政治的選好の表明1/2
公共選択論における方法論的個人主義
社会運動とアイデンティティ・ポリティクス
政治地理学の理論と方法論 第9週
公共選択論とは
 公共的意思(政策)決定過程で有権者、政党、官僚、
圧力団体などの主体がどのように行動するか、財
政・金融・通商・選挙などに関わる公共政策がこれ
らの主体の間でどのように決まるかを経済学的に考
察する。
 納税者であり公共財の消費者でもある住民は民主
主義メカニズム(投票・請願その他の政治行動)を
通して自らの選好(集合的選択)を表明し、政府・自
治体はその選好表明に応じて財の供給の最適化を
図る(山崎1999)。
理論的前提
資源の不足→競争
方法論的個人主義
自己利害の追求
個人の合理性
個人効用の最大化
空間経済モデルと共通
選択(需要)と政治(供給)のバランス
ホテリングモデル
海岸のアイスクリーム売り→中位投票理論
ティボーモデル
「足による投票」、「退出」のメカニズム→自治
体経営の適正化
経験的・実証的妥当性
公共選択論への批判
仮説の諸前提の現実性
純粋理論→現実への接近
規範的意味の社会性
政治的消極性→積極的政治関与
方法論的個人主義
集合性・集合行為の理解につながるか?
集合行為論への展開
合理的個人は集合行為に参加するか?
合理的個人はフリーライダーとなるので、共
通の利益のために行動するよう強制その他
の方法が必要(Olson1965)。
経験的観察との乖離
利他的行動、個人的・集合的アイデンティティ
の役割
コミュニティ→場所に根ざした運動
社会運動論の系譜
社会運動
社会構造上の矛盾やその他の原因によって
引き起こされる生活要件の不充足を解決する
ためになされる、社会的状況を変革しようと
する集合的活動(片桐1993)
社会運動の展開
古い社会運動(農民・労働運動)から新しい社
会運動(反戦・女性・環境運動など)
社会運動論の二つの潮流
社会運動の分析
社会的収奪やアノミーへの注目
社会運動組織の編成・活動
→資源動員論(北米、1970年代)
運動参加者のネットワーク・アイデンティティ
→新しい社会運動論(西欧、1970年代)
資源動員論
社会運動組織の構成や活動に注目
財政的・人的資源の確保・動員
合理的選択論に立脚
参加者の合目的的行動を誘導(勧誘・参加)
→フリーライダーを出さない選択的誘引
社会運動を生起させる
政治過程や政治機会構造の研究へ展開
新しい社会運動論
古い社会運動からの「相対的」区分
社会変革より「より民主的」な社会へ
個人の合理的選択とは異なった紐帯重視
→運動のネットワークにおけるアイデンティ
ティや意味の共有
社会運動組織や政治過程から社会心理的側
面への注目
両論の補完性
地理学的アプローチ
都市社会運動
場所に根ざした運動(場所の政治)
地域差・地域性
アイデンティティ・ポリティクス
ダウンロード

第9週