JRCと学校教育
赤十字と学校現場
学校の願い
赤十字の願い
・赤十字精神の
普及
・ジュネーブ条約
の普及
・平和な世界の
実現
・赤十字運動の
理解者育成
青
少
年
赤
十
字
・自主、自立する
子供の育成
・思いやりの心
・奉仕の心
・公共心
・豊かな人間性
・生命尊重
JRCの実践目標と態度目標
(人の命と尊厳を大切にする価値観を基礎)
赤十字の精神
人道・博愛
3つの実践目標
健康安全、奉仕、国際理解・親善
3つの態度目標
気づき、考え、実行する
実践目標の内容
健康・安全
人の命と健康、尊厳を大切にするための活動
奉
仕
弱者のために奉仕し、地域社会・地域規模の
諸問題の解決に貢献する活動
国際理解・親善
友達と仲良くし、世界の問題に目を向けて、
平和な世界の建設に貢献する活動
学校経営・学校運営
学校の現状
学校の教育・目標
何を
教育諸活動・方法
何で
望ましい学校・子供の姿
青少年赤十字
どのように変えるのか
学校教育に求められるもの
今 必要なこと
・学力をつける
・心を育てる
・健康と体力
生きる力
「人間力」をつける
教育の移り変わり
教える教育
知識の注入・繰り返し
考える教育
知恵として働き、使える
平成17年12月 文部科学省
『読解力向上プログラム』
『読解力向上プログラム』の背景
2000年 2003年 2006年
科学的リテラシー
2 位
2 位
6 位
読解力
8 位
14 位
15 位
数学的リテラシー
1 位
6 位
10 位
読 解 力
情報の取り出し
解釈【読む力・聞く力】
(-35.7ポイント)
熟考・評価【考える力】
(-60.0ポイント)
表現【書く力・話す力】
『習得・活用・探求』の授業
情報の取り出し
気づき
読む力・聞く力
考える力
書く力・話す力
考
え
実行する
教育活動全般に亘って
考
え
る
教
育
為すことによって学ぶ・体験
青
少
年
赤
十
字
実行する
学校教育と青少年赤十字
学校教育
生きる力
目標 → 教育活動(具体的な活動)
理念 → 実践目標(健康安全・奉仕・国際理解親善)
青少年赤十字
気づき・考え・実行する
青少年赤十字活動のメリット
人間性の醸成
優しさや思いやりのある言動
協力者の出現
協力・協働
子どもが確実に変わる
考え方・言動
学校の方向性が
明確に
人づくりに有効
青少年赤十字を機能させるには

時間を大切に

言葉を大切に

人 を大切に
JRCで生き方を変える

心 が変われば 態度が変わる
 態度が変われば
習慣が変わる
 習慣が変われば
人格が変わる
 人格が変われば
人生が変わる
ダウンロード

JRCと学校教育