不定詞
形と働き
不定詞の形は?
① 《to + 動詞原形》
take → to take, study → to study, etc.
② 《動詞原形》だけの不定詞=原形不定詞
不定詞はどんな働きをするのか?
①名詞の働き(名詞的用法)
②形容詞の働き(形容詞的用法)
③副詞の働き(副詞的用法)
不定詞
名詞的用法
①名詞の働き(名詞的用法)
1.主語として:
( ? ) English is not easy.
英語を話すことは易しくない
(To speak) English is not easy.
⇒形式主語をもちいると・・・
( ? ) is not easy (
?
) English.
( It ) is not easy ( to speak ) English.
不定詞
名詞的用法
2.補語として:
My dream is ( ? ) around the world.
私の夢は世界一周旅行すること
My dream is (to travel) around the world.
*主格補語
不定詞
名詞的用法
3.目的語として:
I want (
? ) good English.
私は正しい英語を学びたい
I want (to learn) good English.
*述語動詞 want の目的語
次の形式目的語にも注意・・・
I found ( ? ) easy (
? ) friends.
私は友人をつくることは簡単だとわかった。
I found ( it ) easy ( to make ) friends.
不定詞
形容詞的用法
②形容詞の働き(形容詞的用法)
I have a lot of work ( ? ) today.
今日はする仕事がたくさんある。
I have a lot of work (to do) today.
*to do (today) は work を後から修飾
The dog has the ability ( ? ) drugs.
その犬は麻薬を見つけ出す能力がある。
The dog has the ability (to find) drugs.
*to find (drugs) は ability を後から修飾
不定詞
副詞的用法
③副詞の働き(副詞的用法)
意味/機能によりいくつかに下位分類される
1.I went to the shop ( ? ) a computer.
コンピュータを買うために店に行った。(目的)
I went to the shop (to buy) a computer.
2. I was very glad ( ? ) a new computer.
新しいコンピュータを買ってうれしかった。(感情の
原因)
I was very glad (to get) a new computer.
不定詞
副詞的用法
3.She was lucky ( ? ) such a nice apartment.
そんな素敵なアパートを見つけるなんて、彼女は
幸運だ。(判断の根拠)
She was lucky (to find) such a nice apartment.
4.He grew up ( ? ) a fisherman.
彼は成長して漁師になった。(結果)
He grew up (to be) a fisherman.
*「成長して、その結果漁師になった」という意味
不定詞
副詞的用法
5.This chair is comfortable ( ? ).
この椅子は座るのに快適だ。(形容詞の修飾)
This chair is comfortable (to sit on).
*on に注意。 sit on the chair から。
なお、この種の構文は次の言い換えに注意。
It is comfortable to sit on this chair.
*主語をIt で始め、主語だった this chair が不定
詞の目的語になっている。
不定詞
意味上の主語
不定詞の意味上の主語はどうする・・・?
It is important to have a good sleep.
十分な睡眠をとることは大切だ
* この文で「睡眠をとる(to have)」主語は誰か?
それは「一般の人々」なので明示していない。
では、もし、「睡眠 をとる」のが「私」であれば・・・?
It is important for me to have a good sleep.
*不定詞の前に《 for ~ 》 をつけて表す。
不定詞
意味上の主語
It was impossible ( ? ) to catch the last train.
私たちは最終電車に乗ることができなかった。
It was impossible (for us) to catch the last train.
This is a good book ( ? ) to read.
この本は若い人が読むべき本です。形容詞用法
This is a good book (for young people) to read.
名詞の場合は、for の次の名詞はそのまま
不定詞
意味上の主語
次の構文の不定詞の意味上の主語は・・・?
It is kind ( ? ) to lend me your bicycle.
(あなたが)自転車を貸してくれて親切です
It is kind (of you) to lend me your bicycle.
*この構文の特徴は、It is の次の 《人の性格を表わ
す形容詞》 にあります。
この種の形容詞を他にできるだけあげなさい・・・
kind, nice, clever, wise, foolish, silly, stupid,
careful, cruel, brave, polite, rude, etc.
不定詞
意味上の主語
他の文例・・・
It was careless ( ? ) to take the wrong bus.
彼がバスを間違えると不注意だった
It was careless (of him) to take the wrong bus.
It was nice ( ? ) to prepare dinner for us.
彼女は親切にも私たちに夕食を用意してくれた
It was nice (of her) to prepare dinner for us.
不定詞
《S + V + O + 不定詞》 の構文
不定詞を用いる重要構文
① S+V+O+to do
My mother ( ? ) ( ? ) ( ? ) my room.
母が私に部屋の掃除をするように言った
My mother (told) (me) (to clean) my room.
*この構文を取る述語動詞をできるだけあげない
tell, ask, advise, order, want, expect, get, allow,
find, believe, allow, permit …
不定詞
《S + V + O + 不定詞》 の構文
She ( ? ) ( ? ) ( ? ) out of the room.
彼女は男子に部屋から出るように言った。
She ( told ) (the boys) (to go) out of the room.
I ( ? ) ( ? ) ( ? ) my computer.
君に私のコンピュータを直してほしい
I (want) (you) (to fix) my computer.
不定詞
《S + V + O + 不定詞》 の構文
I ( ? ) ( ? ) ( ? ) me.
私は彼が電話をしてくれると思っていた。
I (expected) (him) (to call) me.
My parents ( ? ) ( ? ) ( ? ) abroad.
両親はわたしが留学するのを認めてくれた
My parents (allowed) (me) (to study) abroad.
不定詞
《S + V + O + 原形動詞》 の構文
不定詞を用いる重要構文
② S+V+O+原形動詞(原形不定詞)
The teacher ( ? )( ? )( ? ) the poem.
先生は彼女にその詩を読ませた
The teacher (made)( her)(read) the poem.
この構文を取る述語動詞をあげなさい(重要!)
①使役動詞(make, have, let)、
②知覚動詞(see, hear, feel, find, etc)、
③help
不定詞
《S + V + O + 原形動詞》 の構文
My parents ( ? ) ( ? ) ( ? ) abroad.
両親はわたしに留学をさせてくれた
My parents (let) (me) (study) abroad.
*let は「許可」する意味が含まれる
I ( ? ) ( ? ) ( ? ) on the door.
誰かがドアをノックするのが聞こえた
I (heard) (someone) (knock) on the door.
不定詞
《S + V + O + 原形動詞》 の構文
I ( ? ) ( ? ) ( ? ) his car.
父が車を洗うのを手伝った
I (helped) (my father) (wash) his car.
I (helped) (my father) (to wash) his car.
*to wash も可能
不定詞
不定詞の表す時間
一般に、不定詞(単純不定詞)の表わす時間は述語
動詞と同じ時を表わす。
He is said to be a famous musician.
彼は有名な音楽家だと言われている
*「言われている」時と、有名な音楽家「である」時は、
同じ時の《現在》時を表わす。
He was said to be a famous musician.
彼は有名な音楽だと言われた
*「言われた」時と、有名な音楽家「である」時は、同
じ時の《過去》時を表わしている。
不定詞
完了不定詞
He is said ( to be?) a famous musician.
「言われている」時が《現在》時でも、有名な音楽家
「だった」ことが《過去》時の場合、つまり「昔は有名
な音楽家だったと、今言われている」という場合は
どうしたらよいのか・・・?
この場合は、不定詞の時が述語動詞の時より前で
あることを表わす《to have + 過去分詞》の形を用
いる(完了不定詞)。
He is said (to have been) a famous musician.
昔は有名な音楽家だったと、今言われている
不定詞
完了不定詞
The man seems ( ? ) in a foreign country.
その人は外国に住んでいたようだ。
The man seems (to have lived) in a foreign
country.
She appeared (
?
) all her money.
彼女はお金を全部なくしてしまったようだった
She appeared (to have lost) all her money.
不定詞
不定詞を用いた重要表現
① in order to ~ / so as to ~=~するために
I often see foreign films in order to improve my
English.
私は英語力を伸ばすために洋画をよく見る
I took a taxi so as not to be late.
遅れないようにタクシーに乗った
*not の位置に注意
不定詞
不定詞を用いた重要表現
② too ~ to ・・・ = あまりに~すぎて・・・できない
/・・・するには~すぎる
He is too young to travel alone.
彼は幼すぎて一人では旅行できない
The problem was too difficult for me to solve.
その問題は難しすぎて私は解けなかった
不定詞
不定詞を用いた重要表現
③ ~ enough to ・・・=(十分に)~なので・・・できる
/ ・・・できるほど~
This camera is small enough to carry in my pocket.
このカメラは小さいのでポケットに入れて持ち運べる
不定詞
不定詞を用いた重要表現
④ 疑問詞 + to ~ = (疑問詞)~したらよいのか /
~すべきか
Tell me how to use this computer.
このコンピュータをどう使ったらよいのか教えて
When to start is not important.
いつ出発すべきかは重要ではない
不定詞
不定詞を用いた重要表現
⑤ be + to ~ = 「予定」・「義務」・「可能」を表わす
The store is to open next Saturday.
店は来週土曜日に開店する予定です
You are to hand in your report by Friday.
金曜日までにレポートを提出しなければならない
No one was to be seen in the park early in the
morning.
朝早くには公園には誰の姿も見られなかった
終
ダウンロード

文法概説(パワーポイント)