モーターの放熱・熱放射
エス・ジー・ケイ
平塚市ふじみ野2-20-1
TEL;0463-58-2696
ラジアルモーターのローター
ローターの樹脂に
Rad-1フイラーを分散
し
熱伝導率を増大させる。
ローターのコイルに定挌
より大きな電流を流す。
ラジアルモーター
ローター
ネオジム磁石
ネオジム磁石
ネオジム磁石
コイル
熱放射
熱放射
熱
伝
導
ギ
ャ
ッ
プ
熱伝導
熱伝導
熱伝導
熱伝導
エポキシ+Rad-1フィラー
熱放射
ギ
ャ
ッ
プ
熱
伝
導
熱放射
ローターの発熱はRad-1フイラー入りの
高熱伝導エポキシ内を熱伝導で伝熱し
ローター表面の高熱放射率で熱放射し
ギャップの空間を伝わる。
本技術の効果1; モーター馬力の向上
モーターの放熱が良く、
モーター温度が低下すれば
定挌電流を超えた電流をモーターに流せる。
その結果大きなトルクを出すことができる。
モーターの効率が良くなれば
EVやHEVの走行可能距離が伸びる。
本技術の効果2; Dy追放の可能性
結果的にネオジム磁石の温度上昇は抑制され、
磁気特性が低下しにくくなる。
従来はネオジム磁石の温度上昇により磁気の強さが
減少していた。
これを防止するために高価なディスプロシウム(Dy)を
ネオジムに添加していた。
しかしディスプロシウムは中国に握られており、
EVやHEVのネオジム磁石は高騰していた。
ディスプロシウムを使わないで済む可能性がある。
特許出願済みです
エス・ジー・ケイ
平塚市ふじみ野2-20-1
TEL;0463-58-2696
携帯:090-3953-2923
E-MAIL;[email protected]
ダウンロード

詳細PPT