教育実習日記
~教育実習を終えて~
北海道情報大学 情報メディア学部
情報メディア学科 新井山ゼミ
0321056 荒川 純一
教育実習概要
• 実習校
– 函館市立北高等学校
• 実習期間
– 6月8日~6月21日
– 6月7日に事前ミーティング
• 実習教科
– 情報C
実習日程 1
• 8日、9日は中間考査
• 12日、13日は球技大会
– 13日は天候が思わしくないので延期
• 19日は開校記念日
実習日程 2
• 授業実習
– 16日の3時間目と6時間目
• 公開授業(研究授業)
– 20日の3時間目
授業実習
•
•
•
•
担当学年は1年生(3クラス担当)
教科は「情報C」
1コマ55分授業(短縮授業時は50分)
使用教室はPC実習室を使用
授業内容
• 主に産業財産権(著作権など)と情報モラル
– 夏休み明けからPC実習が始まるため、この時期
に著作権や情報モラルを学ぶ必要がある
• 使用教室はPC実習室
– PowerPointと自作のプリントで授業を展開
評価(授業実習)
• ある程度の授業内容、目標は達成
• 数少ない授業実習の中で得た知恵
• 次につながる知識を習得
考察(授業実習)
• 授業実習の回数が少なすぎた
• 教材研究に費やす時間をもっと増やすべき
だった
HR実習
•
•
•
•
担当クラスは1年A組
男子18人 女子22人
主にSHRとLHRを担当
他に掃除とHR日誌も担当
HR実習内容
• SHRでは生徒への連絡事項を伝達
– 5分でわかりやすく、必要なことを的確に
• LHRでは生徒をまとめる役割
• 球技大会での担当クラスを応援
評価(HR実習)
• SHRは満足のいくレベルまで到達
• 生徒との打ち解け度はもう一歩
• しかし、最後に花束を生徒に貰えたことで良
い形で実習を終えることができた
実習を終えて
•
•
•
•
実習日誌を完成
実習生通信を制作、配布
実習レポート(A4紙3枚)
先生方へのお礼の手紙
感想
•
•
•
•
今後の人生に活かせるナニかを習得
忘れられない思い出になった
“教師”に対する意識の変化
これからの人生における選択肢の拡大
ダウンロード

Document