8/2 JCA-NETワークショップ
ネットの力をフルに使いこなそう!
ICTを活用して参加型の活動と組織を!!
印鑰 智哉
本日の講座の目標
• 市民運動団体がICTを使ってどう活動を
広げるか、特に参加型の運動を作ってい
くためにはどうしたらいいかを考えたい
• 団体といっても、NGOでなくとも、個
人が友人によびかけていっしょに動くよ
うなグループも含めて考えます
ネットワーク
広がっていますか?
• 新しいメンバーが毎年続々入ってくる
• 会員数は毎年増えている
• 新しい領域に活動が広がっている
• 活動でいくつも達成できたものがある
• 最近、若い人が入ってきて平均年齢がず
いぶん下がった
100万人にメッセージを
届けてみよう
• 不可能ではないはず。
• でもどうするか?
• 意見広告を出す…
• ビラまきをする…
• Webサイトにページ作る…
• メーリングリストに流す…
• メールマガジンで出す…
• 口コミで広げる…
• Flash Mobとか…
ニュースの取得の方法の変化
• テレビ、新聞、ラジオ
• Yahoo! News…
• メーリングリスト、メールマガジン
• ニュースリーダー…
• SNS
万人向けのニュースは万人に向かない
膨大な情報、読み切れない
…信頼を元に情報をフィルタリング
変化をもたらした
インターネット
• 1995年〜 Web、メーリングリスト、ポ
ータルサイト
• 2000年(Web 2.0)ブログの登場
• 2000年前後 検索エンジンGoogleの躍進
• 2006年頃 SNSの躍進
Blog、SNSの誕生
• 個人がメディアになれる時代…マスメディ
アを超えるinfluencerが登場
• 動員されるというのではなく、積極的参
加によるダイナミックな運動ができる
• ブログ、Twitterの発言数、日本は世界一
インターネットの地殻変動
検索エンジンからSNSへ
•
•
•
そもそも、Webサイトへの訪問
者はどこからやってくるのか?
これまでは圧倒的に検索エンジ
ンから
最近は検索エンジン以上にSNS、特に日
本ではTwitterからが大幅に増えてきた。
検索エンジンはロボットが作ったリスト、そ
れよりも信頼する人が作った情報を人は
信用する
• 広告的メッセージは忌避される
• 友人、信頼する人のメッセージが人を
動かす
• 動員型じゃなくて共感に裏付けられた
参加型の活動が必要
Webやメーリングリストの
位置の変化
• Webサイト/ブログは後方に。
• 現代のビラまき=SNS
• SNSからWebサイトへ
Webの位置
Outreach
Action
検索エンジン
ビラまき
口コミ
メルマガ
メーリングリスト
Twitter
Faceboo
k
mixi
Webサイト
ブログ
オンライン活
動
リアル世界
での活動
寄付
入会
マスコミの衰退
市民メディアのチャンス
• 情報の流通をコントロールしていたマ
スコミのビジネスモデルが揺らいでい
る。
• コストをかけずに多くの人たちにリー
チできる=市民運動、市民メディアに
とっての大きなチャンス
日本と世界のSNS
•
•
•
日本でのTwitterの
飛び抜けた増加は
世界でもまれ
海外では
Facebookがダン
トツの覇者
Facebookは日本
では今年末あたり
から?
出典1
出典2
Twitterとは?
•
•
•
140文字以内の文章(Tweet)を書いて記録、自分を
フォローする人のTime Line(TL)に表示される
自分がフォローする人のTweetが自分のTLに表示
される=フォローしなければ何も始まらない。
天涯孤独あるいはフォローする人を間違えると
理解のできないメッセージの羅列に
誰をフォローするかが肝心
Twitterの何が魅力か?
•
•
•
•
•
•
•
•
自分で自分だけのネットワークが作れる…世界で同じTLは1つもない。
すぐに反響が来る
自分のメッセージが広く世界に伝わる(かも)
人間関係の再構築?
仲間を作れる
有名人とつながれる?!
炎上しにくい
何にでも使える
Twitterとメーリングリストの違い
•
•
•
•
•
•
•
MLはメンバー全員同じ資格、Twitterは個々人のフォロワーはみ
な違う
MLは煮詰まり、Twitterは拡散する
MLでは声の大きい人(?)が牛耳れるが、Twitterでは無視される
MLメンバーはやや固定、Twitterはメンバー出入り自由(広が
る)
MLだけに依拠すると毎年平均年齢が上がる傾向
MLはメンバー限定の作業に向いた特性
MLは死なない。役割が変わるだけ。使い分けよう!
Twitterの難点
•
•
•
米系営利企業の無料サービスであること…利用のルー
ルが勝手に変更されることもある。今後も一営利企業
の都合で変わっていくし、米国政府の要請には特に従
順だろう。
プライバシーが気になる…公安当局は活動家情報を追
う。どんな情報を出していくか常に気にする必要はあ
る。
しかし重要なのはTwitterじゃなくてTwitterを使って可
能になる“ネットワーク”の方!
Twitterの難点その2
•
•
•
•
Webサイト、ブログの更新を放り出す=Twitter
の方が反応がわかりやすくて居心地がいい。く
せになる。
RT以上のコミットを得ることが容易でない
RTなどの反応が得られると満足してしまうこれ
じゃ現実は変えられない
=「Twitterバブル崩壊」、「Twitter狂想曲」
Twitterの活躍する場面
• 例1 閉鎖的な記者クラブの壁をこじ開
ける
• 例2 国会審議(国会の中と外をつなぐ。
日本ではできない…?)
• 例3 すべての現場を世界とつなぐ
SNSでは完結しない!
出典3
サイクルを確立する
Outreach
ビラまき
口コミ
メルマガ
メーリングリスト
Twitter
Faceboo
k
mixi
Webサイト
ブログ
Action
オンライン活
動
リアルな世
界での活動
寄付
入会
何が必要か?
•
•
•
•
参加型Webキャンペーン
メルマガ(できればまぐまぐやYahoo!じ
ゃなくて)
会員登録・寄付=経済的な参加
参加型のキャンペーンをするためのプラッ
トフォーム
参加型キャンペーンの例
サイバーアクション:ペットボトル
ビールはまずいでしょ!
ペットボトルのビールを発売しようとし
ていたアサヒビールにメッセージを募り
送る。800通ほど集まり、アサヒビールは
ペットボトルビールの生産計画を撤回!
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/toxics/zerowaste/pet
beer/
「あなたはペットボトルビールどう思い
ますか?」あなたのメッセージを!
で、ホントのところどーなのよ
クジラアンケート
国際捕鯨委員会の前に実施
したアンケート
クジラ食べたことありますか?
税金10億円使っていること知っ
ていますか?
南極はクジラの禁漁区なのだけど
知ってますか?
などの項目に1万6000人近くが回
答。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/questinnaire
/
参加型活動
•
•
•
Webを見に来た人が手軽に参加できる道を用
意しよう!
活動のレベルはさまざま。簡単なものから高
度なものまで
バーチャルなものだけでは限界。リアルな世
界での目に見える行動とリンクするとずっと
効果的になる
日本社会の現状
• 市民は情報欲、学習欲は高いが、社会
の現実を変えようとなかなかしない。
• 個人の勉強に留まり、問題を変えよう
という姿勢になかなかならない。
• Webサイトの訪問者に問題を知るだけ
でなく、現実を変えるための提案を
日本の市民運動に特徴的?
• 人を増やすよりも、まず一人で何から
何までやろうとしてしまう
• スケーラビリティがない
• 「キャンペーンに関わるすべての人が
広報担当」→伝えるべき情報は何か?
• インフォメーションキットを作ろう!
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/nowar/action_kit_html
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/nowar/nurie_html/files/nurie_bector.pd
f
http://www.minhamarina.org.br/kits_voluntarios/
参加型キャンペーンを可能に
するために
• 何が必要か?
団体/グループごとに
洗い出しする必要
• 技術ある人たちとの連携
• ボランティアとの連携
外側だけでないICT活用
• 好循環を継続させるためには?
• インフォメーションキットを作るのは
手間がかかる。
• 会員をどうやって維持するか
• 会費の徴収は? 自動引き落とし
• 楽になった部分は会員とのコミュニケ
ーションなどに振り向け、基盤を強化
する
• インターネットのツール
Webサイト・ブログ関連
•
WordPress…小中規模。ケータイ対応などプラグインが充実
•
Drupal…中規模以上。NGO向けのプラグインが豊富。アクシ
•
MediaWiki+FCKEditor…Wikipediaのシステムをワープ
•
Joomla!…WordPress,MediaWikiと組み合わせて使うと最
している。Twitterとの連携ツールも豊富
ョン向けやファンドレージング関連も。
ロ感覚で使える。資料サイト、事典的な情報サイトに最適
強か
インターネットのツール
メール、会員管理関係
• Drupal+CiviCRM…NGOのためのファンドレ
ージング向けに考えられたプラグイン
• SugarCRM…企業向けの顧客管理ソフト、強
力
• PHPList…多機能メールマガジンサーバー
• Mailman…メーリングリストサーバー
インターネットのツール
バーチャルオフィス
• NetCommons…ボランティアなどが自
主的な活動をやっていくツールとして
も使える
終わり
• お粗末ですみません。
• 連絡先は http://twitter.com/tomo_nada
出典
1.Twitter vs Facebook 国別にみた訪問者数推移
http://bit.ly/b8uBoO
2.The State of Social Media Around the World 2010
http://bit.ly/a91ed4
3.CGMマーケティング マーケティングコンセプト
http://www.cgmm.co.jp/service/index.html
ダウンロード

プレゼンファイル - 印鑰 智哉のブログ