サプライ・チェインの設計と管理
第7章
国際的なサプライ・チェイン・マネジメントの課題
pp.169-194
ウォルマートのケーススタディを読んでおくこと!
東京商船大学
久保 幹雄
ここで学ぶこと
• 国際的(グローバル)サプライ・チェインとは
• 国際的サプライ・チェインのリスクと対処法
– リスク要因(為替,現地政府)
– 戦略(投機的戦略,ヘッジ戦略,柔軟戦略)
– 柔軟戦略のために必要な機能
• 国際製品と地域製品
• 分散的自律管理と中央集中管理
• 地域(先進諸国,新興諸国,第三世界諸国)による違
い
国際的サプライ・チェインの動機付け
1.
2.
3.
4.
5.
世界市場への進出
世界的な専門知識(技術)を得るため
安価な労働力
税制の優遇
関税,国内部品調達率(ローカル・コンテ
ンツ)規制
リスクと対処法
• リスク要因
– 為替レートの変動
円高->輸入が有利
円安->輸出が有利
– 現地政府の方針
自国製品の保護,税制の変更,政府の不安定性
• 戦略
– 投機的戦略(一か八かで勝負する.)
– ヘッジ戦略(ある国での損出を別の国の利益で相殺
する.)
– 柔軟戦略(複数の国内で生産,調達可能にすることに
よるフレキシビリティで対処する;生産を1カ所にまと
めて行うことによる規模の経済性は失われる.)
柔軟戦略
• 生産の移転
為替レートや人件費の変動を生産容量を
オプションとして利用することによって吸収
• 情報の入手
各地域の市場変化の情報を入手可能
• 国際的な協調
国際市場でのライバルとの駆け引き(例:ミ
シュランとグッドイヤータイヤ)
国際的サプライ・チェインのため
に必要とされるもの
• 製品開発力
特定地域向け製品(地域ごとにタイプの異なる自動車),真に世
界的な製品(マクドナルド,リーバイス)を開発できる能力
• 購買
世界中のベンダーから主要な資材を調達できる能力
• 生産
生産を移転できる能力->情報の集中管理
• 需要管理
地域ごとの需要予測や販売戦略の集中管理(中央集中管理)
->各市場予測は地域分散的自律管理
ロジスティクス基盤の地域差
• 文化の違い
• 基盤設備
先進国(日本,米国,西欧): 完備
新興諸国(中国,台湾,ブラジル,東欧):整備中
第三世界:未整備
• 効率性,信頼性
• 情報システムの利用可能性
• 人的資源(能力と賃金)
ダウンロード

Power Point 2000 File