もも脳ネット
脳卒中連携パス結果報告
担当 川崎病院
岩永 健
対象
 平成25年9月から同じ年11月末まで入院した脳卒中患者
 急性期病院:11病院
岡山労災病院、岡山済生会病院、岡山旭東病院、岡山市民病院、
川崎病院、東部脳神経外科岡山クリニック、東部脳神経外科東備クリニック、
岡山大学附属病院、岡山医療センター、岡山赤十字病院、岡村一心堂
慢性期病院:19病院
重井医学研究所附属病院、岡山リハビリテーションセンター
玉野市民病院、岡山光南病院、佐藤病院、 済生会吉備病院、中央奉還町病院
児島中央病院、岡山西大寺病院、津山第一病院、しげい病院、高梁中央病院
藤田病院、さとう記念病院、近藤病院 、岡山協立病院、草加病院、
瀬戸内市民病院、赤磐医師会病院、
計30病院
急性期:11病院(昨年10病院)
全入院患者
今回
昨年
580
592
73.8
72.2
341
322
363
371
89
100
24
29
35
42
21.5
23.7
脳卒中入院患者数(人)
平均年齢
男性(人)
脳梗塞(人)
脳内出血(人)
くも膜下出血(人)
一過性脳虚血発作(人)
平均在院日数
脳卒中連携情報提供書利用の退院時平均mRS
転帰:急性期病院・診療所へ転院数
11
転帰:回復期病院へ転院数
135(94%)
転帰:維持期病院へ転院数
20
転帰:維持期診療所へ転所数
4
転帰:維持期老健へ転所数
8
転帰:在宅復帰患者数
338
転帰:死亡数
38
9
125
22
6
12
206
42
パス利用患者
今回
昨年
171(29%) 169(29%)
72.5
72.1
100
101
113
113
42
42
12
13
4
1
31.8
40.6
3.4
3.7
2
1
144
147
4
15
0
1
0
0
18
3
3
1
80
70
168名
病院別在院日数の比較
105名
60
50
40
全入院患者数
30
パス患者数
20
在院日数
10
0
パス患者在院日数
パス使用率と在院日数
50
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
パス/全
在院日数
パス患者在院日数
回復期:19病院(昨年18病院)
脳卒中入院患者数(人)
平均年齢
男性(人)
脳梗塞(人)
脳内出血(人)
くも膜下出血(人)
一過性脳虚血発作(人)
平均在院日数
全入院患者
今回
昨年
388
371
75.8
74.6
209
205
255
214
107
92
20
28
15
11
83.0
94.9
脳卒中連携情報提供書退院時平均mRS
転帰:急性期病院・診療所へ転院数
転帰:回復期病院へ転院数
転帰:維持期病院へ転院数
転帰:維持期診療所へ転所数
転帰:維持期老健へ転所数
転帰:在宅復帰患者数
転帰:死亡数
33
5
25
0
41
261
16
32
2
24
4
55
238(64%)
16
パス利用患者
今回
昨年
186(48%) 179(48%)
74.4
74.5
103
93
121
100
53
69
12
18
0
0
91.9
89.8
3.0
2.8
13
0
11
0
18
144
0
22
0
10
1
25
115(64%)
6
0
120
重井
佐藤
藤田
児島中
津山第一
済生会吉備
協立
奉還町
しげい
岡リハ
さとう記念
光南
玉野市民
高梁中央
西大寺
草加
近藤
瀬戸内市民
在院日数
218/313日
482日
100
80
60
全患者
40
パス
20
全患者数
120
回復期病棟を有する病院では
100
80
60
40
20
0
全患者
パス
全患者数
急性期病院の疾患内訳
TIA 7%
くも膜下出血 5%
脳内出血 17%
脳梗塞 71%
N = 511
急性期病院の退院先内訳
死亡 7%
急性期・診療所 2%
維持期・老健 6%
回復期 24%
在宅復帰 61%
N = 554
急性期パス利用患者の退院先
急性期 2%
維持期・老健 13%
回復期 87%
N=166名
回復期の疾患内訳
TIA 3%
くも膜下出血 5%
脳内出血 27%
脳梗塞 64%
N=397名
回復期病院の転院先
死亡 4%
回復期 1%
老健 11%
N=381名
維持期 7%
急性期・診療所 9%
在宅復帰 69%
回復期病院パス利用者の転院先
老健 10%
N=186名
維持期 6%
急性期・診療所 7%
在宅復帰 77%
まとめ
急性期および慢性期において在院日数は
短い傾向であった。
急性期病院ではパス利用率が高くなると
平均在院日数が長くなりやすい
回復期では多くの施設が3か月程度の在
院日数となっている。
ダウンロード

もも脳ネット 脳卒中連携パス結果報告