介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
戸別訪問業務の高度化・効率化
~演習の進め方~
株式会社三菱総合研究所
(※)本資料は、平成25年1~2月に開催した「介護・福祉業務におけるGIS高度活用人材育成プログラム」の演習で実際に利用したソフト「訪問
業務支援ツール」に基づき作成したものです。演習を実施する際には、本資料の構成を参考に、実際に利用するソフトにあわせ、操作手順を
説明する必要があります。
0
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習①のチーム分け
 ネームプレートに記載の記号がチーム番号で、1チーム
2~3名で構成されています。
 同じチームの人同士でひとつのPCを使ってください。
1
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 はじめに
住宅地図で場所を特定してみましょう。
no 名称
住所
1 ●●マンション
2 ▲▲会館
3 ■■出張所
4 ・・・
5 ・・・
2
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 PC版を使って地図を作成します。
 次頁以降の手順に沿って、プロットしてみましょう。
3
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (1)PC上での設定(訪問業務支援ツールにアクセス)
②Webブラウザが立ち上がったら、URLに
「http://municipality.orkney.jp/」と入力
しサイトにアクセスする。
①デスクトップの「Internet
Explorer」をダブルクリック
③ユーザーID、Passwordを入力後
に「ログイン」ボタンをクリック
デスクトップ上のWebブラウザを立ち上げ、URL欄に上記のアドレス入力し、事前に配布
されているアカウント情報(ユーザーID、Password)の入力を行い、「ログイン」ボ
タンをクリックする。
4
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (2) 追加するデータ種別の選択
①「選択してください」をクリックし、
プルダウンから「高齢者」を選択する。
訪問業務支援ツールにアクセスし、画面
左上のプルダウンメニューから追加した
いデータ種別「高齢者」を選択する。
②インポートをクリック
データをアップロードするため、プル
ダウンメニュー下の、インポートをク
リックする。
5
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (3) 追加するデータの選択
②「高齢者_岐阜.csv」の
ファイルの選択
①CSVの「ファイル選択」
をクリック
サーボー上にファイルをアップロードす
るため、画面右側に表示されるCSVの
「ファイル選択」をクリックする。
③「開く」のボタンをクリック
研修中に指定されるフォルダを選び、そ
の中から「高齢者_岐阜.csv」のファイル
を選択する。
※なお、既に訪問先や地域資源がGISデータで整備されているとき、多くのソフトで読込
が可能なshp形式であれば、「シェープファイル」を選択することで読込が可能。
6
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (4) 追加するデータをアップロード
「CSVアップロード」をクリック
前頁でファイルを選択すると元の画面に戻るため、画面右側の「CSVアップロード」
のボタンをクリックすると、サーバーへのファイルのアップロードが始まる。
7
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (5) 追加するデータのインポート1
先程アップロードしたCSVファイル
先程アップロードした
CSVファイルの1行目が、
インポートファイルのリ
ストに表示される。
スキーマ属性の各項目を選択し、プルダ
ウンメニューから訪問業務支援ツール上
でどの項目に表示させるか設定する。
データインポートの画面が表示され、画面左側(インポートファイル)に先程アップロードしたCSV
データの1行目の項目が表示される。右側の画面(スキーマ属性)で、アップロードしたデータを訪問
業務支援ツール上のどの項目で表示させるか、プルダウンメニューから選択する。
8
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (6)追加するデータのインポート2
項目が一致
しているか確認
①左の図の様に「インポート
ファイル」の属性と「スキー
マ属性」の各項目が一致して
いるか確認する。
②「インポート」のボタンをク
リック
「インポートファイルの属性 」 と「スキーマ属性」の各項目が一致しているか確認し、
ウインドウ右下の「インポート」ボタンをクリックする。
9
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (7) アドレスマッチングの実施
②アップロードされたデータが、項
目と相違がないか確認し、「アドレ
スマッチング」のボタンをクリック
①左メニューの「アドレス
マッチング」をクリック
アップロードされたデータ
ファイルインポートを行った後、インポートしたデータを地図に表示させるためにアド
レスマッチングを行う。
10
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (8) アドレスマッチングの設定
①住所文字列を持つ属性のプルダ
ウンメニューから「住所」を選択
②マッチングレベル保存先属性のプ
ルダウンメニューから「マッチング
レベル」を選択
③上記を選択したら、「実行」ボタ
ンをクリック
アップロードしたデータのどの列(フィールド)に住所に関するデータが格納されてい
るか設定し、実行処理を行うとアドレスマッチング処理が行われ、登録したデータが地
図表示可能(緯度経度が付与される)になる。また、マッチングレベル保存先属性を選
択することにより、高齢者の属性一覧に6段階のマッチングレベルの項目が追加される。
11
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (9) アップロードしたデータを地図表示
地図
①訪問業務ツールの左サイ
ドメニューの「地図表示・
検索・属性一覧」をクリッ
ク
アドレスマッチングの処理が
行われた高齢者のリスト
画面右側に、アドレス
マッチングにより緯度経
度が付与され、地図上に
ポイントが表示される。
リスト
「地図表示・検索・属性一覧」を表示させると、アドレスマッチングにより緯度経度が
付与された高齢者のリストと地図が表示される。
12
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (10) 地域資源情報の登録
②インポートをクリック
①「選択してください」をクリックし、
プルダウンから「地域資源」を選択する。
訪問業務支援ツールにアクセスし、画面
左上のプルダウンメニューから追加した
いデータ種別「地域資源」を選択する。
データをアップロードするため、プル
ダウンメニュー下の、インポートをク
リックする。
13
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (11) 追加するデータの選択
②「地域資源_岐阜.csv」
のファイルの選択
①CSVの「ファイル選択」をクリック
③「開く」のボタンをクリック
サーボー上にファイルをアップロードす
るため、画面右側に表示されるCSVの
「ファイル選択」をクリックする。
研修中に指定されるフォルダを選び、そ
の中から「地域資源_岐阜.csv」のファイ
ルの選択する。
14
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (12) 追加するデータをアップロード
「CSVアップロード」をクリック
前頁でファイルの選択すると元の画面に戻るため、画面右側の「CSVアップロード」
のボタンをクリックすると、サーバーへのファイルのアップロードが始まる。
15
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (13)追加するデータのインポート2
項目が一致
しているか確認
①スキーマ属性の各項目を選択
し、プルダウンメニューから訪
問業務支援ツール上でどの項目
に表示させるか設定する。
②左の図の様に「インポート
ファイル」の属性と「スキー
マ属性」の各項目が一致して
いるか確認する。
③「インポート」のボタンをク
リック
「インポートファイルの属性 」 と「スキーマ属性」の各項目が一致しているか確認し、
ウインドウ右下の「インポート」ボタンをクリックする。
16
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (14) アドレスマッチングの実施
アップロードされたデータ
①左メニューの「アドレス
マッチング」をクリック
②アップロードされたデータが、項
目と相違がないか確認し、「アドレ
スマッチング」のボタンをクリック
ファイルインポートを行った後、インポートしたデータを地図に表示させるためにアド
レスマッチングを行う。
17
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (15) アドレスマッチングの設定
①住所文字列を持つ属性のプルダウ
ンメニューから「住所」を選択
②マッチングレベル保存先属性の
プルダウンメニューから「マッチ
ングレベル」を選択
③上記を選択したら、「実行」ボ
タンをクリック
アップロードしたデータのどの列(フィールド)に住所に関するデータが格納されてい
るか設定し、実行処理を行うとアドレスマッチング処理が行われ、登録したデータが地
図表示可能(緯度経度が付与される)になる。また、マッチングレベル保存先属性を選
択することにより、高齢者の属性一覧に6段階のマッチングレベルの項目が追加される。
18
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
演習① 住民や地域資源を地図にプロットしてみよう!
 (16) アップロードしたデータを地図表示
地図
①訪問業務ツールの左サイド
メニューの「地図表示・検
索・属性一覧」をクリック
アドレスマッチングの処理が
行われた地域資源のリスト
画面右側に、アドレス
マッチングにより緯度経
度が付与され、地図上に
ポイントが表示される。
リスト
「地図表示・検索・属性一覧」を表示させると、アドレスマッチングにより緯度経度が
付与された地域資源のリストと地図が表示される。
19
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習②のチーム分け及び担当者
 演習①と同じチームで行います。
 同じチームの人同士でひとつのモバイル端末を使ってください。
 外部演習の際は、以下のチームごとに一緒に移動します。担当
TAの指示に従って、行動してください。
 訪問先は3か所を想定しています。iPadを使う人、住宅地図を順
番に交代するようにしてください。
チーム名
訪問先での担当TA
20
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習②の訪問先及び訪問順序
本日の訪問先
no 名称
住所
1 ●●マンション
2 ▲▲会館
3 ■■出張所
4 ・・・
5 ・・・
各チームの訪問先(3か所)
チーム名
訪問先での担当TA
訪問先
21
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (1) 訪問先の登録
①高齢者を選択
③画面中央に表示される属
性一覧から、訪問予定のリ
ストをダブルクリックする
と編集できるようになる。
②地図表示・検索・属
性一覧をクリック
⑤最後に保存のボタンをクリック
④一番右の列にある「訪
問先選択」に半角数字の
「1」を入力
アドレスマッチングしたデータ一覧から、訪問先の氏名を探してダブルクリックし、
「訪問先選択」の属性に半角数字の「1」を入力して、保存ボタンをクリックする。
22
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (2) 訪問先を検索し地図上で確認する。
地図上にも抽出したデータ
の位置情報が表示される
①「属性による絞り込み」にチェック
をし、それぞれ「訪問先選択」・「完
全一致」・「1」を入力する。
②「検索」ボタ
ンをクリック
検索結果が表示される
画面中央の「属性検索による絞り込み」を行い、訪問先のリストデータを地図上で確認
する。
23
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (3) モバイル端末での設定(Safari起動)
URLは、
http://mm.orkney.jp/gishoumon/
①iPadのトップ画面の左下にある
「Safai」というアプリをタッチ
②画面上部のブック
マークのタッチし、
ポップアップされたウ
インドウから「訪問業
務ツール」をタッチ
iPadを起動し、トップ画面の左下にある「Safari」のアプリをタッチし、ブックマークか
ら研修で使用する「訪問業務支援ツール」のサイトを開く。
24
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (4) モバイル端末での設定(ログイン)
※文字入力の切り替え方法は次頁参照
②画面下の「メニュー」
のボタンをタッチ
①ユーザー名(各個人に割り振ら
れたもの)とパスワード(全員共
通)を入力し、ログインをタッチ
③画面の左側にメ
ニューが表示される。
ログインのユーザー名・パスワードを入力し、ログインボタンをタッチする。その後、
訪問業務ツールが立ち上がるため、画面下の「メニュー」ボタンをタッチし、左側にメ
ニューを表示させる。
25
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (5) モバイル端末での設定(入力切り替え方法)
英語入力→数字入力切り替え
数字入力
を押すことで数
字入力に切り替わる。
切り替え
英語入力→日本語入力切り替え
を押すことで日本
語入力に切り替わる。
日本語入力
切り替え
を押すことで、数字入力切り替え、
る。
また、キーボード右下の
きる。
を押すことで英語
入力に切り替わる。
何度か
を押すことで
入力言語の切り替えができる。
を押すことで言語の切り替えができ
のボタンを押すことで、キーボードを閉じることがで
26
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (6) 地域資源施設の色分け設定
⑤「メニュー」
をタッチ
①左のメニューから
「表示設定」をタッチ
②表示対象をタッチ
し、ポップアップさ
れたウインドウから
地域資源をタッチ
④メニュー右下の
「表示」タッチ
③表示条件の入力か
ら地域資源の種類を
タッチ
左のメニューから「表示設定」→「地域資源」→「地域資源種類」→「表示」を選択し、
画面下のメニューの「凡例」をタッチすることで、色分けされた施設表示が可能になる。
27
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (7) 地域資源施設の色分け表示の確認
画面下メニューの「凡
例」をタッチ
画面下メニューの「凡例」をタッチすることにより、地域資源の施設種別ごとに地図上
のポイントの色分けが可能になる。
28
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (8)表示するレイヤーの調整
②表示するレイヤーを選
択します。
(高齢者・地域資源を両
方チェックすれば重ね合
わせができます)
①画面右上のこの
マークをタッチ
③背景地図に使いたい地
図を切り替えられます
29
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (9) 現在地の確認
②現在地が
のマーク
で地図上にプロットされる。
①画面下メニューの
「現在地」をタッチ
画面下メニューの「現在地」をタッチすると、地図上に現在地がプロットされる。
30
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (10) 訪問先の確認
③メニュー画面上の
「メニュー」をタッチ
①メインメニューに戻
り、左のメニューから
「検索」をタッチ
②検索対象から「高齢
者」、検索条件から
「訪問先選択」を選択
し、半角数字「1」を入
力して、メニュー右下
の検索ボタンをタッチ
⑤パソコン上で入力
した訪問先が表示さ
れている確認する。
④リストから高齢者
をタッチ
左のメニューから「検索」→「検索対象」→「訪問先選択」→「1を入力」→「検索」を
選択することにより、パソコンで選択した訪問者がリストと地図に表示される。
31
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (11) 訪問先のルート確認1
①訪問先の対象者をタッチ
②訪問先の属性がポップ
アップされるので、「こ
こへ行く」をタッチ
訪問先のリストをタッチすると、訪問者の属性がポップアップされるため、「ここへ行
く」をタッチしてルート検索を行う。
32
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (12) 訪問先のルート確認2
地図上に最短ルートが表示さ
れるため、現在地を確認しな
がら、目的に向かう。
※訪問時にiPadでルート確
認を行う場合は、必ず周囲
の安全を確認し、立ち止まっ
た状態でルートを確認してく
ださい。
地図上に最短ルートが表示される。現在地情報を確認しながら、訪問先の目的地まで向
かう。
33
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (13) 訪問先で属性を確認・更新
②属性のウインドウがポップアップさ
れ、訪問者の属性情報を見たり、直接
情報を修正することができる。
④最後に「更新」
ボタンをタッチす
ることで入力した
情報がサーバー上
で更新される。
①訪問先属性のポップ
アップが表示されてい
る状態であるため、
「編集」をタッチ
※このメモ欄に訪問の際に気になった
ことなどを直接入力することができる。
【注意事項】
文字入力の際、「改行」ボタ
ンを押すと、キーボードが閉
じて入力した文字が確定する。
③最終訪問日の✔をタッチすることで、
訪問日がサーバー上に自動更新される。
属性情報は閲覧するだけでなく、その場で編集することができる。これにより、訪問日
時を記録したり、訪問結果の記録等をその場で行うことが可能。
34
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (14) 訪問先の最寄りの地域資源の確認
②現在地から近傍順
に地域資源がリスト
表示される。
現在地
①左のメニューから
「地域資源」をタッ
チ
③どういった地域資
源が訪問先の近くに
あるか確認する。
訪問先で、どういった地域資源(病院や介護施設など)が近くにあるか確認する。
35
介護・福祉業務におけるGIS 高度活用人材育成プログラム
戸別訪問業務の高度化・効率化~演習の進め方~
演習② モバイル端末でGISを使って訪問業務を体験しよう!
 (15) 訪問終了後に更新した情報をCSV出力
①PCの訪問業務支援
ツールにログインし、
左サイドメニューの
「地図表示・検索・属
性一覧」をクリック
②「CSV出力」ボタンをクリック
CSVで出力されたデータ
訪問終了後、再度PC端末にログインし、更新したメモや最終訪問日を含む属性データを
CSVで出力することで、上長に対して業務の進捗状況などを報告することができる。
※なお、「シェープファイル出力」を行うと、多くのGISソフトで読込が可能なshpファ
イルを出力することができ、他の主体とGISデータで情報を共有することができる。
36
ダウンロード

演習の進め方資料