二方向に対応する免震構造の模型製作
山田研究室
藤原佳美
はじめに
きっかけは『水平方向に
動く可動建築の模型』
この動きを逆にすれば
免震構造になるのではないか?
免震構造について理解し、二方向に
動く免震構造の模型を製作する
〈可動建築模型〉
免震構造とは


建物の足元を地面から
切り離し、その間に免震
部材を組み込んで地震の
激しい揺れを受け流す構
造を免震構造という。
地震時にアイソレータが
建物と地盤を切り離し、ダ
ンパーが大きな変形を抑
える仕組みとなっている。
転がり支承

平面、または凹面状の皿の上をボールまたはローラーが
転がることで地震力を低減させる。
〈転がり支承〉
模型について


ビー玉がアルミ板の上を転がる、転がり支承の模型。
一段目が左右、二段目が前後の二方向に動くことで水平
方向の振動に対応することができる。
振動実験
おわりに



振動を与えた結果、模型は水平方向の揺れを受け流し
ていることが分かる。
免震構造は地震力の低減に有効な構造であることがこ
の模型で理解できると思う。
減衰装置を作ればより免震効果が高い模型ができたか
もしれない。
ダウンロード

二方向に対応する免震構造の模型製作