複合情報検索による体系的な情報収集
•12回目複合情報検索による体系的な情報収集
12-1 学習到達目標
3
12-2 複合情報検索の進め方
12-3 情報収集量
•13回目複合情報検索
13-1 .課題の概要
13-2 EBSCOhost の使用方法
13
26
•14回目情報検索まとめ
14-1 情報検索の留意点
14-2 情報のまとめかた
14-3 DBの利用
31
42
1
課題3
• 信頼性の記述
– 早期提出50% 中間提出80%
後期提出90%
– 常に考慮することが重要
• コピー/ペースト内容
– 23検索エンジンの特徴
– 23-1とにかくスピードが早いです。検索結果は他のページ
よりの被リンク数が多いページほど重要なページと評価し
て上位に表示される。リンク逆探知機能がついている。登
録以前の問題として他のページの被リンク数が多いほど
上位に表示されるので、多くのページにリンクを入りする
必要がある。被リンク数により表示の順序が決められる
が、重要なページページからリンクされているほどポイン
トが高い。
– http://www.cc.mie-u.ac.jp/~la20100/senjin1.htm
– 授業で現在はドメインのウエートが高いと説明
気になった表現
• 24-5)Googleとyahooしか使ったことがなかったので
ASKを使うことができてためになった。
– Googleとyahooは日本語なら同じもの
– Googleではブログが上位
• リンクが張られているので信頼度が高い
– バックリンクとは異なります
• 検索して二番最初に出てきたサイトのため信頼でき
る
– 前頁のコピーしたページは1位表示←AC.JPなので一位!
• GOOGLE 翻訳
– http://www2.epa.gov/sunwise/health-effects-uv-radiation
• 内容が抜けている
– 21-1
1Energy collective
http://www.theenergycollective.com/kgrandia/216601/ 化
石エネルギーを使うことによっておこる問題が書いてある
。書いた人の顔や名前、詳細情報が載っていたため信頼
度が高い。
• 内容が書けている
– 16-1 http://www.afpbb.com/articles/-/3032306 AFPニュ
ースであるため信頼度は高い
11月21日 AFP】世界人口の約3割にあたる21億人あまり
は過体重か肥満であるとの調査報告書が20日、発表さ
れた。この数字は2030年までにさらに増加することが予
想されるという。報告書では、世界中の人々のウエストを
細くする助けになるとする74の介入策が示されている。推
奨されるものとしては、ファストフード一食分の分量制限、
親への啓発活動、学校や職場への健康的な食事の導入
などが挙げられた。
12回.複合情報検索による体系的情報収集
12-1.[学習到達目標]
① 適切な情報源を選択できること
•
情報源に合わせたデータベースが選択できること。
② 基礎知識を得て課題を設定できる
③ グループで効果的に作業できること
•
•
目的・目標を共有できる
各自が並行して情報収集/整理/加工を矛盾なくできる
④ 複数の情報源から得た情報を基に考えられる
•
•
新しいアイデアを創造できる。
問題点を明らかにし解決策を考えることができる
⑤ 英語の情報も情報源と認識できる
到達目標
①適切な情報源とデータベースが選択できる
• 体系的情報収集
– 複数の情報源から体系的に情報を収集する
– 情報源に合わせたデータベースが選択できる
• 図7から情報源を推定
– 図書情報
– 雑誌記事情報
– 学術情報
– 新聞記事情
– Web情報
– 英語情報
6
図7 (P20)
知識
(狭義)
(
大
系
化
)
専門図書
一般図書
雑誌記事
遡及情報
新聞記事
遡及情報
情報
(狭義)
特許
専門雑誌
新聞記事
一般雑誌記事
データ
(狭義)
(
個
別
化
)
Web情報
統計データ
(速)
分/秒
(遅)
週・日
s
月
年
7
到達目標
②基礎知識を得て課題を設定できる
• 基礎知識の必要性の認識
• 検索課題の設定に必要
– 検索内容を、200 ~400 字程度の文章で表現する。
– 昨年登録された1課題を選定し、基礎知識を得て内容を
推敲する。
– 予備調査の必要性
• 目的・目標の修正
– 基礎知識を得て修正する
– あいまいだと情報の整理・加工・分析・活用ができない
8
予備知識と基礎知識
• Web情報から予備知識の取得
– 情報検索のために必要な予備知識
– 検索エンジンでWeb情報を検索し概要を把握する
– ドメイン名go.jp, gov, ac.jpなどのサイトを利用
• Web情報から得ることが困難な体系的な基礎知識
– 幅広い範囲を対象とする基礎知識
• 断片的なWeb情報から得ることは困難
– 図書の利用
• 入門書など
– 雑誌の利用
– 百科事典の利用
9
到達目標
③グループで効果的に作業できる
• グループ作業
•
•
目的・目標を共有できる
各自が並行して情報収集/整理/加工を矛盾なく
できる
• 情報リテラシーの一部
– 人あるいはグループのメンバーとして、
特定の目的を達成するために情報を効果
的に利用できる
– Information Literacy Competency Standards for Higher
Education,Association of College & Research, 2000
10
到達目標
④収集した複数の情報源から得た情報を基
に考えることができる
• 複数の情報源の利用
– 新しい視点を見出す
• 過去の情報から、将来を考える
– 既存の情報から現状を把握する
– 問題点を明らかにし解決策を考える
• 既存の情報を使い新しいアイデアを創造する
– 収集した情報と知識を使用できる
(論拠に基づいた論理的な思考・推論)
11
到達目標
⑤英語の情報の重要性が認識できる
• 学術文献情報
– 事実は世界共通
– 重要な情報は英語で発表される
• 英語が世界の標準語
– グローバル化
– ニュース・経済情報
• 課題の実施にあたっても英語学術文献情報
を含めることが好ましい
12
12-2 複合情報検索の進め方
•
用紙1の完成
1. グループメンバーの確定
2. これまでの課題で設定したテーマと検索結果をグルー
プで共有する。
•
用紙2の完成
1. 検索課題の設定用紙(グループで1枚)
2. これまでの成果を踏まえてグループの課題を全員で話
し合って,グループで1課題を設定する。これまでの検索
課題と一部重複しても可。
3. 幅広い情報源を扱うので、ある程度の基礎知識がある
分野で、さらに知識を深めたいような課題が好ましい。
13
進め方(その2)
• 用紙3の完成
– 全ての情報源から情報を収集する。
– UP項目10-1,2,3が重要
– 10-1情報源の順位と順位を付けた基本的な考
え方(どのように順位をつけたか)
– 10-2課題に対する情報源別の情報収集目標点
数を配分した基本的考え方。
– 10-3情報源毎の情報収集予定点数とその総合
計点(合計は3人で70点以上)
•評価の際はこの項目を重視するのでメンバー間で良
く話し合って記述する。
– 課題により情報源のウエートが異なるはず
14
進め方(その3)
作業の着手
1. 用紙1,2,3の完成
2. 目的と目標を全員で再確認
3. スケジュールを確認
用紙2
収集した情報の共有日
用紙3
–
4. 情報共有日に収集した情報を共有する
5. まとめは個別に行い、個人別にレポートを提出
–
–
同じグループメンバーでもレポート内容は異なる
共有した情報部分のみ同じ内容
15
12-3.【情報収集量】
1. 情報収集点数
2. 収集する情報量
16
①.情報収集点数
• 図書情報【Books, WebCat PLUS, NDL-OPAC】
1冊10点
– まとまった基礎知識や専門知識を得る
• 雑誌記事情報【NDL-雑誌記事索引, 日経BP】 1記事5点
– 図書より新しいまとまった専門的な情報を得る
• 新聞情報【朝日新聞, 日経新聞】
1記事1点
– ニュースを遡及検索する
• 学術文献情報
– CiNII
1記事5点
– EBSCOhost (英語文献情報)
1記事10点、
• Web情報
– 現在のデータや情報を収集する
1日本語サイト0.5点
17
②.収集する情報量
• 2015年度
– 3人 70点
– 2人 55点
– 1人 40点
– グループ作業の
調整時間を配慮
2014年度
3人 60点 20点/人
2人 60点 30点/人
1人 40点 40点/人
グループ作業の調整
時間を配慮
2013年度
3人 90点 30点/人
2人 80点 40点/人
1人 50点 50点/人
18
参考1
表7 情報の概念的分類 P18
情報の種類 定義
データ(狭
義)
情報の具体例
事実・事例を記述したWeb
数値などの断片的情報、
特定の目的に対し評価 情報、実験結果、調査結果、
できない情報
統計値、データ集
特定の目的に対し評価 雑誌記事情報、学術文献情
情報(狭義) されたデータ、価値が 報、多数の関連する新聞記
判断できる情報
事の集合、時系列情報
将来一般的に使用でき
るもの
知識(狭義)
教科書や図書情報
情報が体系化されたも
の
19
参考2
表8 情報の種類と情報源の特性P19
情報の
情報源
体系化 情報発信
種類
知識
図書情報
年
(狭義)
一般雑誌記事
体系化 遅い 週
情報
情報
↑
↓
月
(狭義) 学術文献情報
↑
↓
旬
新聞記事情報
↑
↓
秒
↑
↓
個別化 早い 分
データ Web情報
時
(狭義) 実験/調査結果
間
日
経済的 資産的
価値
価値
小
↓
↓
↓
↓
大
大
↑
↑
↑
↑
小
20
参考3
情報検索と基礎知識
• 業務のための情報収集
– 検索課題に関する基礎知識は日常業務を通して習得
– 目的や目標、キーワードも明らかな場合が多い
• 大学などの学習の場における情報収集
– 新しい知識を得ること自体が目的
– 事前にある程度基礎知識を得る必要
• 基礎知識は情報収集の全ての段階で必要
–
–
–
–
キーワードの選択、
情報収集の目的と目標の設定
専門的な情報の理解
情報の評価
21
参考4
• 「検索課題」、「検索内容」
– 理解を統一して情報収集を行う
• 理解が異なると情報収集結果が使えな
– グループの全員のレポートで同じ内容
• 「目的」、「目標」
– 目的目標は個人で異なっても可
・収集点数
・英語文献情報
・課題の設定確認
・締め切り
120→90点→60点→70点
2012 2013 2014 2015
必須→選択
必須→任意
7月25日
22
12回 まとめ
• 複合情報検索による体系的な情報収集
– 12-1 学習到達目標
3
– 12-2 複合情報検索の進め方
– 12-3 情報収集量
• 用紙1,2,3の作成
23
次週まで
• 用紙1,2,3の完成
• 分担部分の情報収集
24
ダウンロード

体系的な情報収集_ir12