セッションB: Solar-B衛星による新しい太陽プラズマ物理学
Solar-Bとマイクロフレア研究:
コロナと光球の磁気的カップリング
清水 敏文
国立天文台・Solar-Bプロジェクト室
[email protected]
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
1
マイクロフレア現象
活動領域 至るところにて
短いコロナループのトラン
ジェントな軟X線・EUVブラ
イトニング
加熱規模:1025-1029 erg
(flare: 1029-1032)
Yohkoh/SXTでみた活動領域例
Solar-B観測標的としてなぜ重要か?

太陽大気での突発的エネルギー開放のみなもとの理解

コロナと光球の磁気的カップリングの理解
<= 小さいが、磁気的には単純かも
<= 太陽活動極小期でも頻発、統計的研究
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
2
点状マイクロフレアの研究
(Shimizu et al 1994)

光球面での足元位置の特定が可能
– コロナ下部~光球 ~2000km (3”)の不確定性
の排除

コロナ(軟X線)構造の詳細が解像できない
欠点 ただし
- 稀にX線ジェットを伴う (Shibata, Shimojo …)
- 浮上磁場モデルでの説明・シミュレーション
(Shibata, Yokoyama …)
(Shimojo et al 1998)
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
3
点状マイクロフレア: コロナと光球の磁気的カップリング
例1:9:48UT 21-June-92 NOAA 7201
Soft X-Ray
(Yohkoh)
(Shimizu et al. 2002)
10min
10arcsec
Magnetogram
(La Palma)
2~2.8km/s
5arcsec
Emerging flux (8-16x1017Mx) exists!
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
4
点状マイクロフレア 例2:
EUV intensity curve
TRACE 171A
Positive magnetic flux
~50arcsec
視線方向磁場(SST SOUP)
浮上磁場サイズ:
8arcsec(~7000km)
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
5
何が点状マイクロフレアの発生に重要な役
割をしているのか?


小さな磁場浮上が点状マイクロ
フレアのトリガーに重要な役割
をしている
(16例解析から8例、Shimizu
et al. 2002)
前から存在する磁場の特徴
(= 環境条件)

Emerging flux model
(SXR microflare and jet)
(Shibata et al. 1992,
Yokoyama 1996)
SXR
brightening
浮上する磁場の性質
– 5-30 minのタイムスケール
– 光球面に現れた直後の磁場:
磁場ベクトル(電流)・速度場
2005/03/28
Strong B
or weak B
日本天文学会2005年春季年会
Ha
Emerging bipole
6
マイクロフレア:複数ループ
複数のコロナループが同時増光
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
(Shimizu et al. 1994)
7
複数ループ増光で考えられるモデル
e.g., Heyvaerts et al. (1977)
Coalescence
of current loops
磁気リコネクション:エネル
ギー開放の基本的機構とし
て含まれる
e.g., Parker (1983)
e.g., Gold & Hoyle (1960)
日本天文学会2005年春季年会
2005/03/28
8
黒点構造とマイクロフレア

成長した先行黒点の周辺での発
生
–

Satellite Spot等の生成と関係
黒点周辺の光球面下の磁力線
の形成・崩壊の理解
TRACE
Circles: location of SXR brightenings
May 30, 1998
AR 8227 leading sunspot
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
La Palma
9
まとめ



Solar-Bとマイクロフレア研究
 コロナと光球の磁気的結びつきの理解から、突発的現象の
みなもと(エネルギー蓄積・トリガー)の理解
 極小期でも至るところで発生。統計的に。
マイクロフレア
 点状:浮上磁場を含む詳細過程
 複数ループ:キーとなる磁気的活動は?
 黒点形成・崩壊との関連
Solar-Bに期待される新しい観測
– 高い解像度
– 比較的早いタイムスケール ex., 5-30分の浮上
– 精密な偏光(Stokes Vector)測定で、イベントに含まれる磁力線のベクト
ル(電流)・運動
– 複数のラインでの観測 異なる温度・高さでの情報
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
10
浮上したての磁場の性質の理解

光球面に現れた直後の磁場:磁場ベクトル(電流)・速度場
(ASP at Sac Peak, Kubo et al., 2003)
Emerging flux bipole
2005/03/28
日本天文学会2005年春季年会
11
ダウンロード

PPT - 国立天文台