平成19年度地域教育フォーラムin京都
第5分科会
「学力向上アクションプラン」
~洛西方式Ⅱ~
京都市立洛西中学校
2007,7,31
社会の現状
▲学習に対する意欲関心が低い
▲家庭での学習習慣が定着していない
▲「学力の二極化問題」
本校の学校教育目標
『よりよい社会の実現に
貢献しようとする人間性の育成』
(1) 真理・真実を素直に探究する心を育む
(2) 自らの可能性を追求する
粘り強い自己実現の姿勢を養う
(3) 社会の矛盾や課題に気づき,解決の
ために行動できる社会的な目を培う
洛西地区の現状
・少子高齢化
・生活水準に格差
就学援助率
中学校の実態
比較的髙い
・学力の二極化
・家庭学習の習慣が定着しない
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
(1) 授業時数の確保
(2)
「わかる授業」をつくる,授業改善の工夫
(3)
家庭学習習慣化のための宿題の取り組み
(4)
(小中・中高)異校種間連携
(5) 土曜スクールの取り組み
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
量的な学力向上プラン
(1) 授業時数の確保
◆45分授業の導入
週31コマ
授業
理由①
効果的な授業の工夫と
生徒の集中力
理由②
授業時数増加による「ゆとり」
つまづきへのフィードバック
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
質的な学力向上プラン
(2) 「わかる授業」をつくる,授業改善の工夫
マスタリー・ラーニング(完全習得学習)
を授業実践に・・・・・
① “必修”と“選択”のリンク
●形成的テスト→フィードバック
●教科内個人選択授業
② “朝学習の充実”と『学びの時間』
●学年・担任による学習指導
●「学びの時間」の活用
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
家庭との連携による
学力向上プラン
(3)
家庭学習習慣化のための宿題の取り組み
●小学校・高等学校との比較
●家庭学習アンケートより
家庭学習アンケート(左がしていない生徒)
平日の家での勉強時間はどれくらいですか?
(塾での学習はのぞく)
合計
3年
2年
1年
0%
20%
40%
60%
80%
100%
1.ほとんどしない
2.30分くらい
3.1時間くらい
4.1時間半くらい
5.2時間くらい
6.2時間半くらい
7.3時間くらい
8.3時間以上
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
家庭との連携による
学力向上プラン
(3)
家庭学習習慣化のための宿題の取り組み
●小学校・高等学校との比較
●家庭学習アンケートより
少ない
入学後減少
期待感?
あなたは宿題が出されたら必ずやりますか?
合計
3年
1.必ずやる
2.まあやる
3.あまりやらない
4.全くやらない
2年
1年
0%
20%
40%
60%
80%
100%
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
(4)
(小中・中高)異校種間連携
洛西地域 小・中学校での
一貫した指導のねらい(重点)
(1) 挨拶と忘れものに対する指導の強化
(2) 人の話や課題への集中力を身につける取り組み
(3) その場にふさわしい言葉遣いができる人の育成
(4)
自分の主張を持ち,
それを表現できる力を高める指導
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
地域との連携による
学力向上プラン
●大人も一緒に自発的な学習
●ボランティア人材の発掘
(5) 土曜スクールの取り組み
「学力向上」アクションプラン ~洛西方式~
5つの柱
地域との連携による
学力向上プラン
(5) 土曜スクールの取り組み
●大人も一緒に自発的な学習
●ボランティア人材の発掘
学校運営協議会
学生や
地域の方々
今後の課題
(1) LD等の生徒を始め,低学力生徒への対応
(2) 学年・教科による取り組みの差と方策の交流
(3) 授業と家庭学習(宿題)の結びつけを強める
(4) 総合や道徳の時間と学習の意欲づけ
学校運営協議会制度
学校運営
協議会
心の教育部会
地域連携部会
学力向上部会
進路展望部会
(1) 放課後や休業中の補充・発展学習での
派遣講師の発掘
(2) 早寝早起き,朝ご飯,読書習慣など,
地域としての生活確立の取り組み
(3) 土曜スクールでの学習者・指導者を地域から
ダウンロード

スライド 1 - 京都市教育委員会