◆社会の動きを理論的につかまえよう
情報を集め,読み解く
―「知的インフラ」の活用術―
2010.10 更新
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆このPPTのテーマ
1) 1990年代以降,日本だけが世界の経済構造の変化
から取り残されている.
・原因:日本人の英語力の低さ.
・これはまずい!何とかしなければ!
(「海外経験ゼロでも英語ができる人はどのように勉強したのか?
THE21,PHP研究所,2010年9月)
2) 英語力をつけることが重要ではあるが,その前に,
・どのように構造が変化しているのか?
・取り残されないようにするためにはどうするか?
を理解する.
3) 余談であるが,英語力を身につけるには,
・英語もパソコンと同じく仕事の道具だと割り切る.
→カタカナ英語で全くO.K.(背伸びをしない.)
・何のために英語を勉強するのかを明確にする.
→どれを鍛えるか: 聴く?読む?話す?書く?
→使う場面は:
専門的?正式?非正式?
・まとまった学習時間はどうしても必要(約4,000時間)
→学生時代に2,000~3,000時間は勉強する.(1,000~2,000時間)
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆変化1 アメリカの新聞が消滅する!?
(鈴木伸元著:「新聞消滅大国アメリカ」,幻冬舎新書,2010年5月)
1) アメリカの新聞が想像を絶する勢いで消滅している.
・2004~2008年(5年間):49紙が廃刊
・2009年(1年間):46紙も廃刊(わずか1年の間に!)
2) 何故消滅するのか?
・広告収入ではインターネットが独り勝ちするため.
・テレビ▲5.1%,新聞▲16.5%,インターネット+7.0%
3) 影響は?
・配達地域縮小による読者「切り捨て」.
・若者の大多数がニュースに関心寄せなくなる.
・新興ニュースサイトの台頭.
・新たな敵ツイッター.
・地方行政の腐敗が始まる.
・コミュニティが崩壊する.
・インターネット記事配信の有料化.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆変化2 出版業界にも大激変が起こる
(佐々木俊尚著:「電子書籍の衝撃」,ディスカヴァー携書,2010年4月)
1) 「タブレットサイズ」と呼ばれる電子ブックを読むためのコン
ピュータが登場
・キンドル,iPadなど.(既存の出版業界にとって脅威)
2) マイクロソフトから始まったプラットフォームビジネス
・以下の条件を満たすサービスが市場を独占する.
①多様なコンテンツが安く豊富にそろっていること
②使い勝手がよいこと
③アンビエントであること.(私達を取り巻いて,あたり一面に漂っている状態)
ex. Microsoft, Google, Apple(iTunes), Amazon など.
・電子ブックによって本は「アンビエント化」する.
→iPadなどによりプラットフォームが形成され,業界を席巻する.
→旧体質のサービスは生存競争に敗れる.
3) セルフパブリッシングの時代へ
・マスメディアに基づいた情報流路から,ソーシャルメディアが生み出すマ
イクロインフルエンサーへ
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆変化3 ツイッターの到来
(上杉隆著:「なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか?」,晋遊舎新書,2010年6月)
1) ツイッターで総理官邸での首相会見が開放!?
・記者クラブの壁を飛び越えたツイッター.
→新聞とテレビの既得権を破る効果(極めて画期的!)
・首相はツイッターを見るだけでも価値がある.
→そもそも市民の声で目安箱だから.
2) 既存メディアと新しいメディアが逆転する時代
・マスコミの捏造報道をただしたツイッター.
・1人1人が時間と空間を共有するスゴさ.
3) ツールを越えインフラになるツイッター
・Google以来の革命だと言われている.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆変化4 仕事のスタイルも劇的に変化
(野村総合研究所ノンペーパー推進委員会著:「野村総合研究所はこうした紙を無くした!」,
アスキー新書,2010年2月)
1)始まりはコスト削減だった
・二度と見ない資料を何故捨てられないのか?
→ノンペーパーから始まる生産性UPの仕事場改善.
・ノンペーパーでワークスタイルを変える.
a) 整理整頓
b) オフィス改善
c) 会議効率化
→アジェンダ(会議の検討課題)を出席者に事前配布
→資料の事前配布
→会議中に議事録を作成し,議事と同時進行でプロジェクターに公開
→会議終了後速やかに資料や議事録のファイルを配布
d) 情報共有化
・人と人を結びつけるITへの取り組み―SNSなど-
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆ 変化5 環境分野における変化は?
(池上彰・手嶋龍一著:「武器なき環境戦争」,角川SSC新書,2010年9月)
1) 「石油の時代」,終わりの始まり
・国際政治の主流に躍り出る「環境」
・荒れ狂うメキシコ湾(原油流出事故)
→なぜ,事故は止められなかったのか?
2) 廃棄物がカネになる!?
・文字通り環境がビジネスになる.
→諸外国は,もっと強かに考えている.
3) 軍艦,核,そして環境(CO2)
・「削減」をテーマに国際交渉が行われているもの.
・ルール作りに関与せよ,日本!
・環境でも孤立を心せよ,日本!
・日本の「環境技術」をシステムで売れ!
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆廃棄物施策はどう評価されているか?
(杉本裕明・服部美佐子著:「ゴミ分別の異常な世界」,幻冬舎新書,2009年7月)
1) そもそも,なぜごみを分別するようになったのか?
・全国最多34分別を誇る町は,お手本になるか?
・福岡市は指定ごみ袋の有料化でごみ減量.
・何でも捨てられるダストボックスを再検証する.
2) 「ごみを減らそう」と言いながら,焼却炉を造り続けた.
・分別いらずのRDF製造機の哀しき結末.
・「リサイクル貧乏」と嘆く自治体のあきれた政策.
・プラスチックごみのリサイクル費用に涙.
・かかるお金と,それによって得られる効果を比較考量せよ.
・常識を疑い,国や自治体の出した数字に惑わされるな.
・緊張関係を持って行政,市民との「協働」を進めよ.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆「知的インフラ」の活用術
2010.10 更新
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆知的インフラを活用するためには
1) 以上の議論を踏まえると,
・新聞・ニュースの内容に疑問を持つことが大事.
→ひょっとしたら,嘘が書いてあるかも.
・内容のよしあしを評価する独自の視点が必要.
・新聞記事は「点」の情報に過ぎない.(全体像は見えない.)
→時間的な推移,地域的な広がりなどをつかむことも重要.
・かと言って,全く目を通さないのは問題.
2) 社会の動きを知るのに,大学の勉強は役に立たない.
・道具(専門知識・技術)の中身や使い方を教えることで精一杯
・その道具を,いつ,どこで,何のために使うのか?を知る.
→場合によっては,使わない方が賢明な場合もあるだろう.
・そのためには,「世の中が常に動いている」ことを実感する.
→大学で教えてくれない以上,自分でつかむ努力が大事.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆では,どうすればよいか?
1) 既存メディアの活用
・新聞,ニュース
→大多数の国民の情報源になっている.
→どのように世論が形成されていくかが分かる.
→他の人と価値観を共有できる安心感がある.
→でも,それだけでよいのか?
2) 独自の情報源を持つ.
・新書を読むことはおススメ(このPPTの情報源)
→あるテーマの全体像をつかみやすい.
→場合によっては最新情報を得ることも可能.
→反響の多い新書のテーマは話題になりやすいため.
→著者によっては意見が対立することもある.
→双方の主張を理解する姿勢が大事.
・インターネット
→上手に使えばかなり活用できる.
→自分で情報発信すれば,なおよい.(ブログ,ツイッターetc.)
3) 現場に出かけ,五感で感じる.
・人間の直感を侮ってはいけない.
・社会デザインゼミナールの講義内容の狙いの1つ.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆このPPTの情報源はどこで入手可能?
1) 大半は購入した「書籍(主に新書)」からの引用
→そこのセブンイレブン(水理衛生の近く).
→ampm(七隈四角).
→黒木書店(七隈四角)
→金文堂(ヘリオスプラザ内)
→ジュンク堂(福岡市天神)もあるけどね.
・その気になれば,身近な場所に情報源がたくさんある.
2) 今後の心構えとして重要なこと.
・わき目も振らず,一生懸命頑張る.
→ことは,当然必要だし,是非そうするべきであるが.
・意識して寄り道をすることも大事.
→精神的にゆとりを持つ.
→色々なことに好奇心を持つ.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆だから仕事に対する取り組み姿勢が重要
(ケリー・グリーソン著:「なぜか仕事がうまくいく人の習慣」,PHP研究所,2006年4月)
1) すべての仕事の基本は,すぐにやる!
・まずは兵士のように,整理からとりかかろう.
・オフィスで探し物をする時間は,1年で6週間にのぼる.
・「忘れないシステム」をつくり,やりとげる!
・電話タイム,メールタイムを決める.それ以外は応答しない.
2) 目標を達成する「計画」と「管理」の技術
・仕事の前に,「計画」作りに時間をかけよう.
・1日の計画は,その日の朝,または前日の終わりにたてる.
・仕事の計画は,1週間単位でチェックする.
3) チームの仕事をスムーズにする方法
・社内,社外に関わらず,全員を「顧客」と考えて仕事をする.
・週に1度,1対1の定期ミーティングで連絡を取り合う.
・仕事の環境を「整備」すれば,もっと楽に生産性を上げられる.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆朝型人間になろう!
(「仕事ができる人は朝一番で何をやっているのか?」,THE21,PHP研究所,2010年7月)
1) 仕事ができる人には,「朝型」が多い.
・朝日を浴びることは,体調管理のためにとてもよい.
・朝の1時間は夜間の数時間分にも相当する.
2) 具体的には
・1日をシミュレーションし,仕事の先手を取る.
・スケジュール手帳を上手に使用することが不可欠.
・起床してすぐにメモをとる.
・朝掃除をする.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆どんな人間を目指すべきか?
(「エラくなる男,用済みになる男」,プレジデント,プレジデント社,2010年10月)
1) 今後は仕事ができても,人気のない人は出世できない.
・そればかりか,リストラの対象にもなり得る.
→成果主義人事の行き詰まり
→コミュニケーションがなおざりになれば,組織全体としての
パフォーマンスはじわじわ低下する.
2) 勝ち方パターン「変遷30年」
・1980~:生産や営業からエリートコースへ.
・1990~:管理調整能力の高い人材が昇進.
・2000~:ローリスク・ハイリターン社員誕生.
・2010~:「そこそこ社員」が生き残る時代!?
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
◆こんな意見もある
(堀紘一著:「一流の人は空気を読まない」,角川oneテーマ21,2008年10月)
1) 職場を縛る「空気」を読むな.
・最近,KYという言葉が流行している.
→物事の決定,それに対する各社員の反応を左右する空気が確かに存在.
・平等意識と言えば聞こえはいいが,
→実際には「周囲と同じ」であることに居心地の良さを感じているだけ.
・日本人の国民性は,
→流れ作業の末端に立つ作業員,中堅幹部になることには向いていても,
→トップに立つには不向きな部分が大きい.
結局のところ,空気とは,読むものではなく「創るもの」であり,
空気を創りだせる人間にならない限りは,先が知れている.
2) 能力主義から貢献主義へ
・3年,5年と黙々と努力をしているうちに,「いい仕事」ができるようになって
いたならば,そのことは絶対に認められる.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
以上で終わりです.
やらないといけないことが
たくさんある.
できることがたくさんある.
2010年度「社会デザインゼミナール」講義資料 水理衛生工学実験室
ダウンロード

PPT