中小口径望遠鏡で行う突発
天体・現象の観測
野上大作(京大・理・附属天文台)
2009/12/14(Mon)
連星・変光星・低温度星研究会@広島
中小望遠鏡の強み
• 数が多い
• 観測時間に融通が利く
中小望遠鏡の弱み
• 集光量が小さい
• 大きな装置を付けられない
• (角度分解能が悪い)
ということで、中小口径望遠鏡に
適した観測は
-ToO観測
-モニター観測
-サーベイ観測
突発天体・現象の10年くらい前までの地上観測
超新星・新星ハンターなどのアマチュア天文家
&貧弱なサーベイ(ほぼ可視のみ)が発見
発見情報
たまたま観測時間を持っていた観測者が機
転を利かせて断片的な観測
+
世界中に散らばったアマチュアによる可視
測光観測
この10年くらいの状況の変化
発見の部分が「(主に日本の)レベルアップしたアマ
チュア+強力なサーベイ(γ線、X線含む)」に変わり、
様々な突発現象が早い段階で検出・報告されるよ
うになった。
しかし、発見後の観測状況はあまり変化していない
突発現象発生の初期から多モードでの継続的
な観測を行うことで、これまでに誰も見たことの
ないデータを得て新しい局面を切り拓く!
日本の中小口径望遠鏡事情
• 多数の意識の高いアマチュア(新天体捜索+
小望遠鏡での可視光測光観測)
• 多数の1mクラスの望遠鏡(大学・研究機関+
公開天文台)
• 1mクラスの望遠鏡での観測装置の広がり
(各種分光器、赤外線カメラ、、、)
• なんと言っても意欲溢れる能力の高い多数の
観測的研究者!
日本の口径1m以上の望遠鏡
• 2mなゆた望遠鏡(可視撮像、可視中低分散分光、3波長同時近赤
外カメラ、近赤外分光)
• 1.88m岡山観測所(可視高分散分光、低分散分光、近赤外撮像・分
光、HBS)
• 1.8m名大・ニュージーランド(MOA;可視広視野カメラ)
• 1.5mかなた望遠鏡(可視撮像、低分散分光、近赤外撮像分光、偏
光観測)
• 1.5mぐんま天文台(低分散分光、高分散分光、赤外線カメラ)
• 1.4m名大・南アフリカ(近赤外3色同時撮像)
• (1.3mJAXA; GRB可視残光観測用)
• (1.13m阿南市科学センター; 可視撮像?小惑星の発見実績有り)
• 1.05m木曽観測所(広視野カメラ、近赤外撮像)
• 1.04m mini-TAO(近赤外線撮像、中間赤外撮像)
• 1.01m美星天文台(可視撮像、可視低分散分光、中分散分光)
• 1.0m鹿児島大学(可視撮像、近赤外撮像)
日本の1m以上の現在望遠鏡2
• 1.3m望遠鏡(京都産業大学・神山天文台)
今年度末運用開始予定!
• 3.8m新技術望遠鏡(京大他@岡山)
2012年度ファーストライト予定
• 1.6m望遠鏡(北大@名寄市立木原天文台)
???
日本の1m以上の望遠鏡3
•
•
•
•
•
•
•
•
•
1.5m情報通信研究機構
1.3m仙台市天文台
1.1m銀河の森天文台
1.05mみさと天文台
1.05mむりかぶし望遠鏡(可視撮像?)
1.03m さじアストロパーク
1.0m美星スペースガードセンター
1.0m富山市天文台
1.0mかわべ天文台
これらの結果
突発天体のToO観測+
継続的なモニター観測
を連携して行うことで、
前例のないデータ取得
が可能!
光赤外ToO+モニターでの連携観測
によるサイエンスI
• 超新星
-早期の分光観測 →超新星の母天体
→機構
→Ia型は距離指標?
• 新星
-測光+分光 →光度曲線の多様性
+偏光
→初期&減光期の振動や
再増光
→爆発の機構(非対称性)
光赤外ToO+モニターでの連携観測
によるサイエンスII
• GRB残光現象
-zの測定→古代史、宇宙論
-短時間変動現象、偏光観測→GRBの機構
-多様性;残光を伴わないGRB, short GRB
• Blazar
ー可視・近赤での短時間変動+偏光変動
→ジェットの機構?
光赤外ToO+モニターでの連携観測
によるサイエンスIII
• X線連星、激変星
-短時間変動(測光+分光観測)
→降着円盤の挙動や構造
→コンパクト星周りの極限状況物理
ー偏光観測 →ジェットの機構
光赤外ToO+モニターでの連携観測
によるサイエンスIV
• いろいろな変光星・変光現象
-V838 Mon, V4334 Sgr
→恒星の進化(最期の大爆発?)
-Tago Event
→カシオペア座方向のマイクロレンズ現象
→恒星の質量分布
-Be星、Be/X線連星
→大質量星の質量放出現象、進化
ー恒星フレア、恒星活動
→MHD現象、ダイナモ
非常に興味深いのに、
断片的な観測しかなくて
理解が進んでいない現
象がいくらでもある!
さらに大望遠鏡との連携
や多波長連携、国際連
携で夢は膨らむ!
現在の総力を挙げた連携観測
• OAO/74 HDS + かなた望遠鏡/HOWPol
+ ぐんま/GLOWS
+ 西はりま/MALLS(中分散)
+ 鹿児島/赤外線カメラ
+ アマチュアの測光観測
• OAO/74 では ISLE/sp. でぐんまで GAOS とか。
• 将来的に 3.8m で高速測光・分光とか。京産大
の1.3m、北大の1.6mはどういう観測装置がつく
のか?
• IRSFとかMini TAOを含む多経度観測。
今後に向けて
•
•
•
•
•
•
組織作り (All Japan で臨む)
観測人員の交流(大学から公共天文台)
観測データセンター
標準解析手順とソフトウェアの共有
観測装置の製作
自動望遠鏡化
まとめ
• 日本には突発天体・現象のToO観測や追跡
モニター観測で大成果を挙げる、物的・人的
資源は既に大いにある
• 中小口径望遠鏡で世界をリードできるサイエ
ンスのテーマも豊富にある
• 個々の観測所の状況に応じつつ、連携観測
を実行する組織作り・環境作りをしていかな
ければならない
ダウンロード

PPT