ハワイ医学英語研修プログラム
京都大学医学部医学科6回生
大嶋 園子
プログラム概要

主催:Hawaii Tokai International College (HTIC)

研修期間:2008年 8月20日~8月27日

参加者:神戸大学 9名、東海大学 9名、高知大学 3名
大分大学・京都大学・千葉大学・東京大学・
浜松医科大学・北海道大学 各1名

(計27名)
趣旨:アメリカのResident Programに入る日本人医学部
出身者が増えている今、Sub-internがこなせるレベルまで
到達できるよう日本の医学生の英語を訓練する
この研修に参加するまで
1回生 2月 ニュージーランドに語学留学(3週間)
4回生 6月 イギリスで基礎医学実習(1ヶ月)
8月 デトロイトで病院見学(1週間)


大学で医学部ESSに所属
TOEFL iBT、TOEIC、英検を受験
Hawaii Tokai International College
Hawaii Tokai International College

ワイキキから徒歩約15分

24時間セキュリティ

一つの建物の中に寮、教室、食堂、図書室

部屋からの眺めがいい
講師の方々

神戸大学
岡田 健次 先生
金澤 健司 先生
Dr. Kanazawa

東海大学
市村 篤 先生

米国
小川 昌三 先生
萩原 慎 先生
木村 健 先生
小林 恵一 先生
長嶋 忠男 先生
Dr. Kobayashi
古田 栄一 先生
Doric Little 先生
Francis Cabral 先生
Dr. Okada
Dr. Little
Mr. Kose
Dr. Kimura
Mr. Hayashi
Dr. Cabral
スケジュール
(Breakfast)
8:30~9:30 am
Medical English
Medical Ethics
10:50~11:50 am Communicating in English
9:40~10:40 am
(Lunch)
1:00~3:45 pm
4:00~6:00 pm
Social Program
Clinic Practice
(Dinner)
7:00~8:00 pm
Workshop
8:00~9:00 pm
Resident Workshop
・授業は基本的に英語で行われる
・1クラス9名
Medical English
講師: Doric Little 先生


Case presentation(症例提示)の練習
発音・文法の指導
Medical Ethics
講師: 市村 篤 先生
岡田 健次 先生
金澤 健司 先生

医療倫理に関するビデオを見て、グループで討論
 安楽死、出生前診断

など
グループ内で考えをまとめ、研修最終日に代表者が
全員の前でプレゼンテーション
Communicating in English
講師: Francis Cabral 先生

与えられたテーマについて意見を述べあう
 医者と患者の関係、リーダーシップ
など
Clinic Practice 1

ハワイ大学の医学生が模擬患者役となり問診を行う
Clinic Practice 2

問診をもとにCase presentationを行う
(Chief complaint 主訴、History 病歴、
Differential diagnosis 鑑別診断)
Workshop
講師: 萩原 慎 先生
木村 健 先生
小林 恵一 先生
古田 栄一 先生

症例問題をもとにディスカッション
Resident Workshop

ハワイで活躍されているレジデントの方々の体験談
 アメリカでの研修を志した動機
 研修の様子
 医学英語、USMLE
Special Lecture

アメリカの医学教育について
講師: 木村 健 先生
医療機関訪問

John A. Burns School of Medicine,
University of Hawaii at Manoa

Straub Medical Center

St. Luke’s Clinic
University of Hawaii
Straub Medical Center
St. Luke’s Clinic
Social Program



Punch Bowl National Cemetery
Diamond Head
Pearl Harbor and Arizona Memorial
Closing Ceremony
研修を終えて

Case presentationの方法を詳しく教えていただき、
その重要性を感じた。将来に生かせるように勉強し
ていきたいと思った。

問診実習の際にハワイ大学の医学生に的確なアド
バイスをしてもらい、彼らの知識の豊かさに驚き、
私たちの勉強に協力してくれる姿勢にも感動した。

高い志を持った日本の他大学の学生と交流する
ことで、医学勉強に対する意欲が高まった。
最後になりましたが、日米医学医療交流財団、
森本剛先生、講師や事務の方々をはじめ、今
回の研修でお世話になった皆様に深くお礼を
申し上げます。
ダウンロード

ハワイ医学英語研修プログラム - 医学系研究科・国際交流室