需要・供給曲線の正体と
余剰分析
需要曲線ってこんなのだった
p
価格が
ここならば
需要はこれだけ
x
需要曲線ってこんなのだった
p
価格が
ここならば
需要はこれだけ
x
供給曲線ってこんなのだった
p
価格が
ここならば
x
供給はこれだけ
供給曲線ってこんなのだった
p
価格が
ここならば
x
供給はこれだけ
でも、
なんでこんな形をしているの?
ある日曜の朝
町内で小さなフリマをしてました。
そこに来ていた人(?)に聞きました。
「あなたはイカヤキ一本
いくらで買いますか?」
欲しい欲しい
2000円で買う!
http://free-illustration.com/
「あなたはイカヤキ一本
いくらで買いますか?」
え〜っ?
いらないなあ。
1円なら買うかな
http://free-illustration.com/
金額を棒グラフにして
高い金額をつけた人(?)から
2000 順番に左から並べました
円
1000
500円
円
200円
50円
1円
一本1500円で売っていたら
2000円だし
2000円
1500円
買うぞ!
て買ってもい
いのに
1500
円で買
えるな
んて
ラッ
キー
一本1500円で売っていたら
1000円なら
買ってもいい
のに
1000円
1500円
買わない!
1500
円だな
んて引
き合わ
ない
一本1500円で売っていたら
2000
円
1500
円
1000
500円
円
買わない
買わない
買う! 買わない 買わない200円
50円 買わない
1円
つまり
1500円
2000
円
ここまで買
われる
1000
500円
円
200円
50円
1円
一本700円で売っていたら
2000
円
1000
500円
円
700円
買う!
買わない
買わない
買う! 買わない200円
50円 買わない
1円
つまり
2000
円
700円
ここまで買
われる
1000
500円
円
200円
50円
1円
一本300円で売っていたら
2000
円
1000
500円
円
300円
買う!
買わない
買わない
買う! 買う! 200円
50円 買わない
1円
つまり
ここま
で買わ
れる
2000
円
1000
500円
円
300円
200円
50円
1円
一本100円で売っていたら
2000
円
1000
500円
円
100円 買う!
買う! 買う! 200円
買う! 買わない
50円 買わない
1円
つまり
2000
円
ここまで
買われる
1000
500円
円
100円
200円
50円
1円
もういちど
2000
円
1000
500円
円
200円
50円
1円
もういちど
1500円
2000
円
ここまで買
われる
1000
500円
円
200円
50円
1円
もういちど
2000
円
700円
ここまで買
われる
1000
500円
円
200円
50円
1円
もういちど
ここま
で買わ
れる
2000
円
1000
500円
円
300円
200円
50円
1円
もういちど
2000
円
ここまで
買われる
1000
500円
円
100円
200円
50円
1円
もっと人数が増えたら
同じ者が何回
出てきてもいい
もっと人数が増えたら
価格が
ここな
らば
ここまで買われる
もっと人数が増えたら
価格が
ここな
らば
ここまで買われる
もっともっと増えたら
刻みが細かくなり
こうなる
価格が
ここならば
これが需要曲線
だったのだ!!
価格が
ここならば
これだけ買われる
これだけ買われる
イカヤキの屋台出している人にも
いろいろある
一本100円のコス
トで10本生産する
ぞ
イカヤキ達人
「ジーチャン堂」
100円
# # # # # # # # # #
http://free-illustration.com/
イカヤキの屋台出している人にも
いろいろある
一本200円のコス
トで3本生産
激安ルートでイカ
を調達
「イカ焼きアニイ」
200円
# # #
ちょっと手際
は悪いけど
http://free-illustration.com/
イカヤキの屋台出している人にも
いろいろある
500円
一本500円
のコストで5
本生産
おふくろの味
「おかん屋」
# # # # #
http://free-illustration.com/
イカヤキの屋台出している人にも
いろいろある
1000円
熱意だけはある
「パパの店」
一本1000
円のコスト
で2本生産
# #
http://free-illustration.com/
イカヤキの屋台出している人にも
いろいろある
2000円
できればやめたい
「ネーチャン焼き」
一本2000
円のコスト
で1本生産
#
http://free-illustration.com/
2000円
コストの低い店から順に
左から棒グラフを並べました
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
一本700円の価格がつくと
一本100円で
作ったものが
700円
700円で売れ
てぼろもうけ
100円
# # # # # # # # # #
生産するぞ!
一本700円の価格がつくと
1000円
一本1000円で
作ったものが
700円で
しか売れ
ないなん
て損。
700円
# #
生産しない!
一本1500円の価格がつくと
2000円
1000円
1500
円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
生産する!
# # #
# # # # #
# #
生産する!
生産する!
生産する!
生産しない
#
2000円
つまり
1500円
ここまで生
産する
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
一本700円の価格がつくと
2000円
1000円
500円
700円
100円
200円
# # # # # # # # # #
生産する!
# # #
# #生産しない
# # #
# #
生産する!
生産する!
生産しない
#
2000円
つまり
ここまで生
産する
700円
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
一本300円の価格がつくと
2000円
1000円
500円
300円
100円
200円
# # # # # # # # # #
生産する!
# # #
# #生産しない
# # #
# #
生産しない
生産する!
生産しない
#
2000円
つまり
ここまで生
産する
1000円
500円
300円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
一本150円の価格がつくと
2000円
1000円
500円
150円
100円
200円
# # # # # # # # # #
生産する!
# # #
生産しない
# #生産しない
# # #
# #
生産しない
生産しない
#
2000円
つまり
ここまで生
産する
1000円
500円
150円100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もういちど
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もういちど
1500円
ここまで供
給する
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もういちど
ここまで供
給する
700円
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もういちど
ここまで供
給する
1000円
500円
300円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もういちど
ここまで供
給する
1000円
500円
150円100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
2000円
もっと供給者の数が増えて
いくと、刻みが細かくなって、
1000円
500円
100円
200円
# # # # # # # # # #
# # #
# # # # #
# #
#
こうなる
価格が
ここならば
これが供給曲線
だったのだ!!
価格が
ここならば
供給はこれだけ
供給はこれだけ
余剰分析の話
一本1500円で売っていたら
2000円だし
2000円
1500円
て買ってもい
いのに
1500
円で買
えるな
んて
ラッ
キー
500円トクした
一本1500円で売っていたら
2000円
1500
円
1000
500円
円
500円
トク
買わない 買わない200円
買わない
買わない
50円 買わない
1円
一本700円で売っていたら
2000円
1000円
500円
700円 1300円
トク
買わない
買わない
300円 買わない200円
50円 買わない
1円
トク
一本300円で売っていたら
2000円
1000円
500円
300円
1700円
トク
700円 200円
トク
トク
200円
買わない
買わない
50円 買わない
1円
一本300円で売っていたら
2000円
1000円
300円
消費者のトク
の合計
500円
200円
50円
1円
需要者の数が無数に増えて
p 曲線になっても話は同じ
D
価格が
ここのとき
需要はこれだけ
x
需要者の数が無数に増えて
p 曲線になっても話は同じ
D
価格が
ここのとき
消費者のト
クの合計
消費者余剰
需要はこれだけ
x
一本700円の価格がつくと
一本100円で作ったも
のが700円で売れる
700円
100円
# # # # # # # # # #
一本600円計6000円のもうけ
一本700円の価格がつくと
2000円
一本200円
一本600円
一本500円
計1000円の
計6000円のもうけ計1500円のもうけ 1000円
もうけ
500円
700円
100円
# # # # # # # # # #
200円
# # #
# # # #生産しない
#
# #
#
生産しない
一本700円の価格がつくと
2000円
供給者のもうけの合計
1000円
500円
700円
100円
# # # # # # # # # #
200円
# # #
# # # #生産しない
#
# #
#
生産しない
供給者の数が無数に増えて
p 曲線になっても話は同じ
S
価格が
ここのとき
供給はこれだけ
x
供給者の数が無数に増えて
p 曲線になっても話は同じ
S
価格が
ここのとき
供給者のもう
けの合計
生産者余剰
供給はこれだけ
x
p
市場均衡では
D
S
消費者余剰
両者の合計が
社会的余剰
生
産 p*
者
余
剰
x*
x
p
市場均衡では
D
S
両者の合計が
社会的余剰
p*
社会全体の
トクの合計
x*
x
市場均衡がどこかは
誰もあらかじめ知らない
政府だって知らない
政府が生産量と価格を指令すると
p
価
格
を
こ
こ
に
し
ろ
D
均衡から S
はずれる
消費者余剰
二つ合わせたのが
生産者余剰
生産をここにしろ
x
政府が生産量と価格を指令すると
p
D
S
社会的余剰
x
市場均衡のときと比べると
p
D
S
p*
x*
x
政府が生産量と価格を指令すると
p
D 社会的余剰 S
がこの分少
ない。
社会的損失
「死荷重」
デッド・ウェイト・ロス
x
社会的余剰は市場均衡が最大
自由な取り引きに任せる
市場均衡自動実現
社会的余剰最大化
政府が介入すると、社会的余剰
はこれよりも少なくなる。
注意:消費者余剰の前提
おカネのありがたみが不変
(貨幣の限界効用が一定)
本当は満たされない仮定
ある薬を買ってもいい金額
ハシタがね
お金持ちさん
120万円ま
でなら買お
う
最近太ってき
たからダイエッ
トのために
ある薬を買ってもいい金額
貧乏さん
100万円な
ら買えます
苦しいけど、命
には変えられ
ないわ
でも、あくまで
120万円の評価>100万円の評価
結局価格は110万円になった
120万円
110万円
100万円
お金持ちさ
んは買え
貧乏さんは
買えない
しかし本当のニーズは
こうかもし
れない。
消費者余
剰はおカ
ネがものさ
しなので正
確には測
れない。
ダウンロード

パワーポイント