45
スーパー高専・仙台
岐阜工業高等専門学校
40
岐阜高専今年は6位に
V字回復維持!21+1件
石川・富山・奈良・宇部の躍進
福井工業高等専門学校
松江工業高等専門学校
35
群馬工業高等専門学校
仙台電波工業高等専門学校
30
6位
長野工業高等専門学校
2位
豊田工業高等専門学校
25
5位
石川工業高等専門学校
宇部工業高等専門学校
20
奈良工業高等専門学校
15
鈴鹿工業高等専門学校
富山高等専門学校
10
1位
3位
1位
1位
5位
7位
13位
5
0
平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
鈴鹿高専の皆様 こんにちは
岐阜高専の
お招きいただきありがとうございます 稲葉です。
45
スーパー高専・仙台
岐阜工業高等専門学校
40
岐阜高専今年は6位に
V字回復維持!21+1件
石川・富山・奈良・宇部の躍進
福井工業高等専門学校
松江工業高等専門学校
35
群馬工業高等専門学校
仙台電波工業高等専門学校
30
6位
長野工業高等専門学校
2位
豊田工業高等専門学校
25
5位
石川工業高等専門学校
宇部工業高等専門学校
20
奈良工業高等専門学校
15
鈴鹿工業高等専門学校
富山高等専門学校
10
1位
3位
1位
1位
5位
7位
13位
5
0
平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
↑ これは岐阜高専の科研費説明会の資料です
45
スーパー高専・仙台
岐阜工業高等専門学校
40
岐阜高専今年は6位に
V字回復維持!21+1件
石川・富山・奈良・宇部の躍進
福井工業高等専門学校
松江工業高等専門学校
35
群馬工業高等専門学校
仙台電波工業高等専門学校
30
6位
長野工業高等専門学校
2位
豊田工業高等専門学校
25
5位
石川工業高等専門学校
宇部工業高等専門学校
20
奈良工業高等専門学校
15
鈴鹿工業高等専門学校
富山高等専門学校
10
1位
3位
1位
1位
5位
7位
13位
5
0
平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
最後の夏休みを楽しもうと思っていたら
仙台高専からの依頼・・・
石川や奈良の方が適任かと
岐阜高専の凋落から
V字回復の秘密・・・
講演にあたって
細かなテクニックよりもモチベーション
審査+申請側の話は、機構主催で実施
鈴鹿高専には優れた教員がたくさんいます
やる気と少しの工夫で来年度は倍増かも
秘技を伝授したら岐阜高専の立場は・・・
と心配するほどの秘密はありません
別世界の話と思わないでください。
重要でない配布資料は用意しませんでした。
重要なところは空けてあるところもあります。
仙台高専外部資金獲得セミナーの様子
内田校長の挨拶~研究の原点、本線
名取キャンパス~詳細な分析
広瀬キャンパス~科研費以外の分析
私の講演・・・
分科会~10セッション
分科会報告
私の講評~秘伝を伝授しました・・・
校長挨拶
13時~17時・・・
高専における教育・研究
‐私の科研費獲得大作戦パート5‐
岐阜工業高等専門学校
電気情報工学科 稲葉成基
科学研究費助成事業説明会
2014年9月 29日(月)
於 鈴鹿高専
講演の構成
1.イントロダクトリィ トーク
重要なことはなにか
2.科研費獲得履歴
何が必要であったか
何が決め手であったか
作戦成功のポイントはなにか
科研費獲得大作戦パート1
パート2
パート3
3.講演のまとめ
1.イントロダクトリィ トーク
重要なことはなにか
結論を先に言えば・・・
科研費の獲得は結果であり、
目的ではない
真理を探究したい
夢を実現したい
新しいシステムを開発したい
教育・研究に対する
真摯な取り組みと情熱
そうはいっても
研究の遂行には研究費がどうしても必要
必要性を真摯に訴える
教育・研究遂行のためには
若干のテクニックも必要です
個人の不採択の分析も必要です
学校としての分析とそれに対する施策
も必要です
本講演が少しでも参考になれば幸いです
2.科研費獲得履歴
重要なことはなにか
何が必要であったか
履歴をたどり何が重要であったかを示す
さまざまな年代の聴講者に役立
ててほしい
獲得履歴を岐阜高専の状況とともに示す
科研費採択履歴等
年度
代表
岐阜高専
分担(代表者)
1984 奨励A
申請 採択 全国
件数 件数 順位
?
2
?
1985
一般B(後藤)
?
3
?
1986
一般B(後藤)
?
2
?
充実の日々
備 考
小崎校長
着任
1987
試験
?
4
?
1988
試験
?
5
?
1989
試験B
?
4
?
1990
試験B
?
2
?
1991 一般C 試験B
28
5
?
1992 一般C 試験B
27
8
? 第17回真空技術賞(日本真空協会)受賞
1993 一般C 試験B
27
7
?
1994 一般C 試験B
26
8
?
1995 基盤C 基盤B
33
8
? 特許「放射形二次電子増倍管」 専攻科設置
1996 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎) 基盤B(熊崎)
32
11
3 特許「ホトサーマルレーザ真空計」
1997 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎) 基盤B(熊崎)
38
16
2
1998 基盤C 基盤B
40
17
1 小崎校長着任
1999 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
45
14
2
実線技術単位制度考案導入
2000 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
34
14
2
電気情報工学科に改組
2001 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
52
16
1 「私の科研費獲得大作戦」岐阜高専にて講演
2002 基盤C
基盤C(熊崎)
43
14
1
2003 基盤C
基盤C(熊崎)
34
15
1 JABEE認定
2004 基盤C
基盤C(熊崎)
36
17
1 福井高専FD講演会 独法化
2005 基盤C
40
14
2 奈良高専FD講演会 教務主事
2006 基盤C
56
20
1 大阪府立高専FD講演会 教務主事
2007 基盤C
42
21
1 石川高専FD講演会 校長補佐
2008 基盤C
36
18
5 「私の科研費獲得大作戦パート2」徳山高専にて講演 校長補佐
2009
34
13
7 茨城高専FD講演会 逃散?
2010 基盤C
31
12
13 第19回日本工学教育協会賞業績賞(電気情報工学科代表)受賞
2011 基盤C
49
22
2
2012 基盤C
39
22
4 「私の科研費獲得大作戦パート3」一関高専にて講演
2013 基盤C
44
21
6 第61回電気科学技術奨励賞受賞
2014 基盤C
43
21
6 「私の科研費獲得大作戦パート4」仙台高専にて講演
基盤B(熊崎)
忍び寄る暗
い影とは?
忍び寄る暗い影
「私の科研費獲得大作戦パート5」鈴鹿高専にて講演予定
一気の凋落
の原因は?
V字回復の
秘策とは!
科研費採択履歴等
年度
代表
岐阜高専
分担(代表者)
1984 奨励A
1985
1986
申請 採択 全国
件数 件数 順位
?
2
?
一般B(後藤)
?
3
?
一般B(後藤)
備 考
個人的にとて
も心配なこと
があります。
?
2
?
1987
試験
?
4
?
1988
試験
?
5
?
1989
試験B
?
4
?
1990
試験B
?
2
?
1991 一般C 試験B
28
5
?
1992 一般C 試験B
27
8
? 第17回真空技術賞(日本真空協会)受賞
1993 一般C 試験B
27
7
?
1994 一般C 試験B
26
8
?
1995 基盤C 基盤B
33
8
? 特許「放射形二次電子増倍管」 専攻科設置
1996 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎) 基盤B(熊崎)
32
11
3 特許「ホトサーマルレーザ真空計」
1997 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎) 基盤B(熊崎)
38
16
2
1998 基盤C 基盤B
40
17
1 小崎校長着任
1999 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
45
14
2
実線技術単位制度考案導入
2000 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
34
14
2
電気情報工学科に改組
2001 基盤C 基盤B 基盤C(熊崎)
52
16
1 「私の科研費獲得大作戦」岐阜高専にて講演
2002 基盤C
基盤C(熊崎)
43
14
1
2003 基盤C
基盤C(熊崎)
34
15
1 JABEE認定
2004 基盤C
基盤C(熊崎)
36
17
1 福井高専FD講演会 独法化
2005 基盤C
40
14
2 奈良高専FD講演会 教務主事
2006 基盤C
56
20
1 大阪府立高専FD講演会 教務主事
2007 基盤C
42
21
1 石川高専FD講演会 校長補佐
2008 基盤C
36
18
5 「私の科研費獲得大作戦パート2」徳山高専にて講演 校長補佐
2009
34
13
7 茨城高専FD講演会 逃散?
2010 基盤C
31
12
13 第19回日本工学教育協会賞業績賞(電気情報工学科代表)受賞
2011 基盤C
49
22
2
2012 基盤C
39
22
4 「私の科研費獲得大作戦パート3」一関高専にて講演
2013 基盤C
44
21
6 第61回電気科学技術奨励賞受賞
2014 基盤C
43
21
6 「私の科研費獲得大作戦パート4」仙台高専にて講演
基盤B(熊崎)
忍び寄る暗い影
「私の科研費獲得大作戦パート5」鈴鹿高専にて講演予定
1976年4月修士修了後岐阜高専助手
1982年11月博士号取得
延長線上のテーマ
作戦変更!
重要な転機
テーマ設定から
研究費獲得ま
ですべて自分で
出身大学から独立!
真理探究から実践的テーマへ
目線を上にして、挑戦!
大作戦1 たくさん応募、大風呂敷
重点領域研究
シラン分子ラジカルイオン検出用の二次電子増倍管の開発
総合研究(A) 325.0nm走査型レーザ顕微鏡を用いた細胞診の自動化
試験研究
放射形二次電子増倍管の試作
奨励研究(A)
当時の申請テーマ
住宅地図のパソコンマッピング
試験と奨励を
入れ替えてい
たら私の人生
は・・・
当たってしまった!
やるしかない
研究成果を公開せねば・・・
欧米への論文投稿 Rev.Sci.Instrum 3編他2編
特許申請
レーザ真空計
J.Vac.Sci.Technol, Vacuum,
J.Appl.Phys., Appl.Opt.,・・・
3年間14編
特許申請
作戦修正!二種目申請
継続研究(3年)の担保
継続研究による業績の蓄積・実績
申請分野は
実は電気ではなく
機械工学!
学会のボスがいて
3年に1回しか採択
されない?
それは違うと思います
だれも知った人のいない機械工学で継続して
採択されました
昔から科研費の審査はフェアだと思います
不正な分野は淘汰されます
思い切ったテーマ変更と
申請分野の変更も必要かと・・・
1992年真空技術賞受賞
誰も知人はいません
庶務課から
の電話
土木工学科のY先生が申請書を見たい
快く許可! 他人の意見を聞くことも必要かと・・・
Y先生、熊崎先生、私がダブルで採択の日々
小崎校長からの依頼
知りうることを全て話せ!
岐阜高専での科研費特別講演会
忍び寄る暗い影・・・
JABEE・・・
追いかけるように教務主事の重責・・・
作戦変更! 二度目の重要な転機
私の科研費獲得大作戦パート2
私の科研費獲得大作戦パート2
2004年9月に教務主事内示
現在の専門でも申請も可能
責任は果たせるだろうか・・・
教育なら継続している
学科のスタッフを分担者に
せっかくだからJABEEも利用
JABEE関連で教育業績はある!
2004年10月一カ月間で
エンジニアリングデザインの申請書完成
2005年4月 教務主事としての多忙な日々
科研費のことなど、すっかり忘れていました
4月末採択!
うれしかった・・・
申請書には自信があったが・・・
全く縁のない文系分野でまさか採択されるとは
4年間の継続研究
読み直してみると確かに・・・自画自賛
作戦成功のポイントは
1)教育系への思い切ったテーマ変更
2007年度 21件中9件
2008年度 18件中7件 が教育系
電気や制御系の教育も
2)研究課題の新鮮さ
JABEEで話題のエンジニアリングデザイン
系統的な教育システムの構築
文系の審査員には新鮮
3)研究組織の構築
学科全体での取り組み実績
研究業績
科研費を四年間戴きました。
関連の論文リスト
名取Cの岡崎先生はもっと
日工教から業績賞を頂きました
いい賞を受賞されました
新聞2紙に載せていただきました
さらに実績を積み、電気科学技術奨励賞をいただきました
歴史のある賞で、過去の受賞
者には、大学や企業の著名な
技術者がおられました。
末席に加えていただけただけ
でも光栄でした。
賞金は十万円でした・・・
その頃、岐阜高専では!
科研費採択履歴等
年度
代表 分担(代表者)
岐阜高専
申請 採択 全国
件数 件数 順位
備 考
転げ落ちる岐阜
高専!
何があったのか
地域手当
岐阜 0
豊田13%
教員の1/3が
入れ替わる!
2004 基盤C 基盤C(熊崎)
36
17
1 独法化
2005 基盤C
40
14
2
2006 基盤C
56
20
1
2007 基盤C
42
21
1
2008 基盤C
36
18
5
2009
34
13
7 逃散?
2010 基盤C
31
12
13
申請件数が2/3
2011 基盤C
49
22
2
採択件数も2/3
2012 基盤C
39
22
4
2013 基盤C
44
21
6
2014 基盤C
43
21
6
私の記録も途
絶える!
科研費採択履歴等
年度
岐阜高専
申請 採択 全国
代表 分担(代表者)
件数 件数 順位
備 考
2004 基盤C 基盤C(熊崎)
36
17
1 独法化
2005 基盤C
40
14
2
2006 基盤C
56
20
1
2007 基盤C
42
21
1
2008 基盤C
36
18
5
2009
34
13
7 逃散?
2010 基盤C
31
12
13
2011 基盤C
49
22
2
2012 基盤C
39
22
4
2013 基盤C
44
21
6
2014 基盤C
43
21
6
順位はともかく
採択件数は回復
V字回復の秘策
閲覧制度
校長裁量経費
不採択課題
申請者へ
若手の伸び
申請件数復帰
一方、私は・・・
私の科研費獲得大作戦パート3
パート2を講演した年に新規申請
延長線上のテーマで申請
ショック・・・
不採択・・・
もう二度ととれないのでは・・・
教育関係では限界か・・・
細々と研究を続けてきたが、もとへ戻るか
もう一度原点に戻ろう。
研究業績が少なくなっているが大丈夫か
分担者を入れずに書いてみよう。
採択されれば文書作成能力の証拠!
2009年申請書
2004申請書
3.講演のまとめ
1)教育・研究へのひたむきな情熱
2)思い切ったテーマ変更
3)申請分野の変更
4)何度も読み返しブラッシュアップ
5)採択者の申請書を見せてもらう
学校で用意するシステムの構築
6)学科の他の採択者に読んでもらう
7)分担者をいれ研究業績を豊富に
8)得意な枕詞を作っておく
9)学校としての施策が重要
最後に
若い先生方
若いと思っておられる先生方
思い切り大風呂敷を広げてください
採択されたらどうしようなんて思わないで
採択されたら努力するしかない
必ず未来は開かれます
クアンタムジャンプしてください
目線を上にして、なにかに挑戦!
多少なりとも参考になりましたでしょうか?
岐阜では20年近く説明会が開かれ、毎年、参加し
てきました。
たまに、参考になることもありました。
自分に合うものを取捨選択
モチベーションが上がり、申請が増えれば、と思い
ます。
鈴鹿高専の科研費が来年度多く採択されるこ
とをお祈りしております。
ご静聴ありがとうございました。
ダウンロード

私の科研費獲得大作戦パート5