乗用トラクターの事故事例
事故概要
後方確認
早朝から耕うん作業を行っていた。周辺にいた人
が、突然トラクターの作業音がしなくなったので探
したところ、転落したトラクタに下敷きになった被
害者を発見。死亡。
原
因
ロータリー耕うん作業を確認するため、後方を振
り返った時に、固い物体に乗り上げハンドルをとら
れて転落したと推定される。
ハンドルを
とられる
ロータリーの上
に荷物を載せる
事故概要
農道を走行中、ロータリーの上に載せていたス
コップが落ちそうになり、振り返った時にハンドル
操作を誤って旋回。水田に転落して横倒しになった
時に変速レバーが胸にあたり、肋骨を骨折、肺にも
穴。10日間の入院。
原
走行中の
振り返り
滑りやすい足場
スリップ
長時間の
作業
因
① ロータリーの上にスコップを載せて走行した。
②走行中に振り返った時にハンドルを回してしまっ
た。
事故概要
大型トラクターのフェンダーに乗ってキャブの屋
根の清掃や作業灯の調整を行っていた時に滑り落ち、
圧迫骨折と足首を剥離骨折。3ヶ月休業。
原
因
①秋、冬作物の収穫と、麦の播種前準備(朝7時~
夜9時まで1週間耕起・整地)など作業が重なる
忙しい時期で、思考力が落ちていた。
②地下足袋の裏に泥がついていて滑りやすかった。
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)
〒331-8537 埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番地2
TEL 048-654-7000 URL http://www.naro.affrc.go.jp/brain/iam/index.html
ダウンロード

A0サイズ、版(5.2MB)