欧州原発のストレステスト
リスク・セミナー
日本
2012年1月
ゲオルギ・カスチエフ博士
1
枠組み
• 原子力・エネルギーの科学者・研究者
自由に発言
• 原子力技術で37年間の経験, ロシア型加圧水型
原子炉(VVER)の立ち上げと運転, 研究, 講義,
規制;
• 1997-2001年:
ブルガリア原子力安全庁長官;
• 2001-2002年:東京工業大学客員教授
2
世界の原発
現状
• 動力炉435基 (3億6800万kW) が30カ国で稼働中
第3世代原子炉はごくわずか
世界の原子力発電容量は、この10年間頭打ち
• 63基が建設中:大多数が第2世代原子
• 平均稼動年数:26年
• これまでに138基が閉鎖: 平均稼動年数23年
• 発電量に占める原子力の割合:12%, 過去最高17%から下降
• 2006年に発電量のピーク, 以来、年-4%で減少
• EU全体で動力炉134基, 最多だった1989年の177基から減少
• アジア諸国(中国、韓国、インド、パキスタン)とロシアが原子
力産業の中心
3
原発のおもな危険性
•
•
•
•
•
•
•
核分裂連鎖反応は条件次第で制御不能に
炉心は高密度の熱
炉心には莫大な量の放射能 (放射線強度 E+20 Bq), 機材や建物も汚染
機器は高圧、高温、高負荷に曝される
残留放射線/発熱
使用済燃料と放射性廃棄物
さらに:怠慢, うっかりミス, 思い上がり, 人から学ぼうとしない, 危険
の過小評価, 探求心のなさ.
原発の安全性は存在しない
事故は必ず起きる!
4
福島原発事故のヨーロッパでの影響
•
•
•
•
•
•
•
ドイツ:8原子炉を永久閉鎖。2021年までに全原発を廃炉
スイス:新規原発をめぐる議論を中止。5原子炉の最終閉
鎖時期の明確化を義務づけ
イタリア:国民投票で計画中原発を中止
ベルギー:2011年10月 - 2003年の原発フェーズアウト法にも
とづいて2015年までに3基を閉鎖、残りも2025年まで
に閉鎖
多くの国で原子力計画の見直し/延期
ヨーロッパの原発に対して「ストレステスト」を実施
国際エネルギー機関の見通し:2035年の原発発電容量を半
分に
9
欧州原発のストレステスト
•
欧州理事会によるストレステストの定義:原発の「
包括的かつ透明性のあるリスク評価」
•
これを受けた欧州原子力安全規制グループ
(ENSREG) の定義:極限的な自然事象に対する目標
評価
•
任意ベース
•
EU加盟国以外の原発保有国も参加
10
欧州原発のストレステスト
「ストレステスト」の最終目的は、過酷事故による放射能
の大量放出を緩和すること(だけ)
3つの問いに答えることを要請
•
•
•
制御システムが使えなくなっても再臨界を回避できるか?
長期にわたって炉心と使用済燃料プールを冷却できるため
には、どんな追加設備が必要か? どのくらいの時間で燃料
棒が溶け始めるか?
放射能を格納容器内部に閉じ込めるため、または環境への
放出を少なくするためにはどんな追加設備や手順が必要か
?
11
欧州原発のストレステスト
報告書には4つの主要部分を盛り込む必要:
•
原発が今のどんな状態にあるか
•
原発の設計基準はどのようなものか、現時点で設計
要件を満たしているか
•
設計基準を超える地震や洪水、全電源喪失に対する
「頑健性」
どうすれば改善できるか
•
12
欧州原発のストレステスト
適用範囲が狭い
•
•
•
対象になっているもの:
–
発電用原子炉のみ
–
外部災害のみ
対象外:
–
災害(部品の破損、配管漏れ、火災、冷却系の詰まり、電
気サージなど)、複数事象の複合、人的ミス、安全文化、
多重防護など
–
設備やシステムの品質、劣化/経年効果も調べない
–
事故防止対策(皆無)
–
大型航空機の墜落
–
テロ行為
–
原発事故の民事責任
ストレステストは原発の定期安全検査ではない
13
欧州原発のストレステスト
時間が短い
•
•
•
•
原発事業者がストレステストを行う時間が限ら
れている(6ヵ月未満)→新たな調査研究は不
可能
既存の調査はひとつのサイトに複数原子炉があ
る状況を考慮していない, 福島原発事故のような
状況も想定外, 「お客さん向け」, 確率論的アプ
ローチは完全な間違い
規制機関の評価期間が短すぎる(3ヵ月未満)
照査期間も限られている(2012年1月〜4月)
14
欧州原発のストレステスト
基準がない
•
•
•
•
地震災害を評価するための共通の計算方法・
基準がない
頑健性って何? 許容レベルの基準なし
大部分が「工学的判断」に依存
報告書の書式の定めなし→各国の国別報告を
比較できない
15
欧州原発のストレステスト
独立性がない
•
•
•
•
•
•
EUには独立の安全規制機関がない
これまでの原発の安全性に責任を負ってきたのと同じ同じ専
門家たちの機関(事業者、規制機関、技術支援機関)がスト
レステストを実施(過去には東電による検査データ捏造も)
ストレステスト:それを推進する機関の利害と明らかに対立
これまでの経験からわかるのは, 事業者や規制機関には技術
能力も責任担当能力もないこと
安全要件は国ごとにバラバラ
原子力を担ってきた機関は福島原発事故のような過酷事故の
本当の過酷さを認めてこなかった
16
欧州原発のストレステスト
透明性・公開性がない
•
•
•
•
•
独立の専門家やNGOが報告作成から排除されて
いる
報告書も、その元になった資料も公開されない
国レベルでの公開討論もなし
照査段階での独立の専門家の参加も限定的
欧州レベルでの議論への市民参加も限定的
17
欧州原発のストレステスト
3.11の前に福島第一原発のストレステストをし
ていれば、どんな結果が出ていたか?
ストレステストで原発が
安全になるわけではない
18
欧州原発のストレステスト
:次のような技術基準についての政治決定が必要:
•
•
•
•
•
•
•
大地震などの外部災害が起きたときの原子炉閉鎖の基準
第1世代の旧型原発の閉鎖基準
使用済燃料プールを完全に密閉する圧力格納容器のない
原子炉を閉鎖する基準
重大な外部災害を受ける可能性のあるサイトに建ってい
る原子炉の建設を中止する基準
第3世代原子炉のみ建設するという基準
最新の技術基準に沿った包括的安全評価を独立の専門家
と市民参加の下で行うという基準
原発事故による損害賠償制度の整備と統一化
19
ご清聴ありがとうございました
20
ダウンロード

The Next 30 Years of Nuclear Power