3
1
2
紙芝居まであと→ 2
4
1
3
5秒
0
国際オープンアクセス
ウィーク
2015.10.19 - 10.25
3分で分かる
「オープンアクセス」紙芝居
制作:金沢大学附属図書館
制作協力 : 兵庫教育大学附属図書館
イラスト : Tomoyo Iwamoto
この紙芝居スライドは、兵庫教育大学附属図書館広報誌Listen vol.4 に掲載された「マンガで覚えるオープンアクセス」を元に、金沢大学
附属図書館にて作成(改変・再配布許諾済)されたものを本学向けにアレンジしています。ありがとうございます。
2 / 16
2011年3月、本学の学院練太郎教授 が
世界にインパクトを与える論文を発表しました。
3 / 16
4 / 16
こういった「研究」というものは、
とかく お金のかかるもの。
今回の研究は、国からもらったお金を
使って行われました。
5 / 16
ところで、
このお金というのは、元をただせば我々の税金。
6 / 16
しかし、われわれ民衆はこの論文をタダで読めません。
米国の著名な学会誌に載ったこの論文を読むためには、
この学会誌を購読する必要があります。
7 / 16
大学などの研究機関は、研究者のために、
このような学術雑誌に高いお金を支払っています。
資金力の乏しい大学の中には、年々価格が高騰していく
学術雑誌の購読に苦労しているところもあります。
8 / 16
例えば本学では、2000年以降 この学会誌を
買っていませんので、練太郎先生は自分の論文を、
大学の図書館で読むことができません。
9 / 16
このように、研究者が研究成果に容易にアクセスしにくい
という問題がだんだん深刻になってきました。
10 / 16
評判の高い雑誌に論文が載ることは、
研究者のモチベーションにつながります。
このこと自体に問題はありません。
11 / 16
問題は、そういった評判の高い雑誌の値段が高くなって
しまい、限られた人しか読めなくなってしまったこと。
12 / 16
雑誌のブランド力を盾に、高い値段で
販売する商業出版社に対し、
「研究成果」を研究者自身の
手に取り戻そうという運動が
熱を帯びてきました。
13 / 16
それが「オープンアクセス運動」です。
オープンアクセス運動とは、
ネットを介して、学術論文等への無料アクセスを実
現する運動です。
方法としては、次の2つに大別されます。
1. ブランド力のある無料オンライン雑誌の創刊
2. セルフアーカイブの推進
14 / 16
この流れを受けて、多くの出版社が、著者が自分の論文を
所属機関のサーバなどにアップ(セルフアーカイブ)して、
無料で公開することを認めるようになってきました。
15 / 16
練太郎先生は、この論文を
東北学院大学学術情報リポジトリ に登録しました。
Tombi
TombigagaTaka
Takawo
woumu
umuwake
wakenaidaro.
naidaro.
これにより、世界中の誰もが、
この論文を無料で読むことが
できるようになりました。
※ 実在する論文ではありません。
16 / 16
本学にご所属で、学術成果の
インターネット公開を検討されている方は
中央図書館 学術情報リポジトリ担当まで
ぜひご連絡ください!
TEL: 022-264-6496
e-mail : [email protected]
ダウンロード

オープンアクセス運動 - 東北学院大学図書館