和大生に和歌山を
体験してもらおう
Tourism5
•松本朱織
•伊藤綾根
•松浦友里奈
•山根あい
•松本早織
自主演習の主旨



観光に興味がある
自分たちで経済に関わる何かをしたい
リアルな経済の動きを知りたい
自分たちで旅行商品を
作って売る
これまでの商品作りの行程
1.
2.
3.
4.
5.
6.
大澤先生に観光についての講義を受ける
実際に観光する場所を大まかに決める
視察
視察を参考に観光する場所をさらに詳しく決め
る
セグメントの絞込み
旅行会社との相談
観光の形態
昔
今
①マスツーリズム
①細分化

大量集客
 大量から個人へ

大量送客
 個人のライフスタイルの多様化

大量受入
②地域資源を活用
②地域資源を利用しない旅  本物志向
行
 商品価値を求める

リゾート地開発

巨大施設
自分たちの役割
観光の4D
Desire (Demand):需要
Distribution:流通
Developm
ent
観光開発
Destination:目的地
地域と人とをつなぐ流通の役割をする
☆旅行先
世界遺産のある和歌山の熊野と高野山
☆地域資源を使った旅行のメ
インとなるプラン
熊野→林業体験
高野山→数珠作り
視察
熊野
林業レクチャー
複層林見学
間伐
視察
高野山
数珠作り
阿字観
精進料理
写経
~ターゲット~
和歌山大学学生
~視察後の更なるセグメントの絞込み~
方法
模造紙に思いついたことを書き込んでいくブレ
インストーミング
結果
熊野 →環境に興味のある人
高野山→未定
商品内容
 熊野
 高野山
林業レクチャー
複層林見学
間伐体験
数珠作り
阿字観
写経
精進料理
環境学習商品
修行体験商品
旅行社との相談
売るためには…
最低一人は資格を持った人が必要
販売の際、近畿ツーリストの方に
協力をしてもらう
行き先の決定
 高野山
独自性のあるプラン作り
が困難
 熊野
ツアーや個人旅行では体験
できない旅行を提供できる
熊野の間伐体験ツアーの企画検討
プラン作り
近畿日本ツーリストさんのアドバイスをも
らう
 林業組合の方との話合い
 価格設定
 プラン修正

販売準備





広告作り(近畿日本ツーリストさんの協力)
広告の修正
販売ターゲットの絞込み
販売ルートの考察
広告を配る
販売






環境サークルへの売り込み
教授の承諾を得、ゼミ生へ売り込み
講義後の教室での宣伝
口コミによる友人への宣伝
文化祭などの集客性のあるところでのビラ配り
インターネットサイトでの宣伝
成果(問題点)




宣伝時期が遅かったことによる集客率の低さ
宣伝活動期間の短さによる集客率の低さ
学習的要素を重視したことによるレジャー的要
素の欠如
特定のターゲット中心の集客
検討課題





口コミだけでなく効率的な宣伝方法を入手する
顧客獲得を確実なものにする
早い時期から長く宣伝活動をする
学生以外にも目を向け、顧客の年齢層を広げる
学習的要素を盛り込みながら、遊びの要素もあ
る旅行内容にする
ダウンロード

和大生に和歌山を体験してもらおう