UPnP Forum Organization
Hiroshi Ohwada
International Standards
Planning Center
Canon Inc.
UPnP Forumの構成
524 members
(2002.10月現在)
Marketing
Committee MS
Steering Committee (20社)
Technical MS
Committee
Axis, Broadcom, Canon, GE, GlobespanVirata,
HP, IBM, Intel, Lantronix, LG, Metro Link,
Microsoft, Mitsubishi, Philips, Pioneer USA,
Ricoh, Samsung, Siemens, Sony, Thomson
Legal Canon
Committee
Sony
UCP TF
Compliance
MS
TF
Working Committees (6)
Security
Chair :Intel
Internet
Gateway
Chair :Intel
Home Automation
& Security
Imaging
Chair :Siemens
Chair :HP
Audio/Video
Chair :Philips
休止中
Basic Device
Chair : Sony
Mobile Devices
Appliances
UPnP Forumとは

概要




1999年6月設立
非営利のアソシエーツ(法人格を有してない)
メンバー数:524 (2002年10月現在)
目的



DCPs標準仕様の策定
相互接続性の検証
UPnPの推進・普及
Steering Committeeとは

構成



役割





マイクロソフト社(終身メンバー)と、Forumメンバー
の投票により選ばれた19社(計20社)からなる。
任期2年(毎年、半数を改選)
Working Committeeの設立とその監督
DCPsの最終承認
メンバー/公衆とのコミュニケーション
Forumの運営、マーケティング、ロゴ認証プログラ
ムの管理
5つのsub Committees

SCメンバーからなる
Steering Committeeの
sub-committees
Marketing Committee
UPnPの普及・推進の検討
Technical Committee
技術的問題点の検討
Legal Committee
法的問題点の検討
UCP TF
UCPのテスト方法の検討
Compliance TF
デバイス認証プロセスの策定
UICの設立へ
Working Committeeとは

構成

Chair/co-Chair


メンバー


Forumメンバーであれば誰でも参加できる
役割




Steering Committeeによる承認が必要
Device Control Protocols (DCPs)の策定
サンプル実装
テストスイートの策定
現在、6つのWorking Committeesが活動中
Working Committees
DCPの種類
Internet Gateway Device
ゲートウェイのデバイス/サービス
の策定
Home Automation & Security
空調、照明、シャッタ、ブラインド
等のデバイス/サービスの策定
Imaging
プリンタ、スキャナ等のデバイス
とサービスの策定
AV
メディアサーバ、メディアレンダラ
のデバイスとサービスの策定
Security
個人認証とデータの暗号化を規
定
Basic Device
標準サービスを有しないデバイス
(ベンダは固有サービス策定可)
WCが策定する仕様の範囲
UPnP Vendor Defined
UPnP Forum Working Committee Defined
各WCが策定する
部分
Printer Scanner Gateway
DCP
DCP
DCP
AV
HA
…・・
DCP
DCP
…・・
UPnP Device Architecture Defined
Addressing
Discovery
Description (Device/Service Template)
Control
Eventing
Architecture
SSDP
GENA
HTTPMU
SOAP
SSDP
(Control)
HTTPU
(Discovery)
(Discovery)
HTTP
(Description)
TCP
UDP
IP
HTTP
GENA
(Events)
DCP策定プロセス
(Steering Committee)
(Working Committee)
仕様(DCP)策定
-実用的なシナリオの特定
-デバイスクラスの特定
-Working Committees
の設立
サンプル実装
テストスイート策定
No
-標準として発行
-WCの解散
Yes
10日間
の検討
(Steering Committee)
45日間のレビュー
(UPnP Forumメンバー)
仕様策定進捗状況 (v1.0)
Template
Design
Complete
Sample
Implement
Forum
Review
SC
Publication
Approval
WC
Device/Services
Internet
Gateway
Internet Gateway Device ・
WAN/LAN...
Nov/01 Done
Printer/PrintBasic
Aug/02 Done
Imaging
A
Sep/02 Done
Scanner/Scan,EA,Feeder
Home
Automation
A
B
Jul/02
C
Jul/02
D
AV
Media Server/Renderer
・ContentDirectory
・ConnectionManager
・RenderingControl
・AVTransport
BasicDevice
Basic Device
Security
A
Jul/02Jul/02 Done
UPnP Forumへ入会するには

入会手続き





UPnP Forum Membership Agreementにサイ
ンする
Member Registration Formに記入する
入会費・年会費は一切なし
法人・アソシエーツ・個人が入会可
義務


相互接続性を意図的に妨げる目的のためだけの
実装は行なわない
IPR Policyに従う
IPR Policyとは

特許権(必須の特許)


Member Input(MI)を提出するメンバーの特許権
Forumメンバーに対してRAND-0でライセンス
Member Inputを提出しないが、他のメンバーによ
り提出されたMember Inputに関する特許権
Forumメンバーに対してRANDでライセンス
MI
A社
RAND-0
B社
DCP
RAND
C社
RAND:
非差別・妥当な条件
RAND-0:
RANDでRoyaltyは
ゼロ
UPnP Forum入会のメリット

DCP仕様策定に寄与できる

DCP仕様へのearly-accessが可能

メンバーのもつ必須特許を妥当・非差別の条件でライ
センスを受けることができる

Deviceの認証を受けるにはメンバーであることが必須

さらにUICメンバーになる必要あり

UPnP Forumメンバーとして各種ショウでの製品展示
が可能

同業/異業種メンバーとの意見交換ができる

入会費・年会費が不要
UPnP Membership Agreementの修正

V2 Architectureの策定プロセスを追加



2002年10月に修正された
Steering Committeeの下に設置された
Architecture Committeeでv2の策定を行う
Architecture Committee


SCメンバーから選出される(up to 7)
V2仕様は、 Architecture Committeeの全会一
致の賛成と、Steering Committeeの3/4の賛成
により承認される
キヤノンの活動実績

Steering Committee


Steering Committeeのsub Committees


Legal Committeeのchairを務め、法的問題の解
決に寄与してきた
Working Committee



設立(1999.10)以来、SCメンバーとして、Forumの
運営に寄与してきた
プリンタ、AVの仕様策定に寄与してきた
Scanner sub-Committeeのchairを務め、仕様
策定に寄与してきた
UIC

Vice Presidentを務める/UIC設立に寄与してきた
For the interconnected lifestyle
ダウンロード

UPnP Forum Organization