星空案内人資格認定制度
について
現状をご報告もうしあげます。
柴田晋平
(山形大学・理)
星空案内人資格認定
制度運営委員会
星空案内人(星のソムリエ)資格認定制度の趣旨
豊富な知識と経験からおいしいワインを選んでくれるソムリ
エのように、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれるのが星
空案内人(星のソムリエ)です。より多くのみなさんが、星空
案内人として公開天文台・科学館・学校などで教育・指導に
あたったり地域のボランティアとして活動して下さることを期
待して、「星空案内人資格認定制度」を創りました。
※ボランティア養成のように書きましたが(もちろんそれもあ
りますが)、全国津々浦々に星空案内人がいて日常的に宇
宙を語り星を愛でる社会になることを目指しています。
天文台でガイドツアーをする人
、観望会で説明する人。
職場からの帰り、一番星をみながらそれについて語れる人。
簡単な歴史
1998年 山形大学と小さな天文学者の会の連携活
動の始まり
2003年10月 やまがた天文台が星空ガイドツアーに
よる一般公開開始。ことのときから、星空案内人制度、
認定講座仮運用開始 (大学の望遠鏡の定常的な一般公開
は難しいtenkyonet 思い出)
2004年 荘内銀行「ふるさと創成基金」により講座整
備
2006年6月 JSTモデル事業により大幅に整備
2007年4月 新制度でスタート。全国で実施できるよ
うにするための実験を推進。制度の実施団体募集中
資格制度の中身
資格認定講座の開催
単位取得
準案内人
単位取得
案内人
スタート地点に立った
(やさしい宇宙講座、はり
ま宇宙講座(4箇所平行)、
天文ボランティア 専門研
修講座+天文カレッジ+
天体望遠鏡操作講習会、
三鷹ネットワーク大学の
中)
全体を学べる講座は貴重!!
勉強したいというだけの受講も受け入れる
天文学の基礎知識
観測の知識技能
星空の文化
さあ、はじめよう
(星空観察に関する基礎知識)
望遠鏡のしくみ
(天体望遠鏡の原理および構造)
星空案内の実際
必
修
各科目について単位認定す
る。
(普及・教育活動の実践的技能)
宇宙はどんな世界
各科目は100分以上の講
義または実技講習を含む
(天文学、宇宙物理学に関する基礎知識)
星空の文化に親しむ
(星空や宇宙に関する文化的背景)
星座をみつけよう
(肉眼による観察に関する基礎技能)
望遠鏡を使ってみよう
(望遠鏡の操作および観察に関する基礎技能)
選
択
内容は講座内容要綱に準拠
する。
単位認定基準を定める。
講座の講師は運営委員会が
選任する。講座講師は当該
科目の単位を取得している
ものとする。
導入が可能になるのための3つの条件
• ニーズ(人気): (完璧)
• 星のソムリエになりたい(星や宇宙について隣人に語れた
ら、、、 )、小規模の天文台・科学館・プラネタリウム・児童
館などの職員の研修目的、観光地での案内、音楽・山岳ガイ
ドなどとのスキルとの融合(新しい参加者層が天文教育に参
画)、広域からの応募
• 容易性:
(大体OK、改善の余地あり)
• 実技科目認定の仕組みづくり、単位の管理、地域の特色を
出す方法など
• 効果:
(完璧)
• 開催地での活動の活発化、案内人が散らばって各地・各施
設でボランティアを組織、コマーシャルベースでの求人、、、、
3倍30名受講75%準案内人15%案内人
運営
星空案内人
資格認定制度
運営委員会
全
体
の
運
営
維
持
各実施単位ご
とに認定
実施単位
運営団体
運営委員
運営委員
本制度に賛同する団体
協力団体
運営団体
本制度に賛同する団体
運営委員
運営団体
本制度に賛同する団体
実施単位
第2条(運営主体)暫定
星空案内人
資格認定制度
運営委員会
全
体
の
運
営
維
持
各実施単位ご
とに認定
実施単位
現在の運営委員会参加団体
運営団体
運営委員
本制度に賛同する団体
協力団体
NPO法人小さな天文学者の会
山形大学理学部、
(山形県西置賜郡)飯豊町教育委員会、
郡山市ふれあい科学館
、
運営委員
運営団体
NPO法人三鷹ネットワーク大学推進機構
、
本制度に賛同する団体
和歌山大学宇宙教育研究ネットワーク 、
兵庫県立西はりま天文台公園
運営委員
運営団体
本制度に賛同する団体
実施単位
ご清聴ありがとうございました。
参加くださる団体を募集しています。
時間があればDVD
ダウンロード

星空案内人資格認定制度 その仕組みと実施の方法