Liverpool Care Pathway(LCP)日本語版
の概要
東北大学大学院医学系研究科
緩和ケア看護学分野
宮下光令
L C P Wo r k i n g G r o u p J a p a n
クリティカル パス


定義:一定の疾患や疾病を持つ患者に対して、入院始動、患
者へのオリエンテーション、検査、ケア処置、検査項目、退院
指導などをスケジュール表のようにまとめてあるもの
歴史:1980年代後半、アメリカにおいてDRG/PPSが導入され
たことに呼応してNew England Center for Medicineで看護教
育者をしていたKaren Zanderが、もともと生産工程管理に使
われていたクリティカルパスの手法を医療現場に導入した
「Care Map」から始まっている。アメリカにおいてクリティカル
パスは1)在院日数の短縮、2)医療の質の保証、3)業務の
効率化を導入目的としているが、導入の歴史から一次的目
的は1)の在院日数の短縮にある。
LCP Working Group Japan
Liverpool Care Pathway(LCP)



Dr. John Ellershaw(Marie Curie Center
Liverpool)により2003年に提唱された看取り
のクリティカル・パスである
チェック・リスト形式のパスで、患者を看取
るまで、そして看取り後の治療とケアの手
引きとなり、経過記録を支援することを目的
として作られているIntegrated Care
Pathwayである
LCPを導入することによって看取りのケア
の標準化が図られ、必要なケアがもれなく
行われることができるようになる
LCP Working Group Japan
看取りのパス

Liverpool Care
Pathway
作成者:Royal Liverpool University および
Marie Curie Center Liverpool
参照website
http://www.mcpcil.org.uk/liverpool-carepathway/index.htm

Palliative Care for
Advanced Disease
作成者:Beth Israel Medical Center
Department of Pain Medicine and
Palliative Care
参照website
http://www.stoppain.org/services_staff/pc
ad1.html
LCP Working Group Japan
LCPの普及・教育プログラム


2004年にはThe Marie curie Palliative Care
Institute LiverpoolにThe LCP Central Team
UKが置かれ、LCPの普及、教育にあたっている。
The LCP Central Team UKにより10 Stepsの
普及・教育プログラムが用意され、このプログラ
ムによりLCPの導入から、施行、LCPに関する教
育、地域における終末期ケアのResearchが組
織的に行われている。
LCP Working Group Japan
英国におけるLCPの位置づけ
NHS end-of-life care
programme(2004年)

LCPは、 primary careと
cere homeにおける終末
期ケアの重要な
frameworkとして、位置
づけられている。
LCP Working Group Japan
Gold Standards Framework(GSF)とLCP


Primary Care settingでの終
末期ケアを総合的にサポート
するframeworkである、Gold
Standards Framework(GSF)
では、Action planの7つのKey
Taskの一つである臨死期の
ケアにおいてLCPを使用が推
奨されている
また、GSFでは特にCare
Homesでの臨死期ケアにおい
てLCPの使用が推奨されてい
る
LCP Working Group Japan
LCPの概要




看取りへのケアにおける治療の手引きを示し、経過記録
を支援することを目的としている。
チェックすべき項目は「目標」として記載されており、それ
ぞれの目標を達成するために必要な介入も記載されて
いる。
症状緩和のアルゴリズムと屯用指示が別に用意されて
おり、具体的な症状緩和について使用できるようになって
いる。
LCPはクリティカルパスであるため、治療者は専門職とし
ての判断に基づきパスが指示する以外の診療を自由に
行うことができるが、パスと異なった診療行為については
バリアンスとして記載する。
LCP Working Group Japan
LCPの構成

パスの使用基準


Section 1



Section 2


初期アセスメント
継続アセスメント
Section 3

死亡診断と死後のケア
バリアンス分析シート
症状緩和のアルゴリズム
と屯用指示





痛み
悪心・嘔吐
喘鳴
呼吸困難
鎮静
LCP Working Group Japan
LCP日本語版使用上の注意点


LCPはがん末期の看取りのためだけのパスでは
ありません。がん末期以外の疾患でも適用は可
能です。
現在、英国ではLCP ver.12が運用されています
が、LCP日本語版はLCP ver.11を翻訳したもの
です。従いまして、The Marie curie Palliative
Care Institute Liverpoolのホームページからオ
リジナルLCPの情報を得ようとすると、ver違いに
よる齟齬が生じますので、ご注意ください
LCP Working Group Japan
バリアンスについて




LCP日本語版はクリティカルパスですので、バリアンスは
集積して、解析をすることも重要です。
特にLCP日本語版はまだ未熟なパスですので、バリアン
スを分析することでパスをさらに成熟させることもこれか
ら行なっていく必要があります。
今後LCP日本語版を育てていくためにも、バリアンスの集
積、解析にご協力いただけるようお願いします。
ご協力いただける施設は、事務局または
[email protected]
LCP Working Group Japan
ダウンロード

Liverpool Care Pathway(LCP) 日本語版〜看取りのパス〜の開発