国際社会と税
南九州税理士会
いまあなたの財布に10万円が
入っているとします。
このお金を自由に使うとしたら
あなたはどのように使いますか?
例えば…
•
•
•
•
•
•
美味しい物をおなかいっぱい食べる
好きな服を買う
旅行に行く
好きな本を買う
ゲ-ムソフトを買う
貯金をする
お金の使い方によってあなたの
性格とか生き方がわかるように、
税金の使い方によってその国の
方向が決まるといっても言い過
ぎではありません。
日本の国は税金をどのよう
に使っているのでしょうか?
国の歳出の内訳(平成20年度当初予算)
その他
10.4%
防衛
5.8%
文教
6.4%
4兆7796億円
8兆6751億円
5兆
国債費
24.3%
20兆
1632億円
3122億円
15兆
6兆7352億円
21兆
公共事業
8.1%
7824億円
社会保障
26.2%
6136億円
地方交付税
18.8%
支出総額
約○○兆円
•
83兆円
• まず83兆円ってどのくらいのお金な
んでしょう (?_?)
• 大阪を起点として1万円札を立てて並
べていくと何処まで行くのか、次の中
から選んでください?
次の場所から選んでください
•
•
•
•
•
神戸
広島
福岡
熊本
鹿児島
支出の内容から言えることは?
• 国債費 約24.3%
20兆円
これは過去において借りたお金の返済に
充てています。
• 社会保障費 約26.2%
21兆円
高齢化社会への移行により年金や
医療費に多額のお金が必要です。
以上のことから言える事は…
• 借金の返済と社会保障で約半分のお金が要
ります。このように日本の財政事情(国の財
布の中身)は決してよくありません!
• にもかかわらず、日本は税金を日本の国の
ためだけに使ってはいません。
• とりわけ開発途上国にも多額の援助を
しています。
それはどうしてでしょうか?
• 資源、食料を海外に依存する日本は、国
民の生活を守るためには、自国にとって好
ましい国際環境を整備することが、日本に
とっては重要なことなのです。
日本の各エネルギーの輸入依存度
【2001年度】
日本の食料自給率の推移
国際社会の安定と平和に寄与
するために
• 政府開発援助
• 英語で
• Official Developement Assistance
O
D
A
ODAとは
• 政府によって、開発途上国又は国際機関
に供与されるもので
• 途上国の経済、社会の発展や福祉の向上
に役立つために行う資金・技術提供による
協力
国際社会の現状
• 飢えや貧困に苦しみ、十分な食料や
飲み水が得られなかったり、教育や医
療を満足に受けられなかったりする
人々は、世界人口約60億人のうち
8割以上を占めています。
8割
48億人以上
5歳までに死んでしまう子ども
【2001年】
未就学児童の地域別割合
【1999/2000年】
成人非識字人口【2000年】
2002年末時点でのHIV/エイズ感染者推定数
ODAの目的
• (1)日本の安全確保
とりわけ東アジアの平和と安定
• (2)環境問題の解決
他国の環境悪化は日本へも
影響する
• (3)日本に住む人の生活を守る
エイズ、紛争、テロ、難民、麻薬
• (4)経済格差の是正
• (5)途上国の発展は日本経済にもプラス
• (6)国際地位の向上
ODAの種類
• 1.二国間援助
無償資金協力
技術協力
有償資金協力(円借款)
• 2.国際機関に対する出資、拠出
ODAの予算はどれくらい?
• 約7,002億円(平成20年度政府案)
米、独、仏、英に続く世界第5位です。
(2007年実績暫定値)
無償資金協力
1,747億円
技術協力
2,927億円
有償資金協力(円借款)
1,495億円
国際機関へ
833億円
かつて日本も援助を受けました!
• (1)第二次世界大戦後
アメリカから食料や医薬品
• (2)社会資本整備
世界銀行から
黒四ダム、東海道新幹線、
東名、名神高速道路
東海道新幹線
名神高速道路
黒部ダム
ODAの例
カンボジア王国
コンポンチャム州サンボーミエ小学校
施設整備計画
インド
供与限度額
ポリオ撲滅計画
7.5億円
案件概要
インド政府は、ユニセフおよび世界保健機構(WHO)の指導
の下、1995年よりポリオ・ワクチンの全国一斉投与を実施
し、ポリオ撲滅に向けて取り組んできているが、依然として
世界で発生件数が最も多い(2001年:268件)。
このような状況の下、同国政府およびユニセフは「ポリオ撲
滅計画」を策定し、この計画の実施のために必要なポリオ・
ワクチン(約2,100万人の児童に対するワクチン)の購入に
必要な資金につき、日本政府に対し無償資金協力を要請し
てきたものである
さて、あなたは世界の中で
どのように生きますか?
南九州税理士会
ダウンロード

国際社会と税 - 南九州税理士会