2030年のエネルギー需給展望 1
最終エネルギー消費量
炭素排出量
2億86百万㌧×94%≒2億69百万㌧
試算によれば、レファレンスケース
(自然体)だと、最終エネルギー消
費量は、2021年にピークを迎え、
2030年では原油換算で4億25
百万k㍑とされている。
このときの一次エネルギー供給量は
原油換算で6億7百万k㍑となるが、
最終消費量4億25百万k㍑との差
1億82百万k㍑は、発電でのエネル
ギー変換や送電ロス等による。
COP3で決められた第1約束期間
(2008年~2012年)における目
標の達成は、到底不可能であるこ
とが示された。
何らかの対策が必要
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション