情報処理の概念
#3 電子出版、Web、PDF、電子図書
Yutaka Yasuda
出版の歴史
• 出版とは何か?
– 著作物を世に出すことである
• 出版=著作物の大量複製となる
• はじまりはグーテンベルグから
– 15世紀なかば、活版による活字印刷
出版の歴史
• 手書きの書物一冊でも出版にはなるが
– 複製:より多くの読者に伝えるための手段
– 写経をはじめとした聖書複製の歴史を見よ
– 死海写本 (B.C.200頃から)
• 世に出す=大量に出す
– デジタル世界で複製の概念は一変
– 容易な複製は容易な出版に直結する(は
ず)
• 電子出版への流れ
電子出版はどこから始まった
か
• 1981 Xerox Star / 1984 Macintosh
– WYSIWYG (What You See Is What You Get)
– 見たままが得られるという操作性
• 1986 LaserWriter
– Adobe PostScript の発明
– DTP (Desk Top Publishing) の誕生
– ワーノックとジョブスの出会い
電子出版はどこから始まった
か
• DTP のポイント
– 成果物は紙
– 紙への出力の過程を電子化したもの
• 電子出版過程の一部分という視点
– 成果物が紙ではなくデータ(電子化された
情報)であることが full の電子出版
• ではPDFはいかに?
PDF は電子出版か
• Adobe Portable Document Format
– 交換可能な、という意味
– ファイル作成時に使用したアプリケーションやプ
ラットフォームに関わりなく、あらゆるソースド
キュメントについて元のフォント、レイアウト、
カラー、グラフィックスをすべて保持
• 印刷イメージを電子化
– ブラウザで見る
– 紙に印刷する
• これが電子出版か?
PDFは電子出版か
• これが電子出版か?
=> NO
• 成果物は電子化された紙にすぎない
• 電子化=データ化、情報化
– その価値・可能性を無視している
• 機械可読である価値を大切に
– Webを例に説明
Web の登場
• 1995年ごろ、突如登場
– ARPANETからの連続性を感じる人は僅か
• 目的は情報共有(研究成果の共有)
– 1990 CERN のティム・バーナーズ・リー
– 1993 NCSA のマーク・アンドリーセン Mosaic
(後にジム・クラークと Netscape を起業)
• インターネット普及の立役者
– キラーアプリケーションとして機能
Web 成功の理由
• 成功の理由
–
–
–
–
操作の簡便さ
マルチメディア
リンクという概念 (HyperText)
サイト作成も簡単 (HTML)
Web 成功の理由
• 多くのプラットホームをサポート
– NCSA Mosaic : Windows / Mac / Unix (X)
– 無料試用、ダウンロード可
– 教育関係組織は継続利用も無料
• アプリケーションインタフェイスへの
変化
– ただブラウジングするだけではない
– サーバ・クライアントの標準対話言語
Web がもたらしたもの
• 誰もが出版することが可能になった
– 低い参入障壁
– 資金・設備・技術力
– 電子ショップ開店の負担が軽いのに相似
• Web出版という「スタイル」の特徴
– 即時公開
– 散在(出版社などによる集中管理がない)
Webがもたらしたもの
• Web出版「物」の特徴
–
–
–
–
断片的(まとめて書ける人は少ない)
流動的(固定されない)
信頼性(査読、保証が無い)
紙への出力を目的としていない
• 新しいかたちの情報発信の普及
– 既存のメディアとの関係は?
意見を下さい
• 情報が多くのところから大量に発信さ
れるようになったとき、新聞に残され
うる価値は何でしょう?
(新聞社に残される価値はどこでしょ
う?)
Web がもたらしたもの
• 誰もが可能な情報発信環境
– そう望む個人の誰もが実施可能になった
• 記述言語に HTML を採用
– SGML の柔軟性
– 構造の記述による情報の再利用
• 機械可読
– ロボット型サーチエンジンの登場
サーチエンジン
• はじめは Yahoo!
– リンク集
– 1994, Stanford University
デビッド・ファイロ、ジェリー・ヤン
– 人間が読み、登録し、並べた
• ロボット型の登場
– 自動的にネットを巡回
– プログラムが Web ページを読み、登録
ロボット型サーチエンジン
• HTMLの機械可読性が活きている
– 一次情報はまず機械が読むという感覚
• 大量の情報発信がもたらすもの
–
–
–
–
溢れる情報
人間が振り回されるのはおかしい
今後はニュースなどもまず機械が読む
裏書き、編集の重要性
(新聞社は何を売っているのか?)
電子出版
• 過程の電子化はもはや果たした
• 成果物を電子化データとして出版
– 機械可読性を重視せよ
• 情報処理の可能性を重視せよ
– Google のポイント評価方式
– PDF は文書の構造を表現できない
• そして出版と同時に蓄積を意識せよ
– 電子出版では出版と蓄積は同義である
出版と蓄積
• 出版と蓄積の分業
– 出版社:publishing / 図書館:archiving
• 納本制度
– 国立国会図書館法(S.23) 制定
– 文化財の蓄積及びその利用に資するため、発行者は、発行
の日から30日以内に、最良版の完全なもの1部を国立国会図
書館に納入(義務)
– 対象:図書、雑誌、楽譜、地図など
– H.11 答申:「21世紀を展望した我が国の納本制度の在り方−
電子出版物を中心に−」
– パッケージ系電子出版物が対象
• ネット上の電子出版物がカバーされていない!
まとめ
• 出版とは広めることが目的
– 電子化は出版の可能性を大きく変える
– 電子出版の流れ(DTPからWebへ)
• Webがもたらしたもの
– 無制限な多くの作家の登場
– 散在する断片的なドキュメント
• 機械可読であることの可能性
– サーチエンジンの可能性
• 蓄積を忘れるな
– 電子出版では出版と蓄積は同義
予習
• 国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/
• 納本制度や今後のネットワークドキュメント
の保存計画などについて調べておくと良いで
しょう。
• 次回は電子情報のアーカイブについて学びま
しょう
ダウンロード

情報処理の概念 #5 / 2002 (秋)