演習5
TTでのコミュニケーション活動
英語を教えるなんてできない…
学級担任だからこそできる!
・指導案&教材を作る
・学ぶモデルとなる
・児童の不安を取り除く
・保護者に説明する
ALTが一人でやれば…
ALTのいる教室で学級担任は
・モデル(一番積極的な学習者となる)
・仲 間(一緒に活動する)
・指揮者(ALTも児童も動かす)
・支援者(つまずいた児童を助ける)
・架け橋(ALTと児童をつなぐ)
・評価者(褒める・励ます)
ALTは実際何をする?
学級担任の指導の下に
・活動を考え、教材を作成する
・出身国のことを紹介する
・自然な英語を聞かせる
・児童の反応に、臨機応変に対応する
・自然な英語&発音を指導する
・評価する=褒める+励ます
・授業の振り返りをする
TTの授業で気を付けることは?
一人でやる授業と違って
・担任脚本 ALT主演
・授業前、中、後の連携
・多様な学び グループ学習など
・二人はいつも仲良し
授業以外の時間ですることは?
ALTとの授業準備と授業後の打合せ
・原案は担任、ALTがアドバイス
・教材作成の手伝いをALTに依頼
・担任の使う英語のチェック
・一緒に振り返り 次につなげる
・児童の情報をALTに伝える
中学校英語教員とのTTでは
・中学校英語との違いを説明
・扱う言語材料のアドバイスを受ける
・児童に分かる英語をゆっくり、たくさん
・文字指導や文法指導はしない
TTを成功させるのは
最も大切なことは
「学級担任とALTの
コミュニケーション」
・役割分担
・相互理解
ダウンロード

プレゼンデータ