の感染予防・対策で
重要なものは??
医療者に必要な知識と技術
 感染予防に関する基本的な知識
 標準予防策と感染経路別予防策
 カテーテル管理などの感染予防技術
 移植経過に伴い起こりやすい感染症について
 感染症の種類と好発時期、感染経路と対策
 患者・家族教育
 医療者自身の感染予防
 麻疹・水痘などの抗体価の獲得、インフルエンザ予防
医療者が間違えやすい感染防御の迷信?
 移植患者さんは感染症に罹りやすいから無菌室からで
ることができない。
→×
 同じ病棟に感染症の患者がいるので、移植患者の管理
をゆるめることができない。
→△
 無菌室は無菌の部屋だから、中に入る人も物も制限が
必要。
→×
 白血球が低下している時に入浴やシャワーをすると風
邪を引く(発熱する)??
→×
第8回細胞治療セミナ-
臓器移植患者の
主な
ウイルス感染症
と
その時期
単純ヘルペスウイルス(HSV):口内炎
RSウイルス:肺炎
サイトメガロウイルス(CMV):間質性肺炎
EBウイルス:日和見B細胞リンパ腫(PTLD)
アデノウイルス・BKウイルス:出血性膀胱炎
水痘・帯状疱疹:帯状疱疹
パピローマウイルス:疣
ダウンロード

第8回報告