DSHGEM-LIB 装置 with PLC Simulator デモプログラムの紹介
きめ細くGEM機能の確認ができます。
文書番号 DSHGEM-LIB-09-30390-00
APPLICATION
装置 / HOST通信制御
クラス
ライブラリ
インタフェース
DSHGEMLIB
通信エンジン
(2009年7月)
DSHGEMLIBがバランスよく
非同期処理のニーズに応えてくれます。
With
HSMS-SS Driver
DshGemClass.dll
クラス・ライブラリ
C#, VB.Net プログラミング
API
Function
相手装置
自動Msg組立て
送信
定数、変数
情報管理
Msg受信
自動解読、自動応答
更
新
装置起動時
変数情報
定義ファイル
APP
インターフェース
ロード
復旧
バックアップ
ファイル
保存
HSMS通信
GEM+GEM300
SECS-ⅡMSG
ホスト
または
装置
参
照
装置管理情報(GEM+GEM300)
変数(EC,SV,DVVAL
変数トレース、リミット情報
CE(イベント)、RP(レポート)
ALARM(アラーム)
スプール
レシピ
キャリア
基板
ポート
プロセス・ジョブ
コントロール・ジョブ
機能一例
APPが状態変数の値を
更新すると、即時
DSHGEMLIBが
変数情報定義に基づいて
イベント(S6F11)を
自動的にホストに
送信することが可能です。
装置制御デモプログラム with PLC Simulator
装置デモプログラム
ホストデモプログラム
DSHGEMLIB
DSHGEMLIB
PLCシミュレータ
(WPシミュレーション時)
HSMS通信ログ
モニタ
c:\windows\system32 ディレクトリ内
dshgemlib.dll
: DSHGEMLIB GEM/GEM300 用DLL
dshgemUlib.dll
: ユーザ作成DLL
dshdr2.dll
: HSMS通信ドライバー
Dshplc.dll
: PLCシミュレータ用DLL
c:\dshgemlib\dshplcsim ディレクトリ内
PLCシミュレータ
dshplcsim.exe
装置デモ
c:\dshgemlib\bin_eq ディレクトリ内
VB2008_PlcEq.exe : VB言語
: Plc Simulator
Sample.pls
: I/O信号定義ファイル
Seq_300.prg
: シーケンスファイル
Csn2008_PlcEq.exe : C#言語
Equip00.cnf
: 装置ID-0 Config File
HSMS通信ログモニタ
c:\dshgemlib\logmon ディレクトリ内
EQINFO.fil
: 装置変数定義ファイル(EC,SV,DVVAL, CE etc)
Logmon
: ログモニター
Comm.def
: DSHDR2 HSMS通信環境定義ファイル
logon.dll
: ログモニター用DLL
comm.def : DSHDR2 HSMS通信ドライバー 通信環境定義ファイル
装置ID- 0 は Port-1, Device-0 を使用します。
変更項目 : PORT-1 の IP の値を 相手(HOST)のコンピュータのIPにあわせてください。
次頁に画面例を紹介します。
装置デモ・ WP シミュレーションの画面例
装置デモ・PLCシミュレータ画面例
装置デモ・ログモニター画面例
装置、ホスト間のHSMS通信トランザクションを
リアルタイムでモニタリングします。
装置、ホスト以外のPCからも
モニタリング可能です。
(DSHDR2 HSMS通信ドライバーと接続しています。)
GEM 装置変数定義の内容 EC, SV, DVVAL, RP,CE,AL
//----- EC - Equipment Constant -------------def_ec EC_Mdln{
ecid:
1
// =0x00000001
format: A[6..6]
nominal: "DSH100"
}
//----- SV - Equipment Status Variable ---------def_sv SV_Clock{
svid:
8192
// =0x00002000
一部分を紹介します。(テキストファイルです)
//----- DV - Data Variable -------------------------------------------------def_dv DV_StartTime{
format: A[16..16]
dvid:
8300
nominal: ""
format: A[19..19]
}
nominal: ""
// =0x0000206c
}
def_sv SV_CommunicationState{
def_ec EC_SoftRev{
ecid:
2
// =0x00000002
def_dv DV_EndTime{
dvid: 8301
=0x0000206d
//
format: A[19..19]
}
}
nominal: ""
4
// =0x00000004
"0"
max:
"1"
svid:
8194
// =0x00002002
def_dv DV_Temp1{
format: U2[1]
format: U2[1]
min:
}
def_sv SV_ControlState{
def_ec EC_InitCommState{
nominal: "0"
units:
"state"
min:
"0"
max:
"2"
dvid:
event:
format: U2[1]
min:
"0"
max:
"1"
nominal: "0"
// =0x0000206e
units:
"Degree"
nominal: ""
"CE_ControlState"
}
}
def_ec EC_InitControlState{
5
8302
format: A[8..8]
nominal: "0"
}
}
// =0x00002001
nominal: "0"
nominal: "REV001"
ecid:
8193
format: U1[1]
format: A[6..6]
ecid:
svid:
// =0x00000005
def_sv SV_CJExecName1{
svid:
8195
format: A[16..16]
units:
"CJOB"
nominal: ""
}
// =0x00002003
詳細はEQINFO.TXTファイルを
参照してください。
次頁にRP,CEを紹介します。
一部分を紹介します。
RP(Report), CE(CollectionEvent)
//----- RP - Collection Event ----------------------------------------------def_report RP_Communicating{
rptid:
vname:
10
ceid:
// =0x0000000a
"SV_Clock"
// vid=8192
}
2
// =0x00000002
enabled: 1
rptname: "RP_Communicating"
// rptid=10
}
def_report RP_ControlState{
rptid:
//----- CE - Collection Event ---------------------------------def_ce CE_Communicating{
100
DSHGEMLIBは
def_ce CE_SpoolDeactivated{
// =0x00000064
vname:
"SV_Clock"
// vid=8192
vname:
"SV_ControlState"
// vid=8194
ceid:
999
// =0x000003e7
変数の値の設定・参照のための
サービスをAPI関数によって 提
供します。
enabled: 1
}
}
def_ce CE_ControlState{
def_report RP_PortAccessMode{
rptid:
vname:
1200
ceid:
// =0x000004b0
"EC_PortAccessMode"
// vid=256
}
vname:
1201
// =0x000004b1
"EC_Port1AccessMode"
// vid=257
}
rptname: "RP_ControlState"
// rptid=100
ceid:
200
// =0x000000c8
enabled: 1
}
def_report RP_Port2AccessMode{
vname:
enabled: 1
def_ce CE_AlarmOn{
}
rptid:
// =0x00000064
CEイベントは NotifyEvent()
API関数を使ってCEIDを指定
するだけでS6F11を送信して
くれます。
}
def_report RP_Port1AccessMode{
rptid:
100
これらの情報を内部に取り込み、
RP、CE、変数間のリンク関係を
生成し、管理します。
1202
def_ce CE_AlarmOff{
// =0x000004b2
"EC_Port2AccessMode"
// vid=258
ceid:
201
// =0x000000c9
enabled: 1
}
次頁にAlarmを紹介します。
AL(Alarm)
//----- AL - Alarm-------------------------------------------------def_alarm AL_AlarmTempOver{
alid:
1
// =0x00000001
alcd:
"2"
altx:
"Chamber Temperature Over"
// ceid=200
ce_off: "CE_AlarmOff"
// ceid=201
}
def_alarm AL_AlarmPressure_1_Low{
101
ここで定義されるアラーム情報
ALIDと発生/復帰の指定だけで
"CE_AlarmOn"
alid:
DSHGEMLIBは
に従ってNotifyAlarm()関数で
enabled: 1
ce_on:
一部分を紹介します。
// =0x00000065
S5F1を送信可能にします。
他に以下の情報を変数定義ファイル内に
定義できます。
SPOOL
TRACE
RECIPE
enabled: 1
alcd:
"2"
altx:
"Chamber Pressure-1 Over"
ce_on:
"CE_AlarmOn"
// ceid=200
ce_off: "CE_AlarmOff"
// ceid=201
}
EQINFO.txtファイルは
Dshedit.exe
編集プログラムを使って
def_alarm AL_AlarmPressure_2_Low{
alid:
102
画面で編集できます。
// =0x00000066
enabled: 1
alcd:
"2"
altx:
"Chamber Pressure-2 Over"
ce_on:
"CE_AlarmOn"
// ceid=200
ce_off: "CE_AlarmOff"
// ceid=201
}
詳細はEQINFO.TXTファイルを
参照してください。
デモプログラムの起動は次頁です。
デモプログラムの起動とメイン画面
デモプログラムの開始
VB : \dshgemlib\bin_eq\vb2008-plceq.exe
または
VB : \dshgemlib\bin_eq\vb2008_plceq.exe
または
C# : \dshgemlib\bin_eq\csn2008_plceq.exe
C# : \dshgemlib\bin_eq\csn2008_plceq.exe
を起動します。
を起動します。
左の画面が表示されます。
左の画面が表示されます。
通信を開始するために次の順にボタンをクリック
します。
通信を開始するために次の順にボタンをクリック
します。
ボタン、
エンジン開始 ボタン、
ボタン(装置ID=0のまま)
装置開始 ボタン(装置ID=0のまま)
ボタン
通信Enable ボタン
次頁のように装置通信が可能になります。
通信確立後のメイン画面
通信Enable のクリック後、相手ホストとの間
で通信確立ができたら、通信状態が “確立済み”
になります。(S1F13,14のやり取りの成功)
その後、以下の操作ができます。
●CE(S6F11)収集イベントの送信
ceidを選択し、
をクリックす
イベント通知(S6F11)
ると、選択されたceidのレポートをホストに
送信します。
( DSHGEMLIBがリンクされている変数の値
を付けて送信します。)
●Alarmの送信
alidと復旧/発生を選択し、
アラーム通知(S5F1)
ボタンをクリックします。
●
●
●
は通信確立を解消します。
通信Disable
装置停止
は装置制御を停止します。
はDSHGEMLIBを終了します。
エンジン停止
他のボタンをクリックすると、それに対応する機
能の操作画面が表示されます。
他のボタンをクリックすると、それに対応する機能
の操作画面が表示されます。
EC,SV,DVVALの設定・参照など
TRACE, LIMIT, CE, REPORT, ALARM,
PP, RECIPE, CARRIER, SUBSTRATE,
CJ, PRJ などの情報の生成、設定、参照など
の操作画面です。
変数(V)情報操作画面
VID選択用コンボボックスにシステムに登録さ
れている変数のID(EC,SV,DVVAL)が表示され
ます。
● ID単位の操作
VIDを選択し、操作したいボタンをクリックし
ます。
メイン画面のログ表示
SetVVal
●
値を設定する場合は、
Value欄に値を設定した後、このボタンを
クリックします。
●
GetVVal
などの変数情報取得用の
ボタンクリックの場合は、取得結果はメイン
画面のログ部に表示されます。
EC, SV, DVVALの操作画面については、そ
れぞれの変数の操作になるだけで、基本的に本
画面の操作と同じ操作になりますので、説明を省
略します。
GemGetVVal() ei = 0
value = DSH100
GemSetVVal() ei = 0
DSHGEMLIBはAPI関数を介して
変数IDをキーにして全変数の情報
のアクセスが可能です。
fmt=10 asize=6
GemGetVVal() ei = 0
value = MODELA
値の設定、変更、情報(単位、データ
範囲など)の参照が可能です。
SVトレース(Trace)設定画面
本画面は、装置側でも変数トレース機能を試す
ことができるように設けられています。
以下のように操作します。
1.
AllocTrInfo ボタンをクリックし、TraceIDを
割当てます。(左の画面)
2. DSPR, TOSMP, REPGSZ, SV_COUNTを
を設定します。
SV_COUNTは同時にトレース対象とするSV
の数です。
SV_Clockのtrace msg例
06/20 16:17:23 PT-01 Send S6F1 len=0098
d=1234 W blk=0000 sybt=0000008f
3. 次にトレース対象にするSVIDをSVID選択
コンボボックスで決めます。
そして、
をクリックし、
<L 4
SVIDのリストに追加
下のリストボックスに表示します。
これをSV_COUNT分だけ行います。
<A[6]="TRACE1">
<U2[2]=2>
<A[16]="2009063016272349">
4.
<L 3
これで設定OKです。
<A[16]="2009063016272349">
<A[16]="2009063016272349">
<A[16]="2009063016272349">
>
>
をクリックし、システムに登録し
SetTrInfo
ます。(TRID選択のTRIDに対し)
5.
をクリックすると設定した
EnableTrace
条件でトレースさせ、結果をホストにS6F1で
送信することができます。
ホスト側のデモプログラムで結果を確認できま
す。
(本来はホストからS2F23で設定される機能です)
変数リミット(Limit)情報設定画面
本画面は、装置側でも変数リミット設定機能を試
すことができるように設けられています。
メイン画面のログ表示
(SetVLimt)
----- Limit Information ----VID
= 8303
limit count = 3
format
asize
= 2A
=1
以下のように操作します。
1. VID選択を変数のコンボボックスで行いま
す。例えば、DV_Temp1_binを選択します。
2. ID Countに設定する変数リミットID数を入力
します。
本画面では 最大3個になります。
3. LimitID, Lowerdb, Upperdb値をキー入力
で 設定します。(ID count分だけ)
i=0
limit_id = 0
4.
upperdb
= 40
lowerdb
= 20
i=1
SetVLimit
をクリックし、リミット情報を
選択された変数に登録します。
これで設定OKです。
5. 設定値の確認は GetVLimit
でできます。
limit_id = 1
upperdb
= 60
lowerdb
= 41
6. リミット情報の消去は
クリックで行います。
のクリック
DelVLimit
の
i=2
limit_id = 2
upperdb
= 80
lowerdb
= 61
GemSetVLimit() ei = 0
vid = DV_Temp1_bin
(本来はホストからS2F45で設定される機能です。
値のバンド幅間の変移によってイベントレポート
が装置から報告される機能です。)
収集イベント(CE)情報操作画面
本画面は、CE収集イベントの情報の確認と
有効かどうかの設定を行うためのものです。
それぞれのボタンによる操作について説明しま
す。
1.
GetCeName
はCEID選択で選択されて
いるCEIDの名前を取得し表示します。
3.
は選択されているCEID
SetCeEnabled
を有効にします。
2.
メイン画面のログ表示
(GetCeAllRpid)
GetCeList はシステムに登録されている全
CEIDとCE名リストを表示します。
GemGetCeAllRpId() id = 15600(0x3CF0) ei = 1
rpcount = 1
4.
0 - rpid = 15600(0x3CF0) RP_ReadyToLoad
は選択されているCEIDが
GetCeEnabled
有効かどうかを確認します。
5.
は、右側の順位で指定されて
GetCeRpid
いる位置にリンクされているレポートIDを取
得します。
6.
は、選択されているCEID
GetCeAllRpid
にリンクされているレポートIDを全て取得し、
表示します。
レポート(RP)情報操作画面
本画面は、レポートの情報の確認を行うための
ものです。
それぞれのボタンによる操作について説明しま
す。
1.
2.
GetRpList はシステムに登録されている全
RPIDとレポート名リストを表示します。
GetRpName
はRPID選択で選択されて
いるRPIDの名前を取得し表示します。
3.
は、右側の順位で指定されて
GetRpVid
いる位置にリンクされている変数IDを取得
します。
メイン画面のログ表示
(GetRpAllVid)
GemGetRpAllVid() id = 15792(0x3DB0) ei = 8
vicount = 8
0 - vid = 8192(0x2000) SV_Clock
1 - vid = 8199(0x2007) SV_LoadPortTransferStatus
2 - vid = 8200(0x2008) SV_LoadPortId
3 - vid = 8201(0x2009) SV_LoadCarId
4 - vid = 8202(0x200A) SV_LoadCarIdStatus
5 - vid = 8203(0x200B) SV_LoadSlotMapStatus
6 - vid = 8204(0x200C) SV_LoadPortAssociationStatus
7 - vid = 8205(0x200D) SV_LoadCarAccessStatus
4.
は、選択されているRPID
GetRpAllVid
にリンクされている変数IDを全て取得し、表
示します。
アラーム(AL)情報操作画面
本画面は、アラーム情報の確認と有効かどうか
の設定を行うためのものです。
それぞれのボタン操作について説明します。
1.
GemGetAlcd() id = 1(0x1)
4.
は選択されているALIDが
GetAlEnabled
有効かどうかを確認します。
5.
は選択されているALIDの
GetAlcd
ALCDを取得します。
6.
は、選択されているALID
GetAltx
のALTXを取得します。
7.
は、選択されているALIDの
GetAlCeOn
アラームが発生した時にレポートされる
CEIDを取得します。
8.
は、選択されているALIDの
GetAlCeOff
アラームが復旧した時にレポートされる
CEIDを取得します。
alcd = 2
GemGetAltx() ei=0 id=1 (0x1)
GetAlName
はALID選択で選択されて
いるALIDの名前を取得し表示します。
3.
は選択されているALID
SetAlEnabled
を有効にします。
2.
メイン画面のログ表示
(GetAlcd, GetAltx)
GetAlList はシステムに登録されている全
ALIDとAL名リストを表示します。
altx = Chamber Temperature Over
レシピ(RCP)情報操作画面
本画面は、レシピ情報の設定と確認を行うため
のものです。
それぞれのボタン操作について説明します。
1.
メイン画面のログ表示
2.
(GetRcpInfo)
GemGetRcpInfo() ei = 0
rcpspec = RCP100
3.
para count = 2
i-1
4.
rcpparnm = rcppara1
rcpparval(bin)
= 54321
i-2
rcpparnm = rcppara2
rcpparval(bin)
= 12345
AllocRcpInfo は新規にレシピを設ける
ためのボタンです。IDを左の画面で指定して
それをシステム内に生成します。
SetRcpInfo
はRCPID選択で選択されて
いるRCPIDに対し、レシピパラメータ上に
入力されているパラメータを設定します。
GetRcpInfo
は選択されているRCPIDの
情報を取得し表示します。
DelRcpInfo
は選択されているRCPIDを
システムから削除します。
5. SetRcpState GetRcpState は選択されて
いるRCPの状態の設定、取得用です。
6. SendS15F3 は、レシピアクション要求
S15F3を送信します。
rcpbody = rcpbody-Sample
7. SendS15F5
は、レシピのRename要求
S15F5を送信します。
(注) ボタンの末尾の X は、IDに対するインデク 11. SendS15F17 は、レシピ検索要求 S15F17
スをキーにして情報を参照するものです。
を送信します。
インデクス値はIDがシステムに登録された
GetRcpList
時点(Allocateされた)にIDに対して発行され
12.
は、システムに登録されてい
ます。
る全レシピのIDをリスト表示します。
13.
GetRcpId 、 GetRcpIndex は、RCPID
からインデクス、インデクスからRCPIDを
取得するためのボタンです。
8.
9.
SendS15F7
は、レシピスペース要求
S15F7を送信します。
SendS15F9
は、レシピステータス要求
S15F9を送信します。
10. SendS15F13
は、レシピの生成要求
S15F13を送信します。選択されているレシピの
情報を送ります。
コントロールジョブ(CJ)情報操作画面
本画面は、コントロールジョブ(CJ)情報の設定と
確認を行うためのものです。
それぞれのボタン操作について説明します。
1.
メイン画面のログ表示
2.
(GetCjInfo)
GemGetCjInfo() ei = 0
cjid = CJID-1
3.
objspec = equipment
objtype = ControlJob
objid
4.
= CJID-1
attr_count= 12
i-1
= CJID-1
6.
i-2
(注) ボタンの末尾の X は、IDに対するインデク
スをキーにして情報を参照するものです。
インデクス値はIDがシステムに登録された
時点(Allocateされた)にIDに対して発行され
ます。
CarrierInputSpec
count = 1
j-1
car in spec = CARID03
i-3
CurrentPRJob
j-1
current pr job = PRJ0001
SetCjInfo
はCjID選択で選択されて
いるCJに対して設定情報上に入力されてい
る属性情報を設定します。
GetCjInfo
は選択されているCJIDの
情報を取得し表示します。
DelCjInfo
は選択されているCJIDを
システムから削除します。
SetState
GetState は選択されて
5.
いるCJの状態の設定、取得用です。
ObjID
objid
AllocCjInfo は新規にコントロールジョブを
設けるためのボタンです。IDを左の画面で指
定してそれをシステム内に生成します。
7.
GetCjList
は、システムに登録されてい
る全コントロールジョブのIDをリスト表示しま
す。
GetCjId
GetCjIndex は、CJID
からインデクス、インデクスからCJIDを
取得するためのボタンです。
プロセスジョブ(PRJ)情報操作画面
本画面は、プロセスジョブ(PRJ)情報の設定と
確認を行うためのものです。
それぞれのボタン操作について説明します。
1.
メイン画面のログ表示
2.
(GetPrjInfo)
GemGetPrjInfo() ei = 0
prjid = PRJID-1
3.
carcount = 1
i-1
car_id
4.
= CARID03
slot_count= 25
j-1
SetPrjInfo
はPrjID選択で選択されて
いるPRJに対し、設定情報上に入力されてい
る情報を設定します。
GetPrjInfo
は選択されているPRJIDの
情報を取得し表示します。
DelPrjInfo
は選択されているCJIDを
システムから削除します。
SetState
GetState は選択されて
5.
いるPRJの状態の設定、取得用です。
slotid = 10
j-2
AllocPrjInfo は新規にプロセスジョブを
設けるためのボタンです。IDを左の画面で指
定してそれをシステム内に生成します。
6.
GetPrjList
は、システムに登録されてい
る全プロセスジョブのIDをリスト表示します。
slotid = 11
j-3
(注) ボタンの末尾の X は、IDに対するインデク
スをキーにして情報を参照するものです。
インデクス値はIDがシステムに登録された
時点(Allocateされた)にIDに対して発行され
ます。
slotid = 12
j-4
slotid = 13
j-5
slotid = 14
j-6
7.
GetPrjId
GetPrjIndex は、PRJID
からインデクス、インデクスからPRJIDを
取得するためのボタンです。
キャリア(CAR)情報操作画面
本画面は、キャリア(CAR)情報の設定と確認を
行うためのものです。
それぞれのボタン操作は基本的にCJなどの情
報操作画面のものと同様に行ないます。
ここでは、各ボタンの機能だけを間単に説明し
ます。
1.
メイン画面のログ表示
(GetCarInfo)
GemGetCarInfo() ei = 0
carid = PRJID-1
----- Car Info -----
2.
DelCarInfo
4.
SetSlotMap
設定と取得
5.
SetContent
GetContent 各スロットに対
するLotID、SubstId(基板)の設定・取得
location = SOURCE
map_status =0
id_status
=0
1 slot_id = 1 status = 0
(注) ボタンの末尾の X は、IDに対するインデク
スをキーにして情報を参照するものです。
インデクス値はIDがシステムに登録された
時点(Allocateされた)にIDに対して発行され
ます。
mid
= K1234
substid = K12341
2 slot_id = 2 status = 0
キャリアID削除
GetSlotMap Slot分の情報
6. その他のボタンは 種々の状態、Location,
Usageなど情報の設定・取得用です。
acc_status =0
slot_count =25
SetCarInfo GetCarInfo 情報設定・取得
設定は画面上部の入力情報を設定します。
3.
carid = PRJID-1
usage = PRODUCT
AllocCarInfo 新規キャリアの登録
7.
GetCarList
システムに登録されている
キャリアIDのリスト表示
基板(Subst)情報操作画面
本画面は、基板(SUBST)情報の設定と確認を
行うためのものです。
それぞれのボタン操作は基本的にCJなどの情
報操作画面のものと同様に行ないます。
ここでは、各ボタンの機能だけを間単に説明し
ます。
1.
メイン画面のログ表示
2.
(GetSubstInfo)
GemGetSubstInfo() ei = 0
substid = SUBSTID-2
----- SUBST Information ----substid
= SUBSTID-2
acquiredID
= SUBST100
lotID
= LOT-111
locID
= LOCID-001
source
= LOC_SRC
destination
= LOC_DEST
batch locID
= POS-001
pos in batch = 0
status
= 0
Id_status
= 0
material status = 0
(注) ボタンの末尾の X は、IDに対するインデク
スをキーにして情報を参照するものです。
インデクス値はIDがシステムに登録された
時点(Allocateされた)にIDに対して発行され
ます。
proc state
= 0
loc state
= 0
type
= 0
usage
= 0
3.
AllocSubstInfo
新規基板の登録
SetSubstInfo GetSubstInfo 情報設定・
取得設定は画面上部入力情報を設定します。
DelSubstInfo キャリアID削除
4. その他のボタンは 種々の状態、Location,
Usageなど情報の設定・取得用です。
5. 右上のLocHistoryのブロックでは、基板の
現在位置と入、出時刻を設定、追加、参照
するためのボタンです。
6.
GetSubstList システムに登録されている
キャリアIDのリスト表示
応答メッセージAck設定画面
本画面は、装置側が受信する1次メッセージに
対して応答メッセージを相手に返しますが、そのと
きに返すAckアイテムの値を故意にエラーを示す
値を返すようにするための画面です。
以下のように操作します。
1. Ackの値をエラーにしたいメッセージの
コンボボックスの選択を変えて行います。
2. その後、設定ボタンをクリックします。
これでOKです。
例えば、S1F17に対し、onlack = 3 を返すように
するためには、左の画面のようにS1F17のonlack
を 3 に選択し、設定ボタンをクリックします。
ログモニターの通信ログを下に示します。
ログモニターの表示
07/02 15:28:21 PT-01 Recv S1F17 len=0010 dvid=1234 W blk=0000 sybt=00000062
07/02 15:28:21 PT-01 Send S1F18 len=0013 dvid=1234
<B[1]=x03>
blk=0000 sybt=00000062
WPシミュレーション画面
単純な WP (Wafer Processing)のシミュレー
ションをPLCシミュレータを使って行います。
PLCシミュレータのシーケンスプログラムを開始
させた後、本画面の
ボタンのクリック
PLC開始
でWP処理を開始します。
以降、処理の進行はHOSTとのHSMS通信、
PLCシミュレータとの連携で自動的に処理が進行
します。
ポートが2個あり、交互にキャリアが搬入され、
処理が終ったら、搬入したポートから搬出されて1
サイクルの終了です。
終了予約 ボタンをクリックし、次に搬出終了し
た時点で、終了させることができます。
処理はつぎのように進行します。
①上の処理状態の欄に状態が表示されます。
②進行に従って、ロード開始、 ロード終了、Car照
合などボタンの状態が変化します。
③ポートから先、WORKまでのキャリア(Wafer)
の移動状態も表示されます。
処理中にS5F1,S10F1を受信したら、それらが表
示されます。
S1F15,S1F17,S3F25,S3F27受信によってコント
ロールモードなどの表示が変わります。
また装置が送信したS6F11, ホストから受信する
S3F17,S15F13,S16F11,S14F9,S14F11のメッセー
ジはメイン画面にログ表示されます。
PLCシミュレータ起動と操作
PLCシミュレータの開始
\dshgemlib\dshplcsim\dshplcsim.exeを起動すると下の画面が表示
されます。
I/O操作開始
ボタンクリックで
I/O操作を開始します。
次ページ参照
通信設定メニュータブ
-で接続PCのIPを
設定します。
下の画面がポップアップ
されるので
IPを設定します。
ログ画面
PLCシミュレータ操作
SEQプログラム
I/O操作開始ボタンによってこの画面が表示されます。
次に自動的にテストできるようにシーケンスプログラムを開いて実
行します。
ボタンをクリックすると
右下のシーケンスプログラム画面が表示さ
れます。
開く
開きなおす
ボタンをクリック
し、seq_300.prgファイルを開きます。
次頁に続きます。
PLCシミュレータ操作/シーケンス開始
Topに戻る
実行
の順にボタンをクリックして、
シーケンスを先頭から実行します。
この後、装置デモプログラムからの信号を待機します。
装置との接続が済むと矢印の
ます。
のランプが点灯し
ダウンロード

(CE)情報操作画面