毎月レポート
くらしの情報
(2015年10月号)
くらしの情報
2015年10月号
■増える記念日
朝のニュースなどで「今日は○○の日」と、記念日にちなんだ話題が取り上げられる
ことがあります。それを聞いて「ああ、○○の日か、それなら△△を食べよう」となったり
、あるいは営業先でちょっとした話の糸口になったりと、話題性に富んだ行動につなが
ることもあります。10月であれば10日の「目の愛護デー」や14日の「鉄道の日」などは各
地でイベントなどが開催され、よく知られていますね。
日本では現在、1年365日、毎日のようになにかしらの「記念日」があるのをご存じでし
ょうか。実は記念日は国が定めた休祭日と違い、有料の登録制になっています。企業、
団体、個人が申請して登録をすれば誰でもつくれ、イベントなどで公式にアピールする
ことが可能です。例えば11月11日は「ポッキーとプリッツの日」ですが、これはお菓子メ
ーカーの申請によるもの。もちろん個人でも記念日がつくれます。記念日として登録さ
れるには「反社会的でないこと」などいくつかの審査基準があり、その合格率は約78パ
ーセントなのだとか。でも一度通過すると記念日として毎年更新されていくので、頑張っ
て申請する価値はあるかもしれません。
記念日や休祭日を紹介するサイトを見ると、実にさまざまな「○○の日」があることが
わかります。歴史に基づく由来も多く、見ていて飽きません。自分や家族の誕生日が何
の記念日なのかを調べるのもおすすめですよ!
※参考:
一般社団法人 日本記念日協会
今日は何の日
週刊アスキー
エキサイト
江崎グリコ株式会社
http://www.kinenbi.gr.jp/
http://hukumusume.com/366/kinenbi/index.html
http://weekly.ascii.jp/
http://www.excite.co.jp/
http://www.glico.co.jp/
くらしの情報
2015年10月号
■「御朱印集め」の魅力とは?
パワースポットやヒーリングスポット人気の影響で、神社・仏閣巡りが静かな人気を呼んでい
ます。なかでも拝観して参拝した証にいただく「御朱印」は、神社やお寺ごとに異なることから
人気を集め、「御朱印ガール」という言葉まで生まれました。
そもそも御朱印は、写経をお寺に納めた証としていただけるものでした。現在は参拝した証
にいただける「印と書」というのが一般的です。何が書かれているのかというと、お寺の場合は
ご本尊や本堂の名前、神社の場合は社名のほか神社にまつわる動物などもあり、個性が際
立っているのが特徴です。たとえば羽田空港を氏子に持つ羽田神社の御朱印には、飛び立
つ飛行機のスタンプが使われています。
いろいろな神社・仏閣を訪れながら集めるというその性格から、スタンプラリーを思い浮かべ
る方も多いと思いますが、御朱印はお札やお守りと同等で、神仏に敬意をはらって頂戴する
神聖なるもの。参拝をしてからいただくようにし、参拝もせずに御朱印だけをいただくのはマナ
ー違反です。
いただくための手順としては、まずは心を込めて参拝した後で、御朱印所(または社務所)へ
行き、代金を支払い、書いていただきたいページを開いて依頼します。代金はおおむね300円
ですが、この時、小銭を用意しておくのが礼儀と心得ましょう。お寺と神社で御朱印帳を分ける
必要はありませんが、なかには一緒だと断られることもあります。その時は新しい御朱印帳を
買って書いていただきましょう。
大きな神社や仏閣では御朱印の依頼が混みあう場合もあるので、参拝前に御朱印帳を預け
るところもあるようです。また出雲大社のように、2か所で御朱印がいただけることもあるので、
あらかじめ調べてから参拝するのがおすすめです。
全国の神仏とご縁を結ぶ喜びと、デザイン的にも美しい御朱印をいただく楽しみ。寺社の御
朱印帳を選ぶ楽しみもあるということで、御朱印集めにハマるのもうなずけますね。皆さんも自
分の好きなスタイルとペースで、始めてみてはいかがですか?
※参考:
月刊「きいて!」(15年6月号/産経新聞社)
オズモール
http://www.ozmall.co.jp/
楽しい御朱印めぐり
http://www.gosyuin-meguri.com/
ご朱印びと
http://gosyuinbito.com/
くらしの情報
2015年10月号
■国勢調査でわかること
5年ごとに行われる国勢調査、今年はその該当年でしたね。回答を終えて
ほっとされている方も多いのではないでしょうか。
国勢調査は、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため実施される、
国の最も重要な統計調査です。別名を「人口センサス」と言い、国連の勧告
もあり世界のほとんどの国で実施されています。日本では蘭学者の杉 亨二
をはじめとする統計学者たちの並々ならぬ尽力で1920(大正9)年に第1回の
調査が行われました。以来5年ごとに実施、2015年の今年は20回目です。
調査項目は、時代やその時々のニーズに応じて変わっています。例えば
1940(昭和15)年の調査では兵役に関する項目が、1947(昭和22)年の調査
には引揚者か否かという項目が見られます。また、西暦末尾が0の年は「大
規模調査」、末尾が5の年は「簡易調査」となっていることもあまり知られてい
ません。
2015年の今年は簡易調査の年にあたりますが、「人口移動」という調査項
目が入っていました。この項目は大規模調査でしか行わないもので、今回が
特別だったことを表わしています。実は前回の国勢調査が行われたのは
2010(平成22)年のこと。東日本大震災の約半年前でした。震災前後の人口
の変化を知るために項目に加えたそうです。
次回5年後の2020年は、国勢調査開始から100年の記念の年。長い年月を
かけて蓄積されたデータは、わたしたちの生活のさまざまなところで活かさ
れています。
※参考:
総務省統計局
東洋経済ONLINE
http://www.stat.go.jp/index.htm
http://toyokeizai.net/
ダウンロード

毎月レポート くらしの情報