ミクロ経済学
(13) 様々な市場構造と独占
丹野忠晋
跡見学園女子大学マネジメント学部
2013年7月22日
今日学ぶこと
1.
2.
3.
4.
5.
様々な市場構造
独占
死荷重
競争政策
自然独占
2013/7/22
ミクロ経済学 13
2
不完全競争と市場構造


1.
完全競争市場は希だ
市場構造とは市場の構成
完全競争市場
2.
独占~供給者が一人.水道,電力,マイク
ロソフト,ファスナー(YKK)
3.
寡占~数社の企業が競争していてある程度
競争がある.自動車産業,ゲーム産業
4.
独占的競争~寡占よりも企業数が多いが,
完全競争よりも少ない.パソコン市場.
2013/7/22
ミクロ経済学 13
3
さまざまな市場構造


ブランド物のバックが典型
うまい棒に様々な味がある

比較的多くの企業が競争している.プライ
ステイカーではない.各社の製品は少しず
つ異なっている

企業によって財が少し異なっていることを
製品差別化されているという
2013/7/22
ミクロ経済学 13
4
市場構造を決めるもの
製品差別化されているか(されている→)
生産者
がどれ
だけい
るか
(多い↓)
2013/7/22
独占
該当なし
寡占
完全競争
ミクロ経済学 13
独占的競争
5
不完全情報
完全競争市場では財の品質は完全に分かっ
ている(完全情報)
 不完全情報(imperfect information)~売買され
る財についてすべての情報を持っている訳
ではない
 全て情報がある→機会集合が分る
 自分の選好も知っている


不完全情報によってどれだけ経済的な帰結
が異なるか?
2013/7/22
ミクロ経済学 13
6
情報の経済学
大卒者が高卒者よりも高い収入
 大学で生産性を高める教育を受ける

企業に学士号を持つことは有用な情報をも
たらしている
 企業は生産性の高い人は分らない


大卒であることは平均的に生産性が高いこ
とを企業に伝えている
 なぜ結婚適齢期になると女性はお茶とお花
を習い始めるのか?
2013/7/22
ミクロ経済学 13
7
情報の市場
情報には価値があるが,他の財と異なる
 一旦情報を得るとお金を払いたくなくなる

情報の信頼性:株屋が株価が上がることを教
えてくれたとする.これは信頼できるか?な
ぜ自分で儲けないのか?
 消費者保護法:
誇大広告の禁止,すぐ痩
せる!
 広告が曖昧なわけ

2013/7/22
ミクロ経済学 13
8
独占
マイクロソフト社は独占(monopoly)企業と呼
ばれる
 YKK(吉田工業株式会社)はファスナー業界の
国内市場の95%,世界でも45%のシェア
 MS社はパソコン市場を独占している
 独占企業は市場価格をコントロールできる
 この市場支配力により利潤が増える
 大きなシェア(市場占有率)を持つ企業を独占
的と呼ぶ.純粋な独占は希である.

2013/7/22
ミクロ経済学 13
9
独占と市場価格
独占企業は価格
をつり上げる
価
格
M
独占だと供給曲
線 は存在しない
PM
C
P*
需要曲線
数量
QM
2013/7/22
Q*
ミクロ経済学 13
10
独占の理由
他の企業が市場に入ってこない.参入障壁が
あるから
 希少な生産要素の独占
 規模の経済性~巨額の固定費用が必要.

 例:水道,ガス,電気.電話も以前そうだった
自然独占
 技術的優位性~技術的に優れていて参入阻止


法的な保護~特許や著作権.医師や弁護士の
所得が高い理由
2013/7/22
ミクロ経済学 13
11
不完全競争の場合の価格と数量
企業はプライス・メーカー(価格設定者)である
 利潤を最大にする企業はどんな市場構造でも
限界収入=限界費用
となる水準で産出量を決定する

2013/7/22
ミクロ経済学 13
12
限界収入と限界費用

限界収入(Marginal Revenue)~産出量を一単
位増やすときに得られる追加的収入

限界費用(Marginal Cost)~産出量をもう一単
位増加させたときの追加的費用
2013/7/22
ミクロ経済学 13
13
利潤最大化
MR>MC → 産出量を増加させた方が
利潤が高まる
(収入の上昇が費用のそれを上回る)
 MR<MC → 産出量を削減した方が良い
(費用の削減が収入の減少を上 回る)
 MR=MC → 利潤が最大になる条件

2013/7/22
ミクロ経済学 13
14
利潤
利潤最大
MR>MC
MR<MC
産出量増
産出量減
Q*
2013/7/22
ミクロ経済学 13
産出量
15
景気は回復している
日本銀行の金融政策は景気を良くすること
 日銀、「緩やかに回復」と景気判断上方修正
2013年 7月 12日 07:24 JST By TAKASHI NAKAMICHI
AND TATSUO ITO ウォール・ストリート・ジャー
ナル日本版
【東京】日本銀行は11日の金融政策決定会合で、
景気の現状判断を「緩やかに回復しつつある」と
し、ここ2年以上で最も楽観的な表現に上方修正
した。また、政策運営については、当面、追加緩
和措置を取る考えがないことを示唆した。

2013/7/22
ミクロ経済学 13
16
非正規雇用の割合は上昇している

正規雇用から転職する人の40%は非正規に

非正規から転職する人の24%が正規に

非正規社員比率38.2%、男女とも過去最高
に 2013/7/13 2:00日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203R_S3A
710C1EA1000/仕事を変える時に、正社員を選ぶ
のは5年前よりも難しくなったといえる。

しっかりと勉強して正規職に就こう!
2013/7/22
ミクロ経済学 13
17
色々な市場

完全競争市場:
 限界収入=価格,MR=p
 産出量を増やしても市場全体への影響は軽微

独占:
 産出量が2倍ならば産業全体の産出量も2倍,価格
は下落

R=pQ 産出量増は価格は下落 Q(↑) →p(↓)

産出量が増加したときにどのくらい価格が
下落するかは市場構造による
2013/7/22
ミクロ経済学 13
18
ファスナーを独占的に生産しているYKK
ファスナー価格(円)
100
95
90
85
80
75
70
65
60
55
50
45
40
2013/7/22
ファスナー(個) 収入(円) 限界収入(円)
0
0
定義されない
1
95
95
2
180
85
3
255
75
4
320
65
5
375
55
6
420
45
7
455
35
8
480
25
9
495
15
10
500
5
11
495
-5
12
480
-15
ミクロ経済学 13
19
独占企業の需要曲線と限界収入曲線
円
120
ファスナー価格
(円)
100
80
限界収入(円)
60
40
20
0
-20
0 1
2 3
4 5
6 7
ファスナーの数量
8 9 10 11 12
-40
2013/7/22
ミクロ経済学 13
20
独占価格

限界費用は一定の45円とする

固定費用は0円

MC=45

MR=45の産出量は Q=6

公式による利潤の最大化は Q=6 で達成
2013/7/22
ミクロ経済学 13
21
独占企業限界収入曲線と限界費用曲線
円
120
限界収入(円)
限界費用(円)
100
80
60
40
20
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ファスナーの数量
-20
-40
2013/7/22
ミクロ経済学 13
22
独占と市場価格
6単位の生産では
市場価格は70円になる
円
M
PM
C
限界費用曲線
P*
需要曲線
限界収入曲線
数量
QM
2013/7/22
Q*
ミクロ経済学 13
23
ファスナー(個) 収入(円) 限界収入(円) 限界費用(円) 費用(円) 利潤
0
0
定義されない 定義されない
0
0
1
95
95
45
45
50
2
180
85
45
90
90
3
255
75
45
135
120
4
320
65
45
180
140
5
375
55
45
225
150
6
420
45
45
270
150
7
455
35
45
315
140
8
480
25
45
360
120
9
495
15
45
405
90
10
500
5
45
450
50
11
495
-5
45
495
0
12
480
-15
45
540
-60
2013/7/22
ミクロ経済学 13
24
独占の弊害,死荷重

独占価格によって価格は引き上げられる

限界費用と価格が等しい時の産出量は11個

独占は6個しか生産しない

経済厚生は価格=限界費用の水準と比べ低
下する

低下した厚生の損失を死荷重という
2013/7/22
ミクロ経済学 13
25
独占と経済厚生
円
消費者余剰
M
PM
P*
生産者
余剰
C
限界費用曲線
需要曲線
数量
QM
2013/7/22
Q*
ミクロ経済学 13
26
独占だが限界費用で価格付けした場合
円
M
PM
P*
生産者余剰はゼロ
消費者
余剰
C
限界費用曲線
需要曲線
数量
QM
2013/7/22
Q*
ミクロ経済学 13
27
死荷重
円
独占の経済厚生
M
PM
独占は競争よりも経済厚
生が低くなる
その損失を死荷重と呼ぶ
死荷重=厚生損失
C
限界費用曲線
P*
需要曲線
数量
QM
2013/7/22
Q*
ミクロ経済学 13
28
ファスナーの例の死荷重を求めよう
三角形の面積=縦×横÷2
=(70-45)×(11-6)÷2
=25×5÷2=62.5
死荷重
円
100
M
PM=70
死荷重=厚生損失
C
限界費用曲線
P*=45
独占の経済厚生
需要曲線
数量
Q M=6
2013/7/22
Q *=11
ミクロ経済学 13
29
競争政策
価格が高すぎると非効率性が高まる
市場支配力の濫用






1.
2.
3.
大規模製造業者が下請け企業いじめ
大型小売店が納入企業に特別なサービスを要求
政府は積極的に競争の促進を実施している
独占禁止法(日本),反トラスト法(米国)
価格カルテル・談合の阻止
大きな合併の制限
優越的地位の濫用の防止
2013/7/22
ミクロ経済学 13
30
自然独占
上水道や下水道は設備に膨大な費用がかかる.
独占に任せておいた方が良い
 自然独占
 政府の規制の必要性,自治体が運営
 以前は電力,電話,CATVも自然独占だった.
今は違う!

2013/7/22
ミクロ経済学 13
31
ミクロ経済学おわり
定期試験頑張って下さい
 何か質問があればメールして下さい
 秋学期には国際経済学(月曜5限)と産業組織
論(木曜4限)があります


前者は国際的な財,サービス,金のやり取
りを学びます.ミクロの他にマクロの手法
も取り入れて国際経済を解明します

後者は現代の企業が直面する製品差別化や
情報について深く学びます.非常に興味あ
る企業についても取り上げる予定です.
2013/7/22
ミクロ経済学 13
32
ダウンロード

第13回目 - 跡見学園