時代の変化に即応した、金属運動のさらなる強化と発展の追求
グローバル化・市場経済化の進展、わが国経済・社会の構
造改革期に新しい観点での金属労働運動
①労使合意による社会的合意形成のための運動展開
②連合の部門別運営強化に向けた金属労協機能の一層の強化
(地方組織含む)
③金属労協の新たな運動展開を支える組織強化の対応
勤労者に安心・安定をもたらす雇用
をはじめとする生活基盤の確立
新たな働き方やライフスタイル確立といった
中長期観点を含め、新たなJC共闘軸のもと
雇用をはじめとする生活基盤確立
日本経済・社会の本格的再生
とものづくり産業の基盤強化
に向けた運動の展開
デフレスパイラルの危機に瀕し、
早急な経済の本格的再生のため
「ものづくり」産業基盤の維持・
強化から、今後の社会変化を見据
えた政策・制度課題の解決
①デフレスパイラルの危機から
の早期脱却と安定成長の実現
②構造的諸課題の克服など政
策・制度課題の解決に向けた
取り組みの実践
③新産業政策の実践と金属産
業・ものづくり産業の発展基盤
の確立
④COC(海外事業展開に際して
の労働・雇用に関する企業行
動規範)締結の取り組みの再
強化
①JC共闘の強化と新たな共闘軸の構築
②新たな働き方に対応したワークルールの確立
③雇用保険、年金・医療・介護などのセーフ
ティーネットの整備・強化
運動推進の
国際労働運動のさらなる強化・発展をめざした対応
5本柱
熾烈な国際競争のもと生産拠点の海外移転の増大、国境
の枠を越えた企業再編に対し、アジアをはじめとする国
際労働運動の一層の強化・発展
①IMF運動への積極的な参画とJCの主体的な運動の
推進による役割と責任の遂行
②時代の変化に対応した国際労働運動展開にあたっての
基本的な考え方の再整理
金属労協本部機能の強化と財政基盤の確立
本部機能の強化と財政基盤の確立
①各種会議・委員会の効果的配置と各産別との一層の連携による内容の充実強化
②JC事務局機能の強化と運動を支える財政基盤の確立
ダウンロード

取組の5つの柱 - 全日本金属産業労働組合協議会