2008/6/3
プログラミング入門第4回
~レゴロボットのプログラミング3~
高畠俊徳,小林
二宮 洋,鈴木
学
誠
[email protected]
[email protected]
[email protected]
[email protected]
1
0 来週からの講義の教室
本日までの教室
来週からの教室
1201教室の学生
1213教室
1204教室の学生
1207教室
 IDはa083001など
 パスワードは,一回目のガイダンス時に設定
したもの
 まだ設定していない学生や,忘れた学生は計
算機準備室に行くこと
2
1 変数を使う
1.1 変数
非常に重要
変数:数や文字を入れる入れ物
自分で好きな名前を付けられる(半角英数字だけ)
3
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
①タッチセンサー1を押し
続ける
②時間が計り始められる
③タッチセンサー1を離す
と時間が0に戻る
4
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
③「設定」を移動
①「スモールブ
ロック」をクリッ
ク
②「変数」を
クリック」
counter1という名前の変数
が作成され,値が1.0に設定
される
5
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
0.0に設定される
①クリック
②0.0と入力し,OKを
クリック (変数が
0.0に設定される)
③追加する
6
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
①「スモールブロック」の
「通信」をクリック
④クリック
③クリック
②「値の表示」を移動
「値の表示」で,RCXのディス
プレイに値(1)が表示される.
⑤「変数」→「counter1」を
選択する.
「OK」をクリック
7
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
「値の表示」で,RCXのディス
プレイに変数counter1の値
が表示される.
①今までと同様の
方法で追加する
②「ウェイト」の中の「ウェイト」
を移動
(1.0 秒間停止する命令)
8
1.2 変数を使った簡単なストップウォッチ
変数counter1の値が1.0
増える
①「スモールブロック」の中の
「変数」→「追加」を移動
②プログラムを実行
させてみよう
9
1.3 スピードを変えるライントレースカー
②
①図のようにプログラム作成
②「スモールブロック」の中の
「変数」→「設定」を移動
③
③「スモールブロック」の中の
「変数」→「追加」を移動
10
1.3 スピードを変えるライントレースカー
①「スモールブロック」の中の
「通信」→「値の表示」を移動
①
②
②「値の表示」の設定を変更し,
「変数」→「counter1」とする
(7ページと同じ方法で)
11
1.3 スピードを変えるライントレースカー
①「スモールブロック」の中の「パ
ワー」→「パワーの設定」を移動
①
②
②「パワーの設定」の設定を変更し,
「変数」→「counter1」とする
(7ページと同じ方法で)
③プログラムを実行してみよう
12
2. 課題
次の課題の車をプログラミング及び実行しなさい
[課題1]タッチセンサー1が押された回数をディスプレイに表示
[課題2]タッチセンサー1を押すとスピードが増え,タッチセンサー3
を押すとスピードが減るライントレースカー
[課題3]本当のストップウォッチと同じ動作をするプログラム
(タッチセンサー1でスタート・ストップ.タッチセンサー3で0
に戻る)
[課題4]始めは前向きに進むライントレースカー.タッチセンサーを
1度押すと後ろ向きに進む.もう一度押すと前向きに戻る.
(動画参照)
13
3. 課題の解答例
[課題1]1秒前進,0.5秒左ターンを繰り返す
[課題2]左ターンを繰り返し,ボタンを押している間だけ前進する
[解答1]
[解答2]
14
3. 課題の解答例
[課題3]前進し,衝突したら1秒バックし,右へ障害物をよける
[課題4]シートの黒枠より内側を走り続ける(ライントレースではな
い)
[解答3]
[解答4]
15
3. 課題の解答例
[課題5]ライントレースカー(障害物に衝
突したら1秒バックし,右へ障害物
をよけ,再びもとのラインに戻る)
[解答5]
16
3. 課題の解答例
[課題6]タッチセンサー1,3,ライトセンサー2をつける.センサー
1だけ押すと左ターン,センサー3だけ押すと右ターン.セン
サー1,3両方押すと前進.両方押していないときはライント
レースする
[解答6]
17
[課題7]2つのライトセンサーを使った次の動きをするライント
レースカー
直進
右折
[解答7]
左折
18
3. 課題の解答例
[課題8]ライントレースカー(前方が暗
かったら1秒バックし,右へ障害物
をよけ,再びもとのラインに戻る)
[解答8]
19
ダウンロード

3. 課題の解答例