<宮城教育大学の特徴>
<障害学生の在籍>
以前は障害学生の在籍人数が数名程度
教員養成大学としての本学の
教育理念が、障害学生支援の
理念に直結
特別支援教育総合研究センター
の設置
全障害領域に対応できる特別支
援教育教員が揃っている
障害学生及び健常学生が自主
的かつ積極的に障害学生支援
活動を行っている
障害学生修学支援プロジェクトの発足当初
以下の障害学生が在籍
肢体不自由1名
視覚障害1名
聴覚障害4名の計6名
障害学生の増加、多様化
支援を必要とする障害学生が今後も増えることを想定・在籍中のニーズの変容も生じる可能性
障害学生に対する人的支援が学生主体のボランティア活動に依存してきた実状
障害学生修学支援プロジェクトの発足へ
<支援プロジェクトの概要>
<修学支援の実際>
:連携・連絡調整
当該障害児
教育講座教官
教育実習委員会
障
害
学
生
の
自
己
申
告
学務委員会
学生生活委員会
代表:副学長
学務主幹
教務支援室長(1名)
学生生活委員(1名)
教育実習委員(1名)
就職連携委員(1名)
特別支援教育総合研究センター(1名)
各障害グループ代表教員(各1名)
コーディネーター(特別支援教育講座教員1名)
派遣
支援学生
学外協力団体
講義担当教官への
申し入れ,留意点等の説明
講義担当教官
派遣
実習校および実習担当教官
への申し入れ,留意点等の説明
実習保障
講義保障
実習担当教官
障害学生
聴覚障害
グループ
視覚障害
グループ
肢体不自由
グループ
大学における支援
教育実習校
における支援
平成20年度は、聴覚障害7名、視覚障害1名、
肢体不自由2名の計10名が自己申請
財政上の課題(専門スタッフの設置やボランティア活動の経費措置等)
<課題> 人的な課題(ボランティアの人員確保等)
支援技術の開発とその環境整備の課題(教室内の設備等の配置や教員による資料提示・配布等)
学生支援GP事業
①
障害学生対象の啓発・研修
就職支援
教職員対象の啓発・研修
・配慮文書による通知
・手引きの配布
・障害のある学生への支援を含めた
総合防災訓練の実施
・聴覚障害学生支援セミナーの実施
(日時:平成20年2月22日)
・ノートテイク養成講座で体験談
・学生主体の運営による情報保障練習
会・反省会の実施
・総合防災訓練への参加
・聴覚障害学生支援セミナーの実施
(日時:平成20年2月22日)
↑下記URLから無償ダウンロード可能
http://prc.miyakyo-u.ac.jp/PDF/Manual.pdf
支援学生対象の啓発・研修
防災訓練の様子
・手引きの配布
・支援学生を対象にした
ノートテイクの様子
ノートテイク養成講座の実施
・学生主体の運営による情報保障練習会・
反省会の実施
・パソコン通訳入力者養成セミナー
(日時:平成20年2月18・20日)
・聴覚障害学生支援セミナーの実施
(日時:平成20年2月22日)
・復唱者・修正者養成セミナー
(日時:平成20年2月27日)
学生支援GP事業②
<従来の取組の継続>
<各障害グループの支援拡充>
本学の最重要課題
障害学生支援コーディネーター
(2名)の配置
<聴覚障害学生支援メニューの拡充>
耳には外耳・
中耳・内耳の
3つが・・・
教員
復唱者
修正者
文字表示
音声認識技術を活用した通訳システムの開発・実施
聴覚補償システムによる
支援の実施
耳には外耳・
中耳・内耳の
3つが・・・
今日は子ども
今日のレポート
課題は、来週月
曜日まで提出
要約筆記者
文字表示
入力者
文字表示
OHCによる支援・パソコン通訳による
支援の実施
字幕制作者
字幕作成システムによる
支援の実施
ダウンロード

概要 - 宮城教育大学