201212@茨城大日立
環境問題と原子力廃棄物の課題
-原子力の事故と放射性廃棄物処分ー
日本原子力研究開発機構
東海サイクル工学研究所
虎田 真一郎
地球の大気と生物の歴史
46
初期の生物
による光合
成(25~27
億年前)
地上に酸素の
環境
(10億年前)
化石燃料のエネルギー(電気)使用、CO2の増加
3
CO2排出量が少ない発電方法は?
電気はどこで使われる、いつ使われる
家庭
・夜間も家庭、産業で必要
工業・輸送
オフィス・商業
・大規模産業、輸送用の電気
原子力で日本
の~30%の電
気
・ビジネス、商業用
・一般家庭用
出典;原子力、エネルギー図面集 2010
100万KWの発電所の運転に必要なものは?
CO2が出る
CO2は僅か
放射性廃棄物
が出る
燃料(資源)
は地球上に限りがあり100~200年で尽きる
(人口100万人分の電力)
自然の広さ
自然エネルギーを発電に
水力・地熱
太陽光
風力
写真
長所
 エネルギー源が枯渇しないので永続的な利用が可能
 二酸化炭素をほとんど出さない
 昼夜年間とおして比較的安
定な電源
 ダムなどの建設で環境破壊
短所
が問題になる
 日本ではもう建設候補地が
ない(自然公園や観光地)
 自然条件に左右され発電が不安定
 設置には広大な面積が必要
 (現時点では)他の発電方法とくらべ
てコストが高い
7
原子力エネルギーの長所と短所
【長所】
 ウラン資源はリサイクルできる。(数十倍有効活用可能)
 二酸化炭素をほとんど出さない。
 集中して大きなエネルギー(電気)を発生
【短所】
 放射性の廃棄物が発生する。
 (いろんな意味で)事故が起きた場合の影響が大きい。
 社会的理解を得にくく、原子力施設の立地が進まない。
8
放射性物質を生活環境に出さない努力
ー原子力の安全確保ー
施設の中に放射性物質を閉じ込めることが大切
核燃料の製造
原子炉
使用済燃料の取扱い
放射性廃棄物
ウランのエネルギーわか
れば、廃棄物もわかる?
核分裂に伴って、多種類の放射性核種が生成
ヨウ素(I)、セシウム(Cs)はその一部。
%
何がどのくらい出来るかは、計算予
測が可能
核分裂に加えて、ウランより大きい
元素も反応によって生成
(プルトニウム、キュリウムetc.)
原子炉で使用した燃料中に、これら
の核種が蓄積
↓
燃料を使用済みとした時点で、こ
れら生成物をどうするかが課題
(廃棄物処理処分)
Kr Rb Sr Mo
I Xe Cs Ba La Ce
原子力の再処理リサイクルで分別
再処理工場では・・
再利用
原子燃料
リサイクル
U
ウラン
プルトニウム
酸(薬品)に溶
かして分ける
使用済燃料
高レベル放射性廃棄
物
(ガラス固化体)
放射能は時間とともにどう減少するか?
2kW
~200W
ガラスによる放射性元素の取り込み
酸素
ケイ素
ホウ素
ナトリウム
アクチニド
他の多くの放射性元素
ガラス固化体
ガラス原料
成 分
SiO2
B2O3
Al2O3
Li2O
CaO
ZnO
廃棄物
含有率
45.0 ~ 46.6
14.2
3.6 ~ 5.0
3.0
3.0
3.0
Na2O
P2O5
腐食生成物*
核分裂生成物
RuO2
Rh2O5
PdO
超ウラン元素
10.0
0.3
~ 3.5
10.0
0.74
0.14
0.35
~ 2.4
廃液はガラスと混ぜて溶かし、ガラス固化体に固める
容器に入ったガラス固化体
として保管
1000度以上で溶
かし、容器に流す
ステンレス容器の中の黒いガラス
なぜガラスに変えるのか
液のままだと、
こぼれる、流れる、散らばる
ガラスは、
丈夫、溶けにくい、長持ちする
固めた色はおち
ない/動かない
自然にもあって地
中に残っている
原子力発電で
ウラン
はどうなるのか?
使った
ウラン
プルトニウム
原子燃料
(発電)
300m以深
再処理工場では・・
地層処分施設
使用済燃料
高レベル放射性廃棄物
(ガラス固化体)
17
高レベル放射性廃棄物の処分方法
制度的管理
永久隔離(処分)
宇宙空間
海洋底下
地層中
極地の氷床
長期管理貯蔵
・現状施設で対応可能
・無期限には困難
・いずれ処分が必要
地層中に埋めるのが技術的・
社会的に最も現実的
・地層中以外は国際条約で禁止
何重にも囲んで動かないような対策
ー地下にガラスの固まりを閉じ込め
るー
地
下
三
百
メ
ー
ト
ル
よ
り
深
く
ト
ン
ネ
ル
地下水を防いで、廃棄物が溶け出したり、動いたりしないような対策
地層処分といいます
ガラスで固め
粘土ベントナイトで囲む 金属の容器に入れ
(厚さ19cm)
岩盤
19
地層処分の安全性を確かめるための研究
ー放射性物質の移行現象の予測解析ー
• 処分場がきちんと作れるか(工学
• 地下水はどのように流れるのか
• 岩盤や土はどのような性質をも
つのか
(どのような性質を持っているこ
とが大事か)
• 放射性物質がどれほど地下水
に溶け,どれほど岩盤や土に保
持されるか
• 放射性物質の移動がより速く
(遅く)なる可能性はあるか
• 生活環境と生物影響
移行、減衰、希釈
地下の研究と放射
性物質の研究
岐阜県瑞浪市 北海道幌延町
茨城県東海村
さらに、地下水による作用を調べるための
データを実験的にあつめる
岩
地下の圧力や熱
溶解度
地下水
核種
収着、拡散
地下水が廃棄物
に達する
地下水で徐々に溶
けて移動、拡がる
希釈、減衰
地下の廃棄物のまわりでおこる現象の研究
金属容器や緩衝材(粘土)等の長期の変化や物質の動きを研究
岩盤の長期力学挙動
緩衝材の流出・ 侵入挙動
金属容器の腐食
ガス移行挙動
緩衝材の長期力学的
変形挙動
オーバーパック
緩衝材
岩盤
オーバー
パック
緩衝材
地層処分した後の地上への放射線の影響予測
10
<参考>
・6,9mSv:X線撮影(CT検査)
・2,4mSv:一人当りの年間
1
地下1000mに4万本を
処分した場合
年
年
1万分の1
自然放射線量(世界平均)
・0,2mSv:東京-NY間飛行
・0,05mSv:原発周辺の線量
目標値
ガラス固化体はどれだけ発生するか?
原子力発電所 : 日本に53 ??基が運転
毎年約1500本
発生総量
すでに貯蔵中: (ガラス固化体で換算)
2880貯蔵保管中:
本*
1557 本* ~22,000 本**
=
2020年頃までの予測量は***
40,000 本
*:2012年9月末現在(六ヶ所:1338本,東海:247本)
http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/000000-month/low.html
**:2008年末現在***:通商産業省告示第592号(2000年)
100
canisters
日本人一人が一生に使う電気で発生
するガラス固化体の量は___ボール
3個分程度
(一生=80年とし、家庭や工場の中で利用するすべて
の電力の半分を原子力発電にする場合)
JNFL(六ヶ所)のガラス固化体貯蔵ピット
(NUMO: NUMO-TR-04-03, 2004)
23
福島原発事故による放射線の影響
・原子力施設に閉じ込めるべき放射性核種が、事故によって環境に放出された
・チェルノブイリ事故と比較して放出量・・分の1、等々の対比あるが、炉の破損、放出のさ
れ方にも依るため、 現実に環境にある量を知って対処を考えることが必要。
・原子炉内の放射性物質のうち、高温での燃料破損でガス化しやすい成分が爆発で放出さ
れた。ヨウ素、セシウムはその代表的成分。
・それ以外の放射性核種も放出はあったと思われますが、上記のガス状の成分と比べ量的
には僅かで、かつ過去数十年来の核実験で地球上に拡散したものと区別できない程度。
(ストロンチウム90/30年、プルトニウム239/24000年 etc)
【事故の経過】
3月11日 地震発生 津波
3月12日 1号機水素爆発、
3月14日 3号機爆発
3月15日 2号機、 4号機爆発火災
福島では何があった・・
原子炉建屋
U
原子の構造
核分裂生成物の発生
131
I
(ヨウ素)
90Sr(ストロンチウム)
放射性物質の放出
熱が発生
→発電に利用
水素が爆発
ガス状の放
射性成分
137Cs
(セシウム)
地震・津波
•地震で制御棒が働き→原子炉は停止
•津波のため予備の電源も止まった
→燃料を冷やすポンプも停止
•燃料が高熱になりまわりの水(H2O)を分解
→水素ガス(H2)→爆発
25
心配される放射線の健康影響について
・放射線は、熱くも痛くもないので・・・・感じない
・熱さや痛さを心配するのでなく、では心配なのは何か?
・報道される数字や単位が、ひとの健康とどう関係?
・何年もたって影響があらわれると言われるが・・・・・
放射線の人への影響について
【1年にここまでは認められる】
地下に処分した廃棄物の影響は今
後数万年でこのあたりと推定される
0.00xxmSv
放射能(ベクレル)と放射影響(シーベルト)の数字の意味
Bq
(メガ、ギガ)
ベクレルの数字は、1秒に幾
つの放射線出すかを示す。
(ボールの数)
Sv
(ミリ、マイクロ)
シーベルトの数字は、受ける
人がどれだけ影響受けたか
ボール=放射線
(痛さ、疲れ、ダメージ)
(α線,β線,γ線X線など)
さらに人の健康への影響は、 受ける人の年齢、体力、健康状態その他
で、各人さまざまに異なる(個人差)。
100mSvよりはるかに小さい放射線影響は、個人差、生活環境差に比し
てきわめて小さいといわれる
電磁波(光)の仲間の「放射線」
電離放射線
太陽光
周波数(ヘルツ)
種類
非常に大きい ガンマ線
エックス線
~nm以下
紫外線
1μm以下
可視光線
1 mm
300GHz
赤外線
10cm
3000MHz
(3GHz)
マイクロ波
10m
30MHz
電波
短波
中波
長波
30Km
1KHz
1000Hz/音波
極低周波
非常に小さい
利用例・発生源
医療
X線写真
殺菌灯
太陽光
赤外線ヒーター
衛星放送
携帯電話
電子レンジ
テレビ
FMラジオ
アマチュア無線
AMラジオ
パソコン
送電線
掃除機
冷蔵庫
ドライヤーなど
現在の放射線被ばくで考えておくこと
• 外部の放射線による被ばく
• 内部被ばく
1年間に2.4ミリシーベルト(世界平均)
•受けるひとの個人差も考慮します
に加えて、福島原子力による影響が
今後1年(8760時間)あたり○○mSv
子供ほど影響を受けやすい?(成長期)
これからの寿命が長く、影響の積重ねあり?
(事故後すぐは数字が大きいが、次第に減少)
(生涯線量の考え方)
事故の前とまったく同じ基準でないといけな
いかどうか。大人/子供の基準は!元の
生活に早く戻すこととのバランス。
放射線の影響は、遺伝子(DNA)への影響
・遺伝子は放射線以外にもその構造に影響
うけ(タバコ、薬品、食物習慣など)、その修
復機能をもっている。また複製機能で成長す
る。
・修復や、複製機能に個人差や習慣の影響
が大。放射線のがんへの影響は大人で
100mSv超えると0.5%程度(200人にひとり)
日本のがんや腫瘍の発病は、自然の状態で
も4-50%がかかる。
放出された放射性物質の影響はいつまで残る?
-土を取り除いたり、植物に吸収されなければ• 放射性物質には半減期(放射線の強さが元の量の半分まで減少するの
にかかる期間)がある。
• 福島事故により環境中に放出された放射性物質のうち、セシウム-134は
約2年、セシウム-137は約30年の半減期を有する。
放出時を1とした場合の放射能の比率
1
0.9
3-4年は134、137
両方の影響あり
0.8
セシウム-134
0.7
セシウム-137
0.6
合計
0.5
~30年たてば137の
影響だけになる
0.4
0.3
0.2
0.1
0
0
20
40
60
80
100
経過時間(年)
そのままでは、事故前の状
態に戻るまでに非常に長い
時間がかかる
放射性物質を取り除い
たり(除染)、濃度を薄め
たり(希釈)する作業が
必要
例;今問題のセシウム134と137が今後どうなるか
32
汚染の低減への対応
環境の汚染の低減と、居住環境、産業の復旧
事故サイトの安定化、
・公共施設、生活区域の除染
・原子炉の冷却の安定化
・放射性物質のさらなる拡散の防止策
・廃炉対策と破損燃料対策(放射性廃棄物)
・生活インフラの再構築
東海JAEAでのモニタ
東京電力HP(11.2)より
除染した放射性物質の最終処置
廃炉解体物、がれき、破損燃料の安定固体化
それら固体化廃棄物の最終処置(どこに処分)
最終的には、放射性廃棄物をどこにどう処分するかの社会合意つくりに収
除染モデル事業の実施と課題
(伊達、南相馬)
以下、原子力機構が実施の除染モ
デル事業(市街地、農地、山林な
ど)の知見
http://www.jaea.go.jp/fukushima/
decon04/decon04-ke.html
農地対策としての
表土固化回収や
反転など
原子力施設からの放射性廃棄物は他にもある
処分方法
余裕深度処分・浅地中処分
地層処分
ハ
ル
エンドピース
廃銀吸着材
(ヨウ素吸着)
濃縮廃液
浅地中ピット・トレンチ埋設
難燃性廃棄物
液体
モルタ
ル添加
概 要
難燃性廃棄物
焼却灰
銀吸着
材
細
断
排気
ペレット化
吸気
可燃性廃棄物
焼却灰
ゴム手袋
工程廃液
不燃性廃棄物
廃樹脂、スラッシ
イオン交換体
放射性のヨウ素
を除去する吸着
材
乾燥・ペレット
化
工具 金属配管
(セメント固化)
廃棄体
イメー
ジ
特 徴
低レベル放射性廃棄物
・発熱量が比較的大
・C-14を含む
・長半減期I-129含む
・硝酸塩を含む
・放射線レベル低いが大量に発生
41
原子力委員会放射性廃棄物処分技術検討会資料(参考)
放射性廃棄物の処分方法: 濃度/線量に応じた深さに埋設
原子力発電所
ウラン取扱・
燃料加工施設
再利用
クリアランス
以下
~2m
使用済燃料
再処理施設
地表
~10m
産業廃棄物
極低
LLW
LLW
MOX燃料
加工施設
浅地中トレンチ処分
浅地中ピット処分
比較的高い
LLW
地層処分
相当TRU
廃棄物
HLW
管
理
型
処
分
余裕深度処分
50~100m
地下300mよ
り深い地層
地
層
処
分
高レベル
放射性廃棄物
21
地層処分場調査の応募に関連する報道があった地域
2000.15
2000.10
2002.12
2007.16
北海道夕張市
最終処分に関する法律が成立
処分実施主体として、NUMOが設立
NUMOが全国市町村への公募を開始
最終処分法が改正(地層処分相当のTRU廃棄物を追加)
青森県中泊町
*TRU廃棄物(長半減期低発熱放射性廃棄物):再処理施設等から発生する低レベル放射性廃棄物。
ウランより原子番号の大きい放射性元素(TRU核種)を含む。
青森県東通村
滋賀県余呉町
福岡県二丈町
高知県津野町
岩手県久慈市
秋田県上小阿仁村
長崎県対馬市
福井県和泉村
(現大野市)
長崎県新上五島町
熊本県御所浦町
(現天草市)
高知県東洋町
(2007年1月応募、4月取り下げ)
鹿児島県笠沙町
(現南さつま市)
鹿児島県南大隅町
高知県佐賀町 (現黒潮町)
鹿児島県宇検村
福島事故と汚染拡散後の廃棄物問題解決
• 最終処分の意義、誰が何をするべきかの国民認識は?
• 原子力や放射線全般に関する知識ー何をもって安全?
(社会的に放射線・原子力と廃棄物最終処分への認識、意識は増している)
• 原子力政策は事故を踏まえ見直し議論。廃棄物対策
は是否を議論する問題ではないとの認識を!!
• 地域での問題からより広域の課題解決が求められる
(従来、国と原子力/処分場立地県自治体の課題だったが、より広い地域の関心事)
• 国と地方自治体の協議、連携と社会合意が今後も不可
欠な行政マター(原子力廃棄物、汚染除去、瓦礫等)
まとめ(放射性廃棄物の最終処置はどうする)
環境の汚染の低減と、居住環境、産業の復旧
事故サイトの安定化、
・公共施設、生活区域の除染
・原子炉の冷却の安定化
・放射性物質のさらなる拡散の防止策
・廃炉対策と破損燃料対策(放射性廃棄物)
・生活インフラの再構築
今後の原子力発電の稼働いかんに関わらず
・既に発生した原子力発電廃棄物の埋設処分
・使用済み核燃料とガラス固化体の処分
・その他、研究開発や医療からの放射性廃棄物
・既稼働の原発の廃止措置と解体廃棄物
除染した放射性物質の最終処置(どこに処分
廃炉解体物、がれき、破損燃料の安定固体化
それら固体化廃棄物の最終処置(どこに処分)
最終的には、放射性廃棄物をどこにどう処分するかの社会合意つくりに収
ダウンロード

Torata