DNSを「きちんと」設定しよう
民田雅人
WIDE Project
DNS DAY - Internet Week 2002
はじめに


ネームサーバーのおさらい
ネームサーバーの設定


主に、BINDで運用する場合の注意点
セカンダリーネームサーバーを
運用する上で注意点
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
2
ネームサーバーのおさらい
DNSの復習


DNS(Domain Name System)は、
サーバーとクライアントから成り立つ
ネームサーバー

専用のサービスプログラム


named(BIND), tinydns(djbdns),
MicrosoftDNS(Windows), etc…
リゾルバ


ライブラリ
サービスプログラム
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
4
2種類のネームサーバー(1)

管理しているドメインへの問い合わせに答える



www.example.jpのIPアドレスは10.100.200.1
10.20.30.40のホスト名はftp.example.jp
上位ドメインに登録するネームーサーバー
% dig example.jp ns
;; ANSWER SECTION:
example.jp. 1D IN NS ns0.example.jp.
example.jp. 1D IN NS ns1.example.jp.
;; ADDITIONAL SECTION:
ns0.example.jp. 1D IN A 10.10.10.10
ns1.example.jp. 1D IN A 192.168.10.10

以下「ドメインサーバー」と呼ぶ
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
5
2種類のネームサーバー(2)

クライアントの要求により検索を行う






www.example.jpのIPアドレスはいくつ?
IPアドレスが10.20.30.40のホスト名は?
/etc/resolv.confでnameserverに設定
DHCPサーバーでクライアントに配布
結果をキャッシュしてトラフィックを削減
以下「キャッシュサーバー」と呼ぶ
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
6
ドメイン・キャッシュ
それぞれのサーバーの区別

BINDは明示的な区別が無い


namedで両方を兼用
WindowsのDNSサーバーもBINDと同様


BINDを元にWindows用に変更?
djbdnsは別のプログラムとして実装



tinydns – ドメインサーバー
dnscache – キャッシュサーバー
兼用はできない
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
7
ドメイン・キャッシュ
兼用ネームサーバー

BINDで極めて多い設定(Windowsも?)




便利だから?
そういう設定例ばかりだから?
resolv.conf の設定がわかりやすくなるから?
キャッシュ情報管理の問題



検索結果のキャッシュによるメモリ肥大
キャッシュした情報がゾーンに混ざる可能性
ドメインサーバーに影響が出る可能性
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
8
第三者の
キャッシュサーバーの不正利用


普通に使われて必要なドメインを検索するなら
ほとんど問題は発生しないが…
不正にドメインの検索を大量に行われる


負荷の増大
キャッシュの増大



BIND9ならキャッシュメモリに制限をかけられるけど…
プログラムの穴を突く可能性もありうる
いずれもDOS攻撃につながる

兼用の場合、ドメインサーバーへ影響
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
9
Cache Poisoning

キャッシュサーバーへの不正情報の注入

example.gr.jp側でexample.jpへのいやがらせ
www.example.gr.jp NS ns.example.jp
ns.example.jp
A
1.2.3.4

dig @<nameserver> www.example.gr.jp
;; AUTHORITY SECTION:
www.example.gr.jp. 1D IN NS
;; ADDITIONAL SECTION:
ns.example.jp.
1D IN A


ns.example.jp.
1.2.3.4
結果を鵜呑みにするキャッシュサーバー
古くから知られている問題

過去のBINDでは確実に問題が発生する
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
10
BINDを設定する
ドメインサーバーと
キャッシュサーバーは分離する

広く指摘されている運用TIPS


キャッシュサーバーにトラブルがあっても
ドメインサーバーを守る


「DNS and BIND」にも記述がある
あるいはその逆もある
djbdnsではもともと分離する設計

セキュアなアプローチ
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
12
BINDでのドメインサーバー



named.confで
自ドメインのみを記述
recursion no;
fetch-glue no;



BIND9では常にno
hint情報不要(zone
“.”)
セカンダリは、zoneの
記述が変わるだけ
DNS DAY - IW2002
options {
...
recursion no;
fetch-glue no;
...
};
zone "example.jp" {
type master ;
file "example.jp.zone" ;
};
DNSを「きちんと」設定しよう
13
BINDでのキャッシュサーバー




recursion yes;
hint情報が必要
allow-queryでアクセ
ス制限して第三者に
不正に利用させない
127.0.0.1 (localhost)
の情報も加える。

::1もお忘れなく。
DNS DAY - IW2002
options {
...
recursion yes;
allow-query { 10.0.0.0/8 ; };
...
};
zone "." {
type hint;
file "named.root";
};
zone "0.0.127.IN-ADDR.ARPA" {
type master;
file "localhost.rev";
};
DNSを「きちんと」設定しよう
14
1台でキャッシュサーバーと
ドメインサーバーを運用(1/3)

namedプロセスを2つ起動する


但しBIND9はv6 を有効にすると1プロセスのみ
listen-on-v6 {any;}; のみ機能 → 将来修正される(?)
ドメインサーバー用/etc/named.conf
options {
...
recursion no;
fetch-glue no;
listen-on { 10.10.10.1 ; } ;
...
};


listen-onでサーバーのIPアドレスのみ
/etc/resolv.confでは“nameserver 127.0.0.1”
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
15
1台でキャッシュサーバーと
ドメインサーバーを運用(2/3)

キャッシュサーバー用/etc/cache.conf

named –c /etc/cache.conf で起動
options {
...
pid-file
"/var/run/cache-named.pid" ;
listen-on { 127.0.0.1 ; } ;
...
};
controls {
unix "/var/run/cache-ndc" perm 0600 owner 0 group 0;
};

127.0.0.1だけなのでアクセス制限は不要
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
16
1台でキャッシュサーバーと
ドメインサーバーを運用(3/3)

dump-file, memstatistics-file,
statistics-fileにも注意
2つのnamedプロセスで上書きの可能性があ
るため一方を名前を変更する
 例 (BIND8の場合)
dump-file
"cache_dump.db" ;
memstatistics-file "cache.memstats" ;
statistics-file
"cache.stats" ;

DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
17
設定の確認

dig @10.10.10.1 example.jp ns

;;flags に注目



dig @10.10.10.1 <適当なドメイン名>


管理ドメイン以外は検索できないのを確認
dig @127.0.0.1 <適当なドメイン名>


;; flags: qr aa rd; なら正常
;; flags: qr aa rd ra; なら recursion yes ; のまま
正常に検索できるか
可能なら、自ネットワーク外から動作チェック
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
18
やむを得ず
1プロセスのnamedで兼用


再帰的検索は管理対象
ネットワークのみに制限
管理するゾーンへの問い
合わせは何処からでも
options {
...
allow-query {
localhost ;
10.0.0.0/8 ;
};
...
};
DNS DAY - IW2002
zone "." {
type hint;
file "named.root" ;
};
zone "0.0.127.IN-ADDR.ARPA" {
type master ;
file "localhost.rev" ;
};
zone "example.jp" {
type master ;
file "example.jp.zone" ;
allow-query { any; };
};
DNSを「きちんと」設定しよう
19
キャッシュサーバーに
加えるべき逆引きゾーンの設定

Private Address Space - RFC 1918


10.0.0.0/8, 172.16.0.0/12, 192.168.0.0/16
IPv4 Link-Local Address

Dynamic Configuration of IPv4 Link-Local
Addresses



draft-ietf-zeroconf-ipv4-linklocal-07.txt
169.254.0.0/16
特にISPのネームサーバー担当の方は是非!
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
20
キャッシュサーバーに加えるべき
逆引きゾーンの設定例

named.conf

zone "10.in-addr.arpa" {
type master; file "dummy.zone";
zone "16.172.in-addr.arpa" {
type master; file "dummy.zone";
.......
.......
zone "31.172.in-addr.arpa" {
type master; file "dummy.zone";
zone "168.192.in-addr.arpa" {
type master; file "dummy.zone";
zone "254.169.in-addr.arpa" {
type master; file "dummy.zone";
DNS DAY - IW2002
};
dummy.zone


};
};
};
};
SOAとNSを記述
他は不要
$TTL 1D
@ IN SOA ns.example.jp.
root.example.jp. (
1
1H
15M
1W
1D )
IN NS ns.example.jp.
DNSを「きちんと」設定しよう
21
BINDをよりセキュアに(1/2)

ゾーン転送可能なホストを制限する


セカンダリー以外は転送できないように
optionsやzoneにallow-transfer
zone “xxx.zone” {
... allow-transfer { x.x.x.x ; y.y.y.y ; };
};


BIND8まではゾーン転送はforkで実装されている
named –u bind ......


bind というnamed専用ユーザーを用意し
その権限で起動する
万が一、named経由で侵入されたときへの備え
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
22
BINDをよりセキュアに(2/2)

chroot環境でnamedを動かす


named –t <chrootディレクトリ>



named経由で侵入されたときへの備え
設定は少々手間がかかる
Rob‘s DNS Data Page
http://www.cymru.com/DNS/ の
Secure BIND Template に設定例
djbdnsはchroot環境下で動作する
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
23
ルータでのacl や IDS

ネームサーバーへのacl



IDS



設定するのはかまわないけど…
動作が妨げられない程度に
正常なパケット侵入と検出したりしない
語検出によって、しなくてもいい問い合わせ
生半可な設定は世間へ迷惑

設定した本人も余計なコストがる
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
24
ゾーンファイル

一般的な注意






NS RRに記述してあるドメインは、
上位に登録しているドメインと一致しているか


SOAの各フィールドの値は適正か
NSの値の指すものがCNAMEになっていたりしないか
MXの値の指すものがCNAMEになっていたりしないか
MXの値がIPアドレスになっていたりしないか
不必要にCNAMEを多用してないか?
不一致でも動作することも多いが、
不具合になることもある
自ドメイン外の情報を記述していたりしないか
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
25
セカンダリーネームサーバー
セカンダリーの誤解



セカンダリーネームサーバーは
プライマリーネームサーバーが
停止したときのための予備である
プライマリネームサーバーが動いてる間は
セカンダリーネームサーバーは働かない
大きな誤り!
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
27
セカンダリーは予備では無い!

稼動中はマスターネームサーバーと同じ



常時マスターネームーサーバーと
同じデータを保持する
常時クライアントからの問い合わせがある
プライマリとの違いはゾーンデータを
プライマリからコピーすること

ゾーン転送
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
28
よくあるモデル
専用線接続のエンドユーザー
ISPによるセカンダリ
ネームサーバー
ns.example.jp
www.example.jp
インターネット
ユーザーサイト
プライマリネームサーバー
ns.provider.dom
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
WWWサーバー
29
専用線にトラブル発生!




専用線(or その接続ルータ)トラブル
www.example.jpへのアクセス不能
ns.example.jpへのアクセス不能
ns.provider.domがあるので
www.example.jpのIPアドレスは検索可能

しかしながら、その意義は?
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
30
セカンダリーの効果的配置

「セカンダリーネームサーバーは絶対必要」
というのはウソである


用意するなら違うネットワークに配置する


純粋に負荷分散目的なら同一ネットワークもありうる
第三者(接続先プロバイダ等)に任せるなら
十分信頼できるところへ


もちろんプライマリーを一時停止する場合には役立つ
プライマリがセキュアでも、セカンダリが…
セカンダリサーバーの情報が
正常かどうかを、必ず確認する
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
31
まとめ


「なんとなく動いてる」ではいけません
古き良き時代は終わりました


アクセス制限しなくても問題は発生しない
キャッシとドメインサーバー兼用している



メールサーバーのオープンリレーと同じ話
過去の遺物に頼っていてはいけない
今一度、自分の管理してる
ネームサーバーの点検を
DNS DAY - IW2002
DNSを「きちんと」設定しよう
32
ダウンロード

DNSを「きちんと」設定しよう