動物実験計画書の
E-mail添付による審査
秋田大学
バイオサイエンス教育・研究センター
動物実験部門 松田幸久
二つのキャンパス
手形地区:事務局、教育学部、工学部
本道地区:医学部、BERC
新実験計画書の申請手続きと一次審査
•
実験計画書等の事務処理は学術研究課が行う
•
実験者はHPから入手した実験計画書(Msword書類)に必要事項を記入し、
学術研究課にE-mail添付で送信
•
学術研究課は一次審査のために実験計画書を実験動物専門家(部門助教
授)に転送
•
実験動物専門家は一次審査の結果を学術研究課に通知
•
修正を要する場合には学術研究課がE-mailにて実験者に通知し、再提出
持ち回り委員会での審査
•
一次審査を経た実験計画書は持ち回り委員会で審査
•
学術研究課は各委員にE-mail添付で計画書を送付
•
各委員は持ち回り委員会として計画書を審査し、審査結果と自筆サイ
ンを記した書類を学内郵便にて学術研究課に郵送
•
学術研究課は審査結果通知を実験者に学内郵便にて郵送
•
必要があれば修正して再審査
•
学術研究課は審査後の実験計画書と関係書類を保管
新旧システムの長所短所比較
従来の学内LAN
E-mailへの計画書の添付
長所
長所
•
•
セキュリティー対策が取られている
していなくともよい
– 学外からの不正アクセスに対して十分
なバリアーが構築できた。
– 計画書は委員のIDとパスワードで保護、
担当者がコンピュータにそれほど精通
•
計画書専用のサーバーを必要としない
•
計画書の書式変更等が容易である
他者がアクセスできない。
•
プログラミング言語で書かれているため
短所
データベース化が可能(リストの作成、将来
•
セキュリティーに不安がある
•
データベース化はできない
は購入依頼書との連動など)
短所
•
コンピュータに詳しい担当者が必要(故障に
際し)
•
計画書専用のサーバーを必要とする
•
計画書の書式変更等は簡単ではない
関係者のセキュリティー対策
学内外に対して
•
ファイヤーウオール等のセキュリティーソフトにより不正アクセスを防止
•
PCにWinnyなどのファイル共有ソフトを入れない
•
添付ファイル(実験計画書)にパスワードを設定
•
実験計画書の入ったPCやCD、MOを紛失しないように注意
•
その他?
学内に対して
•
電子メールを他人に読まれないようアカウントおよびパスワードを設定
•
離席の際はPCをログオフ
•
その他
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション