高流動コンクリート(補足)
コンクリート工学研究室
岩城 一郎
高流動コンクリートの製造(実験室)
各種漏斗の外観および寸法
O漏斗
V漏斗
230
150
150
465
425
490(500)
単位:mm
75
65
(75)
( )内数値は吐出口75mmの
場合の寸法を示す.
高流動コンクリートの間げき通過性試験方法
高流動コンクリートの間隙通過性試験(現場)
高流動コンクリートの施工現場
高流動コンクリートの配合設計手順(粉体
系) 使用材料の選定
粗骨材の最大寸法,単位粗骨材量の設定 Gmax=20mm,G=900kg/m3
単位水量,水粉体比,単位粉体量の設定 W=170kg/m3,W/P=0.33,
P=510kg/m3
単位細骨材量の設定
S=800kg/m3
高性能(AE)減水剤の添加量の設定
SP=P*1.5%
初期配合の設定
試し練り
フレッシュ時の要求性能を満足するか
NO
配合の修正
(または使用材料の変
更)
YES
硬化過程・硬化後の要求性能を満足するか
YES
示方配合の決定
NO
配合の修正
(または使用材料の変
更)
各種高流動コンクリートの配合表の比較
粉体系高流動コンクリート
粗骨材
の最大
寸法
(mm)
20
自己充 目標スラ V漏斗
てん性 ンプフ 流下時
のラン
ロー
間
ク
(mm)
(秒)
2
650±50
7-13
水結合 水粉体 空気量 単位粗
材比 容積比 (%) 骨材絶
(%)
(%)
対体積
(m3/m3
)
29.8
81.2
6.0
0.307
単位量(kg/m3)
水
W
セメ フライ 細骨材 粗骨材 高性能 AE剤
S
G
AE減 (g/m3
ント アッ
C
水剤
)
シュ
FA
156 304
220
740
827
8.38
135.5
増粘剤系高流動コンクリート
粗骨材
の最大
寸法
(mm)
20
自己充 目標スラ V漏斗
てん性 ンプフ 流下時
のラン
ロー
間
ク
(mm)
(秒)
2
650±50
7-13
水結合 水粉体 空気量 単位粗
材比 容積比 (%) 骨材絶
(%)
(%)
対体積
(m3/m3
)
40
128
5.5
0.325
単位量(kg/m3)
水
W
セメ 混和材 細骨材 粗骨材 高性能 増粘剤
S
G
AE減
ント
C
水剤
175 430
-
790
827
8.6
8.0
併用系高流動コンクリート
粗骨材
の最大
寸法
(mm)
20
自己充 目標スラ V漏斗
てん性 ンプフ 流下時
のラン
ロー
間
ク
(mm)
(秒)
2
650±50
7-13
水結合 水粉体 空気量 単位粗
材比 容積比 (%) 骨材絶
(%)
(%)
対体積
(m3/m3
)
33
93.0
4.5
0.313
単位量(kg/m3)
水
W
セメ フライ 細骨材 粗骨材 高性能 増粘剤
S
G
AE減
ント アッ
C
水剤
シュ
FA
170 360
155
758
825
9.01
1.0
各種高性能コンクリートの関係

共通の条件
- 水セメント比の低減
- 高性能(AE)減水剤の使用
- 混和材の使用
・ 高炉スラグ微粉末
・ フライアッシュ
・ シリカフューム等
自己充てん型高強度
高耐久コンクリート(S.Q.C)
・設計基準強度60-100MPa
・設計性能保持期間100年
・予定供用期間300-500年
高強度
コンクリート
高流動
コンクリート
高耐久
コンクリート
自己収縮,
水和熱の抑制
自己充てん型高強度高耐久コンクリートの一例


要求性能
- f’ck=80N/mm2
- 寒冷地の腐食性環境:耐用年数100年(かぶり50mm)
- 自己充てん性を有する高流動コンクリート:所要の流
動性,粘性,間げき通過性を満足
配合条件
- 低熱ポルトランドセメント,シリカフューム使用
- W=160kg/m3,W/B=25%,SF/B=10%,SP=B*1.5%,
Air=4.5%,単位粗骨材絶対体積 0.300m3/m3
粗骨材
の最大
寸法
(mm)
20
自己充 目標スラ V漏斗 水結合 水粉体 空気量 単位粗
てん性 ンプフ 流下時
材比 容積比 (%) 骨材絶
水
(%)
(%)
のラン
ロー
間
対体積
ク
(mm)
(秒)
(m3/m3
W
)
2
650±50
7-13
25.0
76.0
4.5
0.300
単位量(kg/m3)
セメ シリカ 細骨材 粗骨材 高性能 AE剤
ント フューム
AE減 (g/m3
S
G
水剤
)
C
SF
160 576
64
740
827
9.60
128.0
ダウンロード

高流動コンクリート