Hydrometeorological Array for ISV-Monsoon Automonitoring
(HARIMAU)
(海大陸レーダーネットワーク構築)
海洋研究開発機構地球環境観測研究センター
(水循環P広域水循環G、海大陸P)
京都大学生存圏研究所
北海道大学低温科学研究所
研究の目的
 インドネシア「海大陸」にレーダー・プロファイラ網を展開
 「季節内変動」等の観測を通じた「熱帯雲降水気象学」構築
Earth Observation Summit II
 Prime Minister KOIZUMI stressed the importance of cooperation among all nations and
international organizations to achieve sustainable development, the necessity of Earth
observation to cope with global issues, the significance of this epoch-making Summit and the
expectations of building the foundations for the Earth observation system of systems that
benefits our future.
 Minister KAWAMURA of MEXT, the Chairman of the Summit, appealed the importance of
adopting the Framework for a 10-Year Implementation Plan to achieve comprehensive
Earth observations, and expressed the intention of making contribution, especially in
following three areas; the global warming, the global water cycle change and the
volcanic/seismic disaster, by utilizing the innovative science technology, the acquisition and
provision of advanced and beneficial observation information and also the promotion of
capacity building for the developing countries.
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/earth/
統合的な地球観測システムの構築
“Global Earth Observation: System of Systems” (GEOSS)
↓
エビアンG8サミット
グレンイーグルズG8サミット
地球観測サミット
「地球観測の推進戦略」(内閣府総合科学技術会議)
「持続可能な開発のための科学技術
気候変動イニシアティブとしてGEOSS
[約60の国、約30の国際機関が参加]
G8行動計画」 (2003.6)
↓
の構築に貢献するため、特にアジア太平
(2003.7〜2005.2,3回)
・地球観測システムの構築
洋地域を中心に衛星から海洋、陸上に
文科省科学技術学術審議会地球観測特別部会
・世界全域を対象とした包括的な全地球
・途上国への能力開発
至る統合的な観測網の構築を推進する
観測システム(GEOSS)の構築を目標
↓
旨提案(2005.7)
<国際的な要請>
・10年実施計画の策定
地球観測システム構築推進プラン
Japan EOS Promotion Program (JEPP)
(「海洋開発及地球科学技術調査研究促進費」による競争的研究費)
<国内実施計画の策定>
テーマI (温暖化) 文科省科学技術・学術審議会
「地球観測の推進戦略」
(内閣府総合科学技術会議
・海面CO2交換(渡邊/JAMSTEC)
地球観測推進部会
2004.12)
「我が国における地球観測衛星
の開発計画とその利用について」
2005.7〜審議開始・宇治(ESTO) (宇宙開発委員会2005.7)
・(植松/東大) ・(長澤/首都大)
他1
テーマⅡ(水循環・気候変動)
・印度洋ブイ網(水野/JAMSTEC)
・海洋大陸レーダー網(山中/JAMSTEC)
<推進すべき重点課題>
・インドシナ(沖/東大)
・南アジア(松本/東大)
現場観測網の充実
データの統合的解析
衛星観測網の充実
・チベット(石川/京大)
・GPS掩蔽(津田/京大)
データ空白域を重点とした現場観測
機関を越えたデータの統合・情報
地球観測衛星による全地球的
18年度公募
(陸上、船舶、ブイ等)の充実
の融合による付加価値の創出
・継続的な観測網の充実
水資源 対流圏大気質
地球観測システム構築推進プラン(JEPPs)とMAHASRI
MAHASRI
津田JEPP=GPS
石川JEPP=チベット
IORGC広域水循環
沖JEPP=タイ
松本JEPP=南アジア
京大COE=教育
postAPEX?
THORPEX
水野JEPP=インド洋
山中JEPP=海大陸
IORGC-MISMO
特定領域CPEA
研究実施体制
(運営委員: 深尾(京大),木村(筑波大),中澤(気象研),安成(名大))
サブ課題Ⅰ(代表:橋口)
サブ課題Ⅱ (代表:山中)
「海大陸レーダー拠点観測による
対流雲の監視・生成機構解明」
「海大陸観測ネットワーク運用による
季節内変動の解明・予測」
素過程=対流雲とその集団
(数時間以下,百km以下)
主たる研究対象
(規模)
結合過程=季節内・気候変動
(1日程度以上,数百km以上)
レーダー観測そのもの
(スーパーステーション方式)
主たる研究手段
(観測方法)
各種データ結合,観測・モデル
結合 (観測ネットワーク方式)
Ⅰ-1
プロファイラ観測
実時間データ発信
Ⅰ-2
陸上対流性降水雲
レーダー観測
Ⅰ-3
海上対流性降水雲
レーダー観測
京都大学
生存圏研究所
北海道大学
低温科学研究所
海洋研究開発機構
地球環境観測研究セ
(橋口、山本)
(柴垣)(下舞)
(川島、藤吉、
大井)
(城岡、勝俣)
レーダー・プロファイラ専門家の結集
Ⅱ―1
雲クラスター
形成・変質過程
Ⅱ―2
陸面・大気相互作用
過程
Ⅱ―3
大気熱収支・
水蒸気輸送過程
海洋研究開発機構
地球環境観測研究セ
(森、濱田、櫻井)
海洋研究開発機構
地球環境観測研究セ
(伍、佐々木)
海洋研究開発機構
地球環境観測研究セ
(立花、荻野)
Ⅱ-4
季節内・気候変動励振過程
海洋研究開発機構・地球環境観測研究センター(山中、一柳、筆保)
海大陸各地での観測専門家の結集
(若手中心・緊密協力)
季節内変動によるモンスーンのオンセット
(Hashiguchi et al., 1995)
?
↑
ジャカルタの西風速 (m/s)
ジャカルタ
経
度
→
← 対流圏界面
時間・鉛直連続観測
東西風コンポジット解析
(奥田他, 2004; 未刊行)
季節内変動
大洋上
海大陸上
SST高温域
大気海洋相互作用
潜熱・吹送
東遷
経年変動
海陸間局地循環
顕熱・摩擦
静止
日変化
地球観測システム構築推進プラン(JEPP)「海大陸レーダーネットワーク構築」
Hydrometeorological Array for ISV-Monsoon Automonitoring (HARIMAU)
現地本部
JEPP観測点
JAMSTEC観測/調査地
BMGレーダー(旧式)
BMGレーダー(計画中)
他計画(京都大学)
Kototabang Observatory, Sumatera, Indonesia
Equatorial Atmosphere Radar (VHF Profiler)
Intense Rawinsonde Obs.
Boundary Layer Radar
(UHF Profiler)
Meteorological Radar
みらい
通信衛星
JEPP-HARIMAUの観測機器
C帯 (5,300 MHz)
ドップラーレーダー
(NICTより譲渡転用)
・ジャカルタ近郊?
X帯 (9,770 MHz)
ドップラーレーダー
・パダン(西スマトラ)
・北大とデュアル使用
L帯 (1,357.5 MHz)
ウィンドプロファイラー
(開発担当:京大)
・ポンティアナ(西カリマンタン)
・マナド(北スラウェシ)
・ビアク(パプア)
(京大CPEA)
FORSGC
EAR
IORGC
JEPP-HARIMAU年次計画
2005
XDR導入
2006
北大XDR移設 XDR設置
ミャンマー
ベトナム
(水野JEPP)
インド洋ブイ
MISMO
WPR-Pontianak
2007
2008
2009
NICT-CDR移設
WPR-Biak
WPR-Manado
MAHASRI-IOP
海大陸センター
BMGレーダー設置計画
EAR/BLR
HARIMAU XDR and CDR
HARIMAU Wind Profilers
BMG-AWS
地上観測網(2006~)
(Hamada et al,)
年雨量(1930~60)
JEPP5年計画終了時点の到達目標
データ自動送信システムによる海大陸レーダーアメダス
GTS, 日本
達成目標
海洋大陸版“レーダー・アメダス”
季節内変動を用いた天気予報
モンスーンのオンセット予測
ENSOなど全球気候予測に応用
熱帯雲降水気象学の構築
時間
ダウンロード

Earth Observation Summit II