サプライ・チェインの設計と管理
第10章
サプライ・チェイン・マネジメントのための情報技術
pp.254-298
スターバックスとグリーンマウンテンのケーススタディを読ん
でおくこと!
東京商船大学
久保 幹雄
ここで学ぶこと
•
•
•
•
•
サプライ・チェイン情報技術の目標
標準化
情報技術基盤
電子商取引
サプライ・チェイン情報技術の構成要素
(企業体資源計画システムと意思決定支援
システム)
• 情報技術の導入の手順
サプライ・チェイン情報技術の目標
• 情報技術の目標
– (製造から出荷,販売に至る)情報を収集する.
– 情報へのアクセスを可能にする.
– 情報の分析し,計画を立案する.
• 目標達成のために必要な道具
–
–
–
–
標準化
情報技術基盤
電子商取引
計画のためのコンポーネント(各種システム)
標準化
• なぜ情報技術の標準化が必要か?
– ユーザーからの圧力
– 費用削減
– 規模の経済性の追求
• 例:
– サプライ・チェインの用語の統一
RossettaNet: www.rosettanet.org
– データベース ODBC (Open Database Communication)や
SQL (Structured Query Language)による標準化の仕組み
– ビデオ標準の対立(ベータマックスとVHS)
– パソコンのOS(マイクロソフト, アップル,UNIX)
情報技術基盤
• インターフェイス機器
パソコン,バーコードスキャナー,RF (Radio Frequency)タ
グ
• 通信
LAN (Local Area Network), WAN (Wide Area Network),
インターネット,GPS (Global Positioning System)
• データベース
–
–
–
–
レガシー(遺物)データベース
リレーショナルデータベース
オブジェクトデータベース
データウェアハウス,データマート,グループウェア
• システム・アーキテクチャー
電子商取引(e-コマース)
• 一方向コミュニケーション
e-mail, ftp, ブラウジング(www)
• データベースアクセス
問い合わせ,購入,荷物(商品)追跡,オークション
• データ交換
EDI (Electric Data Interchange),電子決裁
• プロセス共有
マイクロソフトVCI (Value Chain Initiative),CPFR
(Collaborative Planning, Forecasting and Replenishment)
サプライ・チェイン・マネジメント
のための情報技術の構成要素
• 企業体資源計画(Enterprise Resource
Planning: ERP) システム
• 意思決定支援システム(Decision Support
System)
– 需要計画
– 容量計画と供給計画
– 購買支援
サプライ・チェイン情報技術の
開発の各段階
• 個別部門による基礎段階:スプレッドシート
• 横断的機能チーム:個別ソフトウェア(ポイントツー
ル)
• 企業レベルの統合:企業体資源計画(ERP)システム
• サプライ・チェイン:顧客管理システム,POS(PointOf-Sales)情報を用いたデータウェアハウス
• サプライ・チェイン共同体:意思決定支援システム
(DSS)
ダウンロード

Power Point 2000 File