プロデューサーからみた
日本映画の海外進出への展望
発表者
1DS04170P
1DS04207K
1DS04176E
1DS04206E
大月明日香
森山加奈子
河村 夏波
森根 光春
指導教員 児玉 徹 先生
はじめに
映画コンテンツは、いまの社会にとって、
主なエンタテイメントのひとつである。
映画ビジネスにおいて重要な位置にあるのが
プロデューサーという存在である。
日本と海外における映画業界の事情を
調査・比較し、日本映画文化を海外に広めるために
プロデューサーがどう在るべきかを考える。
目次
 はじめに
 プロデューサーからみた映画ビジネス
(発表者 1DS04170P 大月
 ハリウッド映画事情
(発表者 1DS04207K 森山
 フランス映画事情
(発表者 1DS04176E 河村
 国際展開の展望とまとめ
(発表者 1DS04206E 森根
 おわりに
明日香)
加奈子)
夏波)
光春)
映画は、欠かせない娯楽
 映像コンテンツの視聴方法
 1年間に映画を何回見ますか?
71%の人々が、年に一度以上は
映画コンテンツに触れている。

【調査対象】 インターネットコミュニティ「MyVoice」の登録メン
バー
【調査方法】 ウェブ形式のアンケート調査
【調査時期】 2004年4月1日~4月5日
【有効回答数】
15,293名
映画ができるまで
企画
 プロデューサーは、常に
どの段階にもかかわっている。
資金集め
 常に一歩引いた目線で
全体を捉え、管理する。
撮影・編集
 プロデューサーとしては、
リクープ ができなければ
映画として失敗である。
プロモーション
観客
面白いかどう
か?
(芸術性)
プロデューサー
リクープ(資金回収)
リクープの半分はDVD・グッズ販売による
売れるかどう
か?
映画プロデューサー ≒経営者
映画は、ひとつの商品である。
 経営者
 プロデューサー
映画製作20%、ディール(契約)が80%
評価される日本のコンテンツ
 日本のコンテンツは、その技術と質の高さが
いま海外で非常に高く評価されている。
【千と千尋の神隠し】
’02 ベルリン国際映画祭金熊賞
【下妻物語】
’06 カンヌJrフェスティバル
コンペ部門グランプリ
【座頭市】
第60回ベネチア国際映画祭監督賞
ほか、受賞作は多数。
名誉な賞を獲れてはいるものの・・・
芸術志向(クリエイティブ志向)の高い、
一部の知識人にのみ理解される作品が少なくない
ため、大衆エンタテイメントの要素は低い。
海外での日本映画の認知度は、まだまだ低い。
ビジネス面においても、日本映画商品の
海外輸出はそこまで積極的ではないことが多い。
交渉・契約の場では、海外の言いなりになりがち。
海外進出できていない現状
 良質なコンテンツ制作を行う人材は非常に豊富。
(いわゆるディレクター職のクリエイター)
 映画業界において、リーダーシップを持ちながら
“ビジネス”を牽引していける人材
(本当の意味でのプロデューサー)は、非常に少ない。
【アメリカ(ハリウッド)】
“プロデューサーシステム”
【日本・ヨーロッパ】
“ディレクターシステム”
日本のプロデューサーは、ビジネスに弱い。
【映画業界を志す = もとからクリエイティブ志向が強い】
ある方法
 日本の映画作品は、現状として
まだまだ海外進出レベルは低いといえるが・・・
 日本の一部の作品は、ある方法で
海外進出に成功しているという。
その現状と、抱える問題点はどのようなものか?
目次
 はじめに
 プロデューサーからみた映画ビジネス
(発表者 1DS04170P 大月
 ハリウッド映画事情
(発表者 1DS04207K 森山
 フランス映画事情
(発表者 1DS04176E 河村
 国際展開の展望とまとめ
(発表者 1DS04206E 森根
 おわりに
明日香)
加奈子)
夏波)
光春)
ハリウッド映画のしくみ
プロデューサーの決定
①企画
②脚本依頼
③主演スター決定
④資金調達
⑤ディレクターの決定
撮影開始
プロデューサーが全体を指揮
日米の違い
ハリウッド
プロデユーサーが指揮
(ビジネス志向)
日本
ディレクターが指揮
(芸術志向)
ハリウッドと日本の違い
Q,賞とは全く無縁でも大ヒットする
ハリウッド
Q,興行的には今ひとつでもアカデミー賞を
とる
日本
ハリウッドでの日本映画の現状
 ホラー映画のヒット
恐怖心、低予算
 字幕が好まれない
字幕は日本オリジナル、識字率
 文化の違い
リメイク版のほうがヒットする
リメイクの利点
 企画は完成済み
 予算の回収の見込みが高い
リメイクされるには
 リメイク化権を取得
プロデユーサーが交渉
 専用の会社と交渉
日本にはない
 交渉はすべて英語
不利な条件での合意
リメイクの問題点
ストーリーのみの採用
スタッフはハリウッド側(日本は全く関わらない)
映画が全く変わる
日本映画がハリウッドに伝わらない
目次
 はじめに
 プロデューサーからみた映画ビジネス
(発表者 1DS04170P 大月
 ハリウッド映画事情
(発表者 1DS04207K 森山
 フランス映画事情
(発表者 1DS04176E 河村
 国際展開の展望とまとめ
(発表者 1DS04206E 森根
 おわりに
明日香)
加奈子)
夏波)
光春)
映画の在り方
ハリウッド・・・POPカルチャー指向
(プロデューサーシステム)
日本・欧州・・・ハイカルチャー(芸術)指向
(ディレクターシステム)
欧州は日本映画を高く評価
日本とフランス
・「文化」としての映画
・充実した支援政策
・映画は娯楽
・映画に対する支援は少ない
映画の位置づけが異なる → 支援の差
フランスの文化支援政策
CNC(国立映画センター)
映像作品の財政的支援、制作促進
・多岐にわたる資金援助
・市場の確保
・経営資源の充実
年間数百億円にも上る予算
フランスの文化支援政策
Unifrance
・フランス映画の窓口(配給の仲介役)
・プロモーション活動を全世界的に展開
・文化・通信省の非営利外郭団体
「フランス映画」の普及を目的
日本映画界の現状
海外展開につながる機関の不足
国の支援政策が不十分
国内という小規模な市場にとどまりがち
目次
 はじめに
 プロデューサーからみた映画ビジネス
(発表者 1DS04170P 大月
 ハリウッド映画事情
(発表者 1DS04207K 森山
 フランス映画事情
(発表者 1DS04176E 河村
 国際展開の展望とまとめ
(発表者 1DS04206E 森根
 おわりに
明日香)
加奈子)
夏波)
光春)
海外へのビジネス展開
 日本映画にはハリウッドとは異なる個性
(ハイカルチャー指向)を持つ。
 その個性を生かした新たなビジネス展開
が不可欠。
国際映画としての可能性
 その個性を共有できる相手と国、文化の
枠を超えて協力する。
 日本主導の国際映画を共同制作し、海
外に配給する。
共同合作のメリット
 映画自体に多様性が生まれる→
ボーダレスに、より多くの人々に受け入
れられる。
 海外の文化支援金などを活用→
クオリティの高い作品を実現できる。
新たな市場の模索
 日本映画への文化理解を持つ地域。
 ヨーロッパ→カンヌ映画祭など、日本映
画の評価は非常に高い。
 アジア→身近な地域で、若者を中心に日
本文化への関心が高い。
ソフトマネーとハードマネー
 海外の文化支援金(ソフトマネー)
ヨーロッパ(フランス)→Unifranceなど、映画
に対する支援制度が豊富。
アジア(韓国)→ハリウッド志向だが、年間
100億円(日本の約五倍)の文化支援。
 海外投資家からの資金(ハードマネー)
日本に海外投資家を誘致し、プレゼンを行う。
「TPG」
海外への配給
 主にヨーロッパ、アジアを中心とした共同制作
先の地域に配給。
 副次的な効果で映画賞が取れれば、ハリウッ
ドも視野に入れた海外展開が可能。
多国籍化する日本映画
「かもめ食堂」(2006)
日本とフィンランドのスタッフ
による共同制作。
ロケ地は全てフィンランド。
9月にフィンランドでも公開予定。
ある日本人女性がフィンランドの街
に開いた「かもめ食堂」で起こる心
のふれ合いを描く。
今後のプロデューサーの役割
 従来までの国内での役割は基本。
 企画段階から海外戦略を視野に→
映画祭への積極的な参加
字幕のクオリティ
語学力を含めたコミュニケーション能力
まとめ
 海外を視野に入れた映画ビジネスは、国や地
域の文化、慣習が大きく影響する。
 日本映画の本質を保ち、海外展開を図るのに
ボーダレスなスタッフ編成が重要→
その先頭に立つのがプロデューサー
おわりに
 日本では、国からの支援がまだまだ不足
している。
 日本映画を「文化」と捉え、多面的に支
援を行うことが必要。
参考文献













「日本映画産業の『ダークサイド』」一橋ビジネスレビュー
「きらめく映画ビジネス」
「ハリウッドはなぜ強いか」
「メディア産業論」
「映画・映像業界就職ガイド 2007」
「表現のビジネス」
「映画産業におけるプロデューサーの役割とキャリア」
「ジブリマジック」
「経済政策としての映像ソフト振興策‐フランスの事例‐」
「コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究
‐プロデューサー論‐ 」
「コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究
‐国際展開‐ 」
取材協力
 福岡アジア映画祭 実行委員長
前田秀一郎 先生
ダウンロード

映像コンテンツの視聴方法