etc.
M.Selenium
• 抗酸化作用が期待された。
• しかし、臨床的有用性は研究では示されなかった。
• さらに適切な用法・用量が明らかではない。
• 通常の微量元素としての補充までは否定していない。
M.Selenium
セレンは自然界に広く存在し、微量レベルであれば人体に
とって必須元素であり、抗酸化作用(抗酸化酵素の合成に
必要)があるが、必要レベルの倍程度以上で毒性があり摂
取し過ぎると危険であり、水質汚濁、土壌汚染に係る環境
基準指定項目となっている。これはセレンの性質が硫黄に
きわめてよく似るため、高濃度のセレン中では含硫化合物
中の硫黄原子が無作為にセレンに置換され、その機能を阻
害されるためである。(wikipedia)
N.History of Recommendations Regarding Use
of Recombinant Activated Protein C
N Engl J Med 2001;344:699-709
抗DIC対策(日本版)
SSCG2012ではDVT対策とし
て推奨
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
1.目標換気量は6ml/kgとする(12ml/kgとした場合と比較しgrade1A)。
2.プラトー圧を30cmH Oとする。
2
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
3.呼気終末での肺胞虚脱を避けるためPEEPをかける。
4.Moderateからsevere ARDSではhigh PEEPがよいと思われる。
JAMA 2010;303:865-873
JAMA 2010;303:865-873
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
5.治療抵抗性の低酸素血症ではリクルートメント療法を考慮する。
6.P/F≦100mmHgでは腹臥位療法を考慮する。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
7.誤嚥やVAPを予防するために、人工呼吸管理中の患者では
30-45°にベッドアップする。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
8.NPPVはあまり使用されない。メリットを熟慮し、リスクを
上回るかを考慮する。
※メリットは少ないが、意識清明で状態が安定している、low
PEEPで呼吸状態の改善が得られる症例では考慮してよい。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
9.下記条件を満たせば、人工呼吸器の離脱にはウィーニングの
代わりにSBT(Spontaneous breathing trials)を行う。
a)意識清明
b)血行動態の安定(昇圧薬の未使用)
c)新たな潜在的な深刻な状態がないこと
d)呼吸器設定が緩和されていること
e)マスクやカニュラに耐えうるFiO2になっていること
もしSBTに成功すれば抜管を考慮する。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
10.肺動脈カテーテルをルーチーンに使用しないようにする。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
11.組織の灌流が保たれていれば輸液を制限する。
O. Mechanical Ventilatiton of Sepsis-induced
Acute Respiratory Distress Syndrome
12.気管支攣縮などの特異的な所見がなければβ2アゴニストは
使用しないようにする。
ダウンロード

藤本 善大