地名と隕石
平沢 康男
地名と隕石







1.傍示本と田原隕石
2.呼続濱の由来と阿由知潟
3.中日新聞記者 石原俊洋氏
からのニュース
4.星の宮社の伝説
(石原氏ニュースは近くの
別の神社のもの)
失われた桜山隕石

昭和10年(1935年) 7月7

日
名古屋市桜山町
八高教授 水川温二氏宅



八高教授 村上忠敬氏
調査(7月7日~)
村上忠敬先生の調査書による桜山隕石
6.1 x 6.3 x 6.7mm
845g 石鉄隕石?
名古屋市南部の「星の宮」と「喚続神社」
喚続神社と社殿
喚続神社~村山部長の鑑定会
南野隕石 1632年9月27日落下
1.04kg
南野隕石
落下地点: 名古屋市南区南野
3丁目16番地
落下: 寛永9年8月14日夜半(1632年9月27日)
 大きさ: 138 x 83 x 74 mm
 重 量: 1.04 kg
 様相: ・欠損部は灰白色であるが

金属鉄粒及びその酸化による

茶褐色の斑点がある。
 分類: 紫蘇輝石球粒隕石
 鑑定: 国立科学博物館理学研究部長

村山定男

新聞記事
終わりに
 星の宮の方は?
ダウンロード

地名と隕石についてのPPT