Windsurfing
& Kiteboard
Racing Rules
TEST
Racing Rules of Sailing
2013-2016
Andrus Poksi (ISAF IJ, EST)
trans. by Sen Yamaoka
WK
1
• ボードのゾーンは3艇身である。
•誤
• ウインドサーフィンまたはカイトボードにはゾーンはない。
• ウインドサーフィンおよびカイトボード (定義 ゾーンは削除)。
• 規則 18 は、複数のボードの内のあるボードが“マークを回航
または通過しようとしている”ボード間で適用が始まる。これ
はあるボードがマークを回航または通過するための操作を
始める時によく見られる。
• ウインドサーフィン RRS B2 – 18
• カイトボード RRS F2 – 18
2
W
2
• ウインドサーフィン・ボードは、スタートするために近づいてい
る場合、セールを水中に落とすことによって減速することが
許される。
•誤
• スタート信号の1分前から、ボードは、セールを水から上げ、
正常な状態にしておかなければならない。ただし偶発的に転
覆した場合を除く。
• ウインドサーフィン RRS B2 – 24.3
3
WK
3
• ボードがマークから3艇身内にある場合、 ボードは“マークを
回航または通過しようとしている”。
•誤
• あるボードのプロパー・コースがマークを回航または通過す
るための操作を始めることである場合、そのボードは“マーク
を回航または通過しようとしている”.
• ウインドサーフィン RRS 付則 B 定義
• カイトボード RRS 付則 F 定義
4
WK
4
• クリア・アスターンのボードが、同一タックの相手ボードの風
下に自艇の2艇身以内にオーバーラップした場合、そのボー
ドはプロパー・コースより風上を帆走してもよい。
•正
• 規則 17 を削除する。
• ウインドサーフィン RRS B2 – 17
• カイトボード RRS F2 – 17
5
WK
5
• RRS 18.3 – “マークに近づいている場合のタッキング” は
ボードには適用されない。
•正
• 規則18.3 を削除する。
• ウインドサーフィン RRS B2 – 18.3
• カイトボード RRS F2 – 18.3
6
WK
6
• 風上マークにおいて、内側にオーバーラップした航路権のあ
るボードは、風下マークがそのボードが帆走するためのプロ
パー・コースである場合、マークに帆走するためベア・ウェイ
する必要はない。
•誤
• 内側にオーバーラップした航路権のあるボードが、プロパー・
コースを帆走するために、マーク(ゲート・マークは除く)にお
いてジャイブもしくはベア・ウェイしなければならない場合、そ
のボードは、ジャイブもしくはベア・ウェイするまではそのコー
スを帆走するために必要とする以上にマークから離れて帆
走してはならない。
• ウインドサーフィン RRS B2 – 18.4
• カイトボード RRS F2 – 18.4
7
WK
7
• ボードがマークと接触した場合、 タックとジャイブを必要とし
ない360度の回転ペナルティーを履行しなければならない。
•誤
• ボードはマークに接触することが許される。
<しかし、つかまってはならない>
ウインドサーフィン RRS B3 は RRS 31 を変更している
2014. Jan 1st 変更
・ カイトボード RRS F3 は RRS 31 を削除する
8
WK
8
• ボードが第2章の規則に違反した場合、そのボードは1回の
タックと1回のジャイブを含む1回転ペナルティーを履行する
ことができる。
•誤
• RRS 44.2 は次のように変更される、2回転は、タックとジャイ
ブを必要としない360度回転ペナルティーに置き換える。
• ウインドサーフィン RRS B4 – 44.2
• 加えて、カイトボードがペナルティー回転を履行している場合、
艇体は水上になければならない。
• カイトボード RRS F4 – 44.2
9
WK
9
• レース中に第2章の規則に違反したボードは、ボードのみに
よる360度の回転ペナルティーを速やかに履行することに
よって免罪できる。
•正
• ボードは 360度回転ペナルティーを履行できる、ただし、その
ボードが傷害または重大な損傷を起こさなかったり、違反に
より著しく有利とならなかった場合。
• ボードは、タックとジャイブを必要としない、360度の回転を速
やかに行うことにより360度回転ペナルティーを履行する。
• ウインドサーフィン RRS B4 - 44.1; 44.2
• カイトボード RRS F4 – 44.1 ; 44.2
10
WK
10
• ボードが、レース・エリアで目撃したかまたは関与したインシ
デントに対し相手ボードを抗議するためには、ボードは“プロ
テスト(抗議)”と声をかけ、手を挙げなければならない。
•誤
• ボードは最初の妥当な機会に“プロテスト(抗議)”と声をかけ
ることのみが必要であり;手を挙げる必要はない。
• ウインドサーフィン RRS B5 – 61
• カイトボード RRS F5 – 61
11
WK
11
• ボードによる抗議は、そのボードがフィニッシュまたはリタイ
ア後、可能になり次第速やかに、レース委員会に伝えなかっ
た場合は無効となる。
•正
• ボードは、フィニッシュまたはリタイア後、可能になり次第速
やかに、抗議する意思をレース委員会に伝えなければなら
ない。
• ウインドサーフィン RRS B5 – 61
• カイトボード RRS F5 – 61
12
WK
12
• 抗議をレース委員会に報告するボードに対する要件は、帆
走指示書に記載されなければならない。
•誤
• レース委員会に伝える要件は規則に書かれており、帆走指
示書で繰り返す必要はない。
• ウインドサーフィン RRS B5 – 61
• カイトボード RRS F5 – 61
13
W
13
• マストの先端が水中にある場合、ウインドサーフィン・ボード
は転覆している。
•誤
• セールまたは競技者が水中にある場合、ウインドサーフィン・
ボードは転覆している。
• ウインドサーフィン RRS 付則 B 定義 転覆
K
14
• カイトのラインが他のカイトボードのラインと絡まっているが、
競技者がまだ水中に落ちていない場合、カイトボードは転覆
していない。
•誤
カイトボードは以下の場合、転覆している
(a) カイトが水中にある時
(b) ラインがもう1艇のカイトボードのラインと絡まっている時
(c) 競技者が、明らかに偶発的に、かつ相当長い時間、次
のいずれかの状態であるとき
•
(1) 水中に落ちている
•
(2) 艇体から離れている
• カイトボード RRS 付則 F 定義 転覆
•
•
•
•
15
K
15
• カイトボードは、艇体の一部または正常な位置にある競技者
または装備が、コース・サイドからフィニッシュ・ラインを横切
る時、フィニッシュする。
•誤
• カイトボードは、競技者が艇体に接触している状態で、艇体
の一部または正常な位置にある競技者が、コース・サイドか
らフィニッシュ・ラインを横切る時、フィニッシュする。
• カイトボード RRS 付則 F 定義
16
WK
16
• ボードは、第2章の規則に違反したボードの行動により転覆
した場合、救済を得る資格がある、たとえ損傷または傷害が
なかったとしても。
•正
• 艇は、第2章の規則に違反したボードの行動により転覆した
場合、救済を得る資格がある。
• ウインドサーフィン, 追加 規則 B5 – 62.1(e)
• カイトボード, 追加 規則 F5 – 62 .1(e)
17
WK
17
• ウインドサーフィンおよびカイトボードの大会において、帆走
指示書に記載されている場合、レース委員会は陸上におい
て口頭による指示を与えることができる。
•正
• ウインドサーフィンおよびカイトボードの大会において、RRS
90.2(c)を変更する、「口頭による指示は、帆走指示書に手
順が記載されている場合にのみ行うことができる。」
• ウインドサーフィン RRS B7 – 90
• カイトボード RRS F7 – 90
18
WK
18
• 軽風のレースにおいて、レースでフィニッシュするために、競
技者はボードの上にうつ伏せになり、手でパドルしてもよい。
•誤
• 競技者は、パドリング、スイミングや、歩くことによって、明ら
かな前進をしてはならない。
• ウインドサーフィン RRS B4 – 42
• カイトボード RRS F4 – 42
19
WK
19
• 2艇以上のボード間でシリーズ得点のタイを解くためには、最
初の選択は除外した得点の良い順である。
•正
• ウインドサーファーは、除外したレース得点が良い順に、
ボード順位のタイを解き始める。
• ウインドサーフィン RRS B8 – A8.1
• カイトボードは、除外した単一のレース得点が最も良いカイ
トボードを上位としてタイを解き始める。
• カイトボード RRS F8 – A8.1
20
ダウンロード

「20140101boardstestquestions_japanese_ppt」をダウンロード